2017年11月05日

虹猫青兎 夢の国冒険記(虹猫蓝兔梦之国历险记)中国のアニメーション

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11354821066.html
2012年9月15日

《転載開始》

虹猫蓝兔梦之国历险记.jpg

さて、今回紹介するアニメは、
暴力描写が問題になり途中で放送を中止してしまった
『虹猫青兎七勇伝』(虹猫蓝兔七侠传)のスピンオフ作品です。


オリジナルでは、伝統的な中国の服装で登場していましたけど、
今回紹介するのは、現代の服装です。
舞台は、現代というよりは近未来が舞台か?

まあ、実はそれ以前から、
時代を現代に移して現代人の格好をさせた
虹猫青兎レギュラーメンバーを使った科学教育漫画
『虹猫青兎 10万個の何故?』(少年児童出版社)
『虹猫蓝兔 十万个为什么』(少年儿童出版社)
等があったりします。

話を戻します。
主人公虹猫(ホンマオ)は、発明好きの少年という設定らしい?
彼は、山の様に積まれた勉強の本を前に居眠りをしてしまいます。
夢の中の遊園地で愉しく遊ぶ虹猫ですが、
悪夢王国(噩梦王国)の女王が平和な美夢王国(美梦王国)を乱し、
ハッとそこで目が醒めます。
すると虹猫は、『悪夢除去装置』(噩梦去除器)を発明します。
その時、藍兎(ラントー)から
「悪夢に悩まされている」との電話が掛かってきました。
丁度良いとばかりに藍兎を呼び、二人でその機械を試す事にしました。
しかし、機械は作動している途中で壊れてしまった上に、
夢の世界への入口が開いてしまい、
二人はその中へ吸い込まれてしまいました。
果たして二人は元の世界へ還れるのでしょうか?
・・・といった感じでしょうか?

美夢王国の女王は、闖入者である二人に最初は戸惑いながらも
仲良く行動する様になりましたが、『空空女王』(コンコンニュワン)という、
悪夢王国の女王が、手下の『迈克尓』(マイクー)らを使い邪魔をします。
夢の世界で、光と闇の対立があるようです。

美夢の女王は、二人に魔法を授けたりしますが、
虹猫は、自分の脇腹にあるポーチから
発明品等を取り出して使用したりもします。

未だ一部しか観ていないのでこれ以上の事は言えませんが、
中々面白いと思いました。
デザインも、中々洗練されていると思います。
少年だけど、虹猫に鬣(たてがみ)がある所が斬新というか。
勿論、日本の漫画など、
色々なものから影響を受けている所もあるでしょう。
女王のデザインなんかは、
妖精のデザインとしてよくある感じではあります。

虹猫蓝兔梦之国历险记 4.jpg

個人的に気になった所ですが、やはり『腹出しルック』でしたか。
「中国動物アニメはやたらと腹(ヘソ)出しする」
とは以前から言っていますが、
オリジナルメンバーが現代で活躍する、
前述の『虹猫青兎 10万個の何故?』や、
『虹猫藍兎 宇宙探検』(虹猫蓝兔-闯太空)
という映像でも、虹猫と藍兎以外全員露骨な腹出しでした。
描いている人は、いたく腹出し描写がお気に入り?
(虹猫も藍兎も別の所で腹出ししているので、いずれにしても、
全員腹出ししています)

「虹猫藍兎 宇宙探検」
第10話「無重力飛行訓練」(失重飞机训练)より

虹猫蓝兔-闯太空_1.jpg

虹猫蓝兔-闯太空_2.jpg

虹猫蓝兔-闯太空_3.jpg

第2話「再結成」(重新归队)では、
犬(パグ?)の逗逗(ドウドウ)のズボンが一瞬ズリ落ち、
熊の大奔(ダーペン)がパンツ一丁姿で自分のパンツを広げています。
ケモショタ、ケモホモ好きの皆さん、どうですか?

虹猫蓝兔-闯太空_4.jpg

虹猫蓝兔-闯太空_5.jpg

特亜ウォッチャー辺りが中国や韓国のアニメを紹介する時、
ややバカにした様な感じで、
つまり、日本より劣っているみたいな紹介の仕方をする事が多いです。

確かに、そういう所は一部あります。
しかし、中国なんかは、伝統的な水墨アニメというのがあるし、
そうでなくても『ナーザの大暴れ』(哪吒闹海, 1979)という
クオリティの高い長編アニメーションが昔ありました。

日本のアニメの影響力に驚き、
それを乗り越える為に日本のアニメを意識して試行錯誤を重ね、
制作されたと思われる中国アニメの初期のものは、
チープな劣化コピー的な印象を受けます。
でも今の中国アニメは、中々バカに出来ない位進んでいると思いました。
世界に通用するかどうかはともかく、中国国内で爆発的人気を誇る
『シーヤンヤンとホイタイラン』(喜羊羊与灰太狼)
とかもありますし。

無理に「日中友好」等と言うつもりはありませんが、
日本と中国との間で不要で不毛な諍いは起きないで欲しい!!
中国の御宅族(オタク)には、それが期待出来そうな気はするが・・・。
日中のオタク文化的交流が、日中の平和へと導く?

【追記】(2017/10/31)
中国のサイトで「虹猫蓝兔乐翻天之重新归队」
と出ていたアニメを、正式名称に訂正。

正確には、
「虹猫蓝兔-闯太空」(虹猫藍兎 - 宇宙探検)
だそうです。

「闯太空」は「Explore the space」と英訳されていたので、
それを和訳しました。

3〜7枚目の画像を追加し、それに伴い本文に追記、修正。

《転載終了》

引用元記事では、中国の動画がブログに埋められなかったので、
動画サイトへのリンクを貼るに留めましたが、
転載先の当ブログでは、動画を埋め込みました。
posted by Satos72 | ├ 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

トリプレア 劇場版(AAA la película, 2010)メキシコのアニメーション

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11156730741.html
2012年9月22日

《転載開始》

AAA – La Película, 2010.JPG

トリプレ・ア 劇場版 - 時間無制限!!
AAA la película - sin límite en el tiempo

監督(Dirección):
アルベルト・ロドリゲス(Alberto Rodriguez)
脚本(Guión):
ダビド・エルナンデス・ミランダ(David Hernández Miranda)
スタジオ(Estudios):
アニマスタジオ(Ánima Estudios)
http://www.animaestudios.com/
配給(Distribución):
ビデオ映画配給(Videocine Distribución)
http://www.veocine.es/
時間(Duración):
90分(min)
言語(Lenguaje):
スペイン語(Español)

AAA – La Película - Wikipedia, English

予告編(Trailer)

Twitterで半年以上も前(2012年2月5日)に紹介済みですが、
Twitter
ブログでは今頃取り上げる事になってしまいました。
あっという間ですね。

それはともかく、メキシコのアニメは、とにかく気合が入っていますな。
クオリティ高いですよ!!
治安が悪いとか、
マフィアが跋扈しているというので余り行きたくは無いのですが、
メキシコのアニメは大好きですよ!!

今回紹介するアニメは
『キン肉マン』『X-MEN』『トランスフォーマー』
等を掛け合わせた様なプロレスアニメです。
色んなものからの影響はあると思うのですが、
それらを組み合わせてオリジナリティ溢れるものを
作り上げている所が感心します。

AAA – La Película_2.JPG

ロボットのデザインもカッコいいですね。
ガンダムに出てくるモビルスーツからの影響でしょうか?
古代ローマ時代や恐竜時代にも飛ばされたりするらしい。
キン肉マンが好きだという方だけではなく、トランスフォーマー好きとか、
アメコミヒーロー好きにもお薦めしたいです。

何か、ベルク・カッツェみたいなキャラもいるな・・・。

タイトルの由来ですが、
メキシコのプロレス団体『AAA』(トリプレア)
からとられたとのこと。
「Asistencia Asesoría y Administración」(支援と相談、管理)
の略だそうで。
AAA (プロレス) - Wikipedia
取り敢えずそのプロレスについて調べてみた所、
仮面を被るなどの被り物系レスラーが多い。
特撮ヒーローを彷彿とさせるいでたち。
悪役と思われるレスラーも、
アメコミや仮面ライダー辺りに出てきそうなデザイン。

女性のレスラーもいる様ですが、
男女混合試合とかするのかは不明ですが、
日本人女子レスラーも活躍しているらしい。
『キツネ・ナノコ』(Kitzune Nanoko)という、
シライ・ミオ(紫雷美央)扮する女子プロレスラー!!
和風のいでたち!!
Hispanically Speaking News
こちらは、シライ・イオ(紫雷イオ)扮する『オユキ』(Oyuki)!!
Hispanically Speaking News

キツネ・ナノコの登場する女子プロレス試合映像!!
Cinthia & Esther Moreno vs Alissa Flash & Kitzune Nanoko - Dailymotion

男女混合試合なんてあったのか!?
ケニー&マイケルと、ミオ&イオとのタッグマッチ!!


何か、アニメの紹介よりも、
派生的な内容の紹介ばかりになってしまいました。
まあ、私はこういう性格なのです。
派生的に知った内容にどんどん引き摺られていき、
当初の目的を後回しにどんどん調べていってしまうという。
因みに、女子プロレスについては
全くのド素人で今知った内容ばかりでした。
それ所か格闘技全般に疎いですし。

【追記】
2枚目の画像追加(2017/10/25)

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

サンとクドス(San y Kudos)ボリビアのアニメーション

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11367746154.html
2012年10月3日

《転載開始》

San y Kudos(ボリビア).jpg

監督(Direccion)
マルコ・コルテス(Marco Cortez)
サドラック・ロベラ(Sadrac Lovera)
スタジオ(Estudios)
アニマケイ(アニメーキー?)アニメーションスタジオ
(Animakey Animation Studio)

『屋台』(Feria)

『ワニおめでとう』(Feliz cocodrile)

ボリビアのアニメーションを、幾つか発見しました。
その中には、日本語ブログで既に紹介された、クオリティの高い、
比較的注目されているものもあります。

取り敢えずそれについては又の機会に紹介するとして、
今回は、もっとマイナーなものを紹介しましょう。

やはりというか、ボリビアでも日本の漫画・アニメは大人気だそうです。
『アニメフェスタ』が開催されているそうです。
アニメフェスタ。ボリビアでも日本の文化は大人気。|地球の遊び方
ボリビアでの私の仕事 - ボリビア物語
http://casademiura.com/tienda/?p=740
(勝手にリンク貼ってすいません。ご迷惑でしたら削除いたします)

敢えてリンクは貼りませんが、日本の某カル・・・、ゴホンッ、
新興宗教が教祖原作によるアニメを
ボリビアで放映したという話もあります。
(何だよ、タブーなんて平気の平左じゃないのかよ!!)

話を戻します。
「サン」と「クドス」という、
二匹のゴキブリ?宇宙人?甲殻人(蝦人間)?が出てくる、
ショートギャグ3DCGアニメ。
鰐かと思いきや、第2話でワニが登場するので、
別にワニというわけでは無いようで。
その、元ネタが分からない様な所が、私の中では高得点なのです。
私も、そういうよく分からない生物をデザインするのが好きですし。
話のオチが弱いのがちょっと…、ですけどね。

第1話についてですが、日本のお祭にある様な射的の屋台が、
ボリビアでもあるのか?とちょっと驚きでした(別にバカにしていません)。

第2話のサブタイ『Feliz cocodrile』についてですが、
『Feliz cumpleaños』(誕生日おめでとう)
に引っ掛けたシャレなのかどうなのか、よく分かりません。
日本語にどう訳すべきか悩みました。

「Animakey」を「アニマケイ」と表記したのは、
往々にしてスペイン語圏では、
英語をローマ字読みする傾向があるので、
ローマ字読み表記したのです。
ボリビアではどうかは知りませんが。

このアニメーションを制作したスタジオのサイトのアドレスは
http://www.animakeystudios.com
なんですけど、どうやら閉鎖されているみたいです。残念!!

でも、Facebookには登録しているようです。
Animakey Animation Studios - Home | Facebook
公式サイトをフェイスブックに移行したのかも知れません。

YouTubeに、Animakeyスタジオの制作現場を紹介する
特番と思われる映像が出ていました!!
アニメーション制作スタッフの一人がタンクトップというのが、
やはり南国だなあと感じさせます。

YouTubeで見つけたのは2話分のみですが、
もっとシリーズが制作されていると思います。
というのも、上のリンク先の映像の製作現場に貼ってあった
ラフスケッチを見てみると、
今回紹介した2つの話とは違った内容であるのが分かるからです。

【おまけ】
Animakey Studios によるアニメーションが使用されている、
食器用洗剤『オーラ』(Ola Lava vajillas)のテレビCM。
ジョイのCMをパクッた?とは余り思いたくない・・・。>

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集