2017年07月23日

ガチョウのバルビンカのぼうけん(Różne przygody Gąski Balbinki)

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12294689292.html
2017年7月22日

《転載開始》

Gąska Balbinka_1.png
KomiksBaza.pl - Gąska Balbinka - Wydanie 1
 
監督 : レホスワフ・マルシャウェク(Lechosław Marszałek)
デザイン・脚本 : アンナ・ホフマノヴァ(ホフマン)Anna Hoffmanowa(Hoffmann)
Różne przygody Gąski Balbinki - Wikipedia
 
今回ご紹介するのは、
ガチョウの女の子バルビンカ(Gąska Balbinka)が主人公のアニメーションです。
 
冒頭ではいきなり絵本の画像を出しましたが、
実は元はアニメーションのようです。
 
1959年にモノクロのテレビアニメーションで登場しましたが、
よく見てみると、アニメーションというよりは、紙芝居です。

 
Gąska Balbinka_2.jpg

物資が乏しかったからでしょうか?
ですが、後にカラーのまともなアニメーションも作られました。
 

 
Gaska_Balbinka.jpg

監督を務めたマルシャウェクについてですが、
二人の少年が主人公のアニメーション、
「ボレクとロレク」(Bolek i Lolek)や、
犬が主人公の「レクショ」(Reksio)の監督も務めています。
 
Bolek i Lolek.jpg
YouTube
 
Lechosław Marszałek.png
Fundacja Reksia - Licencja na Reksia
Lechosław Marszałek - Wikipedia
 
更に日本語で調べてみた所、
「バルビンカのぼうけん」という児童書が邦訳されているのを確認。
バルビンカのぼうけん - 国立国会図書館サーチ
 
ヤニーナ・ブロニェフスカ(Janina Broniewska)
という人が作者だそうですが、
もしかしてこの人の児童文学作品が原作なのだろうか?
と思ってWikipediaを調べてみてもよく分かりませんでした。
Janina Broniewska - Wikipedia

《転載終了》
タグ:ポーランド
posted by Satos72 | ├ ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

盗賊ユロシーク(Zbojník Jurošík, 1991)スロヴァキアのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11395047710.html
2012年11月13日

《転載開始》

盗賊ユロシーク Zbojník Jurošík DVD.jpg

盗賊ユロシーク Zbojník Jurošík.jpg

盗賊ユロシーク(TVシリーズ)1991
Zbojník Jurošík(TV seriál)

監督(Réžia):ヤロスラウ・バラン(Jaroslav Baran)

音楽(Hudba):ヴラジミール・ゴダール(Vladimír Godár)

声の出演(Hrají):スタノ・ダンチャク(Stano Dančiak)

【資料】
Zbojník Jurošík | hogofogo.sk
Zbojník Jurošík (1991) | Jánošík vo filme
Jurošík (TV seriál) (1991) | ČSFD.cz - CSFD

http://www.youtube.com/watch?v=h41Bf88RtHk


実在の盗賊ユライ・ヤーノシーク(Juraj Jánošík)
を元にしたTVアニメーション。
ユライ・ヤーノシーク - Wikipedia

『チェコスロヴァキア』ないし『チェコ』のアニメーションは、
日本でもよく知られています。
NHKで昔『クルテク』(Krtek)がよく放映されていて、
見た事のある人は多いでしょう。
「ゆかいなモグラ」という邦題で放映されていました。

が、やはり、好奇心旺盛な私は、
「スロヴァキア単独のアニメーションはあるのか?」
という方に興味が湧いて、それで調べてみた所、
何とかこのアニメを発見したという訳です。
実は、既に2年も前にこのアニメを発見していて、
mixiの海外マイナーアニメ・無名アニメのコミュニティで
その時に既に紹介していました。
今頃やっとブログで取り上げたという次第です。

◎所見
手抜きなのか何なのか?喋っても口パクしません。
『小妖精のスムク』(Palček smuk)もそうでしたが、
チェコスロヴァキア系アニメは、
そういう事が少なくないのでしょうか?
日本アニメ(特にサザエさん)の
ぞんざいな口パクよりも凄いと思いました。
でも、キャラクターの体のその他の動きに関しては、
手を抜いている様には見えず、
丁寧に作られている感じなのです。

また、内容が内容だけに、
ほのぼのした絵柄とのギャップさもあります。
伝説(史実とはズレがある)では
富豪から富を奪う義賊とされているので、
主にそういった内容が描かれているようです。

ユロシークの相棒(?)の小鳥が、
妙に『コバトン』に似ていると思ったのは、>
私だけでしょうか?

【追記】2017/7/28
2枚目の画像追加
ヴラディミール → ヴラジミール

《転載終了》
posted by Satos72 | └ スロヴァキア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

くまさん(Mesikäpp)エストニアのお菓子

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11610050698.html
2013年9月9日

《転載開始》

Kalev Mesikäpp 1.jpg

くまさん・ホワイトチョコレート風味スナック
(Mesikäpp valge šokolaad vahvlitükkidega)の宣伝
http://www.youtube.com/watch?v=9xEnCAW3LQ8


くまさん・ドップス(Mesikäpp Dops)の宣伝
ミルククリーム?を挟んだサブレのようです。
http://www.youtube.com/watch?v=1LKMqfEiwtI


くまさん・ウェハース(Mesikäpp vahvlid)の宣伝
http://www.youtube.com/watch?v=KPY93fIDkLI


くまさん・ミルクチョコウェハース
(Mesikäpp piimašokolaad vahvliga)の宣伝
http://www.youtube.com/watch?v=S5Snx3l93sU


1806年創業のエストニアの製菓会社、
カレヴ(Kalev)の菓子シリーズの、
3DCGアニメーションによるテレビコマーシャル。

内容は幅広く、
チョココーティングのコーンアイスまであるみたいです。

カレヴの公式サイト
http://www.kalev.ee/

マスコットである熊の子が、
滑舌よく一人コントでもやっているのでしょうか?

↓他に、おっさん臭い熊もありますが、旧型マスコットでしょうか?
Kalev Mesikäpp 2.jpg

カレヴといえば、
エストニア神話のカレヴ王から採られたのでしょうか?
エストニアには、
国民叙事詩『カレヴィポエク』(Kalevipoeg)があります。

「Mesikäpp」のネイティヴの発音を聴いてみると、
「メジカップ」と聴こえます。
エストニア語には、元々有声音が無いそうです。

発音し易くするために、
「s」が「z」の発音になるという事はよくあります。
例えば、フランス語やイタリア語では、
母音に挟まれた「s」が「z」になったりします。
日本語や朝鮮(韓国)語の語中の言葉が
濁音に変化するというのもあります。

なので、
恐らくそういった理由で濁音になったのではないかと思います。
恐らく有声音と無声音の区別が無いと思うので、
濁っているとかの意識も無いのかも?

でもとりあえず、表記重視で「メシカップ」としておきます。
(※後述する通り「メシカップ」を「くまさん」に変更し、
それに伴い、本文も一部修正しています)

「エストニア語には有声音が無い」といいますけど、
実際に聴いてみると、
「G」などの濁った発音が聴かれたりするので、
「あれっ?」と思います。

「Mesikäpp」には、「蜂蜜足」という意味があるようです。
「Mesi」は「蜂蜜」、「käpp」は「(爪のある動物の)足」だそうです。

↓バスケットボールチーム『BC Kalev/Cramo』の応援をする、
旧型(?)メシカップくん着ぐるみ(ちょっとキモい)。
BC Kalev/Cramo - foorum - Vaata teemat - Mesikäpp !

↓カレヴからは他にも、
人気アニメ『発明村のロッテ』(Leiutajateküla Lotte)
のキャラクターがパッケージに使用されている、
パンケーキの素と思われる製品『Ülepannikoogijahu』も出ています。
Vilma magusate ülepannikookide jahu 500g - Kalev - Tooted
Kalev Leiutajateküla Lotte.jpg

【追記】2016年3月26日
「Mesikäpp」を直訳すると「蜂蜜の足」となるかと思いますが、
コチラのサイトによると、「熊」の意味があるそうです↓
M - JaTik

俗語なのでしょうか?
よく分かりません。

熊は蜂蜜を前足で食べるというイメージがあるので、
そこから来ているのかも知れません。

いずれにしても「メシカップ」を「くまさん」に変更しました。

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ エストニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集