2018年01月14日

ブラック・モールの島(Enez Black Mór, 2004)ブレイス語のアニメ

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11329289876.html
2012年8月16日

《転載開始》

Enez Black Mór.jpg


フランス語題名:L'Île de Black Mór
英語題名:Black Mór's Island

監督(Réalisation)
ジャン=フランソワ・ラギオニ(Jean-François Laguionie)
脚本(Scénario)
ジャン=フランソワ・ラギオニ
アニク・ル・レー(Anik Le Ray)
制作プロダクション(Production)
製作所(ラ・ファブリーク)(La Fabrique)
三角形映画(Les films du Triangle)
L'Île de Black Mór - Wikipedia, Français


たまたま、ブルトン(ブレイス)語について調べていて知ったアニメーション。
何と、ブレイス語のアニメです!!
ブルターニュの情報に精通なさっている方のブログで知りました。
ブレイス語のアニメ: うるわしのブルターニュ

ブレイス語というのは、欧州大陸唯一のケルト系言語で、
アイルランド語やスコットランド語、ウェールズ語などの仲間。

イングランド西端のコーンウォールのケルト人が、
海を渡ってフランスのブルターニュ半島に移住し、ブルトン人となりました。
そのブルトン系フランス人によって話されているのがブレイス語ですが、
最近は話し手が減少傾向にあり、主な話者は高齢者だとのことで、
今後死語になる可能性が高いと見られているそうです。
が、フランス政府承認ではないものの、ブルターニュ地方では、
町の案内板にフランス語とブレイス語の併記がされるなど、
復権の努力が払われているようです。
ブルトン語 - Wikipedia

フランスのアニメーションであるため、
『フランスのアニメ』のカテゴリーに入れるのが普通ではないかと思います。
しかし、ブレイス語のアニメーションは一つや二つというわけではなく、
それ以上あるのが確認出来た上に、
ウェールズやアイルランドのアニメーションを、
イギリスのアニメではなく独立した項目を立てて紹介しているので、
ブレイス語のアニメを単独で立てる事にしました。

カタルーニャ語のアニメーションは、
カスティーリャ語(標準スペイン語)と同じロマンス語であるため、
スペインのアニメの項目に入れました。

ケルト系言語は、英語やフランス語と同じインド・ヨーロッパ語族ですが、
語順や雰囲気などがかなり異なるため、別項目としたのです。

主人公の風貌の印象が、ちょっと弱い感じはします。
目が黒い丸ですから。
ちょっと、ポポロクロイス物語の主人公、
ピエトロ王子に似ているというか・・・。

◎あらすじ
1803年、孤児院に入所している15歳の少年キッド(Kid)は、
先生から、悪名高い海賊ブラック・モールの話を聞いた。
ブラック・モールの宝の在り処を記す地図を手に入れたキッドは、
船を調達して仲間たちと共に船で海に乗り出した。

◎DVD購入はこちら
Ile de black mor - Enez black mor - Breton - Fnac
dvd Enez Black Mor - Coop Breizh

監督を勤めたラギオニ監督は、フランスアニメ界では著名な方だそうで、
また、このアニメを制作したプロダクションであるラ・ファブリークも、
他にもかなり気になる作品を制作しています。
いずれそれらについても紹介しようと思います。

《転載終了》
posted by Satos72 | └ ブルトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

【新年あけましておめでとうどざいます】児童文芸誌「ムルジルカ」(Мурзилка)の歴史

https://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12342075871.html
2018年1月6日

《転載開始》

新年あけましておめでとうございます!!
それでは早速、2018年最初の記事とまいります。
 
Мурзилка_2018.jpg
Новости - С Новым 2018 годом! - Мурзилка
 
今回は、1924年創刊の児童文芸誌「ムルジルカ」(Мурзилка)
の簡単な解説と行きます。
 
6歳〜12歳くらいを対象として、
全連邦レーニン共産主義青年同盟(ВЛКСМ)により、
1924年5月16日に創刊。
児童雑誌としては最長寿だそうで、ギネスブックにも記録されているとか。
 
現在は、
「ロシア連邦通信マスコミ省」
(Федеральное агентство по печати и массовым коммуникациям)
により出版されているそうです。
Мурзилка - Wikipedia
 
Мурзилка 1924.jpg
Мурзилка - Алексей Дедушкин - LiveJournal
これが創刊号のようです。
 
Мурзилка 1937.jpg
Мурзилка. 1937. 07 // журнал "Мурзилка"
黄色い熊の様な姿に、ベレー帽、マフラー、カメラを身につけたマスコットは、
1937年に、デザイナーでイラストレーターの、
アミナダーフ・モイセーヴィチ・カニェフスキー(1898-1976)
(Аминадав Моисеевич Каневский)
が考案したものだそうですが、私はこのキャラが可愛くて大好きです。
 
Аминадав Каневский.jpg
КАНЕВСКИЙ Аминадав Моисеевич - persons-info.com
やはりというか、チェブラーシカをご覧になっても分かりますが、
旧ソビエトの著作権事情から、色んな人がこのキャラを描いているので、
人によってデザインがかなり異なり、それも魅力的です。
 
Мурзилка на спутнике.jpg
ОТКРЫТКИ. "Мурзилка на спутнике" - shaltay0boltay - LiveJournal
 

Мурзилка на спутнике_2.jpg

Мурзилка на спутнике_4.jpg

Мурзилка на спутнике_3.jpg

ムルジルカは、1956年にはアニメ化もされています。
「ムルジルカの冒険」(Приключения Мурзилки)といいます。
ここに示したのは、そのシリーズの一つ、
「スプートニクのムルジルカ」(Мурзилка на спутнике, 1960年)
というのですが、残念ながら、黄色いマスコットではないです。
来るべき宇宙時代を予告する作品で、この翌年の1961年に、
ガガーリンによる世界初の有人宇宙飛行が成功します。
 
【監督】
エヴゲーニー・ニカラエヴィチ・ライコフスキー
Евгений Николаевич Райковский
バリース・パーヴロヴィチ・スチェパーンツェフ
Борис Павлович Степанцев
【脚本】
レフ・アルカージヴィチ・アルカージフ
Лев Аркадьевич Аркадьев
【スタジオ】
ソユーズ・ムリトフィルム
Союзмультфильм
 
まあそんなわけで、2018年も好奇心めいっぱいで楽しもうと思います!!

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

トレフリク一家(Rodzina Treflików)ポーランドの人形アニメーション

https://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11884395247.html
2017年12月23日

《転載開始》

2017年最後の記事となりました。
月日の経つのは早いですねェ。

今年も色々と楽しい出会いがありました。
来年はどんな出会いがあるかな?
それでは、本題に移ります。


Rodzina Treflików.jpg
Rodzina Treflików – bohaterowie nowego polskiego serialu dla dzieci w TVP ABC - Mam rodzinę

《監督》
マレク・スクロベツキ(Marek Skrobecki
《脚本》
ピョトル・ドゥマラ(Piotr Dumala
イザベラ・オパフスカ(Izabela Opawska
ヤドヴィガ・ホツクバ(Jadwiga Hockuba)
《スタジオ》
スタジオ・トレフル(Studio Trefl)
《放送》
ポーランド・テレビABC(TVP ABC)
Rodzina Treflików - Wikipedia
"The Treflik Family" (2016) - IMDb

今回紹介するのは、
トレフリク一家(英題:The Treflik Family)という人形アニメーションで、
2016年の登場だそうです。

この緑の生物のモデルが一体何なのかよく分かりません(熊?)けど、
ケモナーの私にとっては普通に好きになれる作品です。>
しかしひとつ妙に違和感感じるのは、
画像の一番右にいる、トルコ人の様な小柄なおじさん。

一体何者なのか調べてみたところ、
ちいさなヴイチョ(Mały Wujcio)という魔法使いのおじさんだそうで、
大人には見えない(子どもには見える)そうです。
大人には見えないドラえもんみたいな居候って感じ?

動物の一家のペットが人間という、
「逆さまの世界」を描いたえげつないアニメなのかと
一瞬驚きましたが。

スタジオの名前自体、このアニメの一家と同じっぽいんですけど。
このアニメのためのスタジオでしょうかね?

グッズが幾つかあるみたいです。
下に示すのは、パズルみたいです。
Rodzina Treflików_2.jpg

Trefl, Rodzina Treflików, Rodzinne śniadanie, puzzle, 60 elementów - Smyk.com


こちらは、トレフリク一家の秘密、みたいな内容の様です。
「トレフリク一家と小さな魔法使い1」
(Trefl Rodzina Treflików Mały czarodziej 1)
Rodzina Treflików_3.jpg
Trefl Rodzina Treflików Mały czarodziej 1 - Książeczki-bajeczki
第1弾があるということは、第2弾も?

着ぐるみもあります。
Rodzina Treflików_4.jpg
Studio Trefl i TVP ABC – specjalny pokaz Rodzinki Treflików - RynekZabawek.pl

「トレフリク一家」とは別に、
「トレフリク」というバスケットボールのマスコット
と思われるものも見つけました。
最初無関係なのかと思いましたが、胸のロゴが同じなので、
関係性はあるようです。
Rodzina Treflików_5.jpg
Treflik i Trefflinka - Galeria zdjęć - Trojmiasto
こちらの方がアニメよりも先なのかどうかはよく分かりませんけど、
こちらの方も、体が緑色をしています(ライオン?)。



最後はコチラ!!
(トレフリクとは無関係)

カカオ・プハテク(Kakao Puchatek)
puchatek_1.jpg
Wygraj wycieczkę na Wyspy Kanaryjskie - Puchatek | Zgarniajto.pl

puchatek_2.jpg
Promocje Maspex dedykowane Euro 2012 - Hurt i Detal

《公式サイト》
https://www.puchatek.pl/

ポーランドのココア飲料のマスコットです。
この熊さんいいわァ〜!!

元はこのプハテクの紹介記事を
下書き保存の状態でずっと前からストックしてあったのですけど、
最近は、サラッとした軽い記事は何だか勿体無くて、
手間隙掛かる様なサービス精神旺盛な記事を書かねばと思い、
トレフリク一家を紹介したついでにプハテクを、となりました。

それでは、2017年度の当ブログ記事はこれにて終了となります。
皆様にとって、2018年が良き年である事を切に願います。

《転載終了》
タグ:ポーランド
posted by Satos72 | ├ ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集