2017年03月12日

ブラジル・アニマード(Brasil Animado, 2011)ブラジルのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11470115651.html
2013年2月15日

《転載開始》

Brasil Animado, 2011.jpg

・監督(Direção)
マリアナ・カウタビアノ(Mariana Caltabiano)

・脚本(Roteiro)
マリアナ・カウタビアノ
エドゥアウド・ジャウヂム(Eduardo Jardim)

・スタジオ(Estúdio)
マリアナ・カウタビアノ創作所(Mariana Caltabiano Criações)
http://iguinho.ig.com.br/marianacaltabiano/
イマジム映画(Imagem Filmes)
http://www.imagemfilmes.com.br/imagemfilmes/principal/principal.aspx
グロボ映画(Globo Filmes)
http://globofilmes.globo.com/
テレイマージ(TeleImage)

・時間(Tempo de duração)
76分(min)

Brasil Animado - Wikipedia, Português
Brasil Animado(2011) - IMDb

・公式サイト(Site oficial)
http://iguinho.ig.com.br/brasil-animado.html

・予告編(Trailer)
http://www.youtube.com/watch?v=2YsfuAdgF6A


このアニメは、2012年の11月に、
チリの国民的漫画・アニメ『コンドリート』
を紹介するブログ記事を書いている時に、
たまたまの検索で発見しました。

日本語ウェブニュースでも紹介されています。
ほんの僅かな分量ですけど、
取り敢えず核心部分だけでも掴めました。
国内映画で初の3D映像はアニメ
(ニッケイ新聞 Nikkey Shimbun)2011年1月27日
http://200.218.30.171/nikkey/html/show/110127-25brasil.html
伯国初の3D実写映画 撮影完了し来年公開予定
(サンパウロ新聞 O Jornal São Paulo Shimbun)2012/10/1
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10720/cat/1

何と、このアニメは、
ブラジル初の劇場用3DCG長編アニメーション
だとのこと!!

サンパウロ新聞記事で紹介されている実写映画
『もしできれば・・・、ドライブ!』(Se Puder... Dirija!)
も気になるところ。
ブラジル初の3D実写映画で、今年(2013年)公開予定らしいです。

因みに、ニッケイ新聞とは言っても、日経新聞とは別物で、
サンパウロにある日系移住者や日本人駐在者のための新聞らしい。
つまり“日系新聞”という事か?
http://www.nikkeyshimbun.com.br/index.html

因みに、2010年には、メキシコ初の劇場用3DCG長編アニメーション
『ブリヘス3D』(Brijes 3D)が出ています。

◎ストーリー
ストレス(Stress)とリラックス(Relax)という、
対照的な性格の2人の擬人化された犬が主人公で、
珍しい『赤いジェキチバ』(Jequitibá-rosa)
を探す旅をするという内容ですが、
その時に、リオ・デ・ジャネイロやサルヴァドール、サンパウロ、ブラジリア、
フォス・ド・イグアス、オウロ・プレト、グラマード、フロリアノポリス等、
ブラジル各地が紹介されるという按配。

予告編を見てみましたが、実写映像も出てきます。
ブラジルについて紹介するのが真の目的のアニメでしょうか?
題名からしてそんな感じですし。

◎“ジェキチバ”とは?
「ジェキチバ」って何なんだろう?って、
誰しも私も含めて疑問に思うと思うので、調べてみました。
サガリバナ科(Lecythidaceae)
カリニアナ属(Cariniana)の木の名前だそうです。
サガリバナ科 - Wikipedia

で、サトウキビで作られた蒸留酒『カシャーサ』(Cachaça)
を寝かせる為の樽にその木材が使用されているとのこと。
カシャッサ - Wikipedia
http://homepage2.nifty.com/projecttandr/html/product.html

◎監督について
監督は何と、女性です!!
Picture of Mariana Caltabiano - Listal
http://www.acheiusa.com/acheiusa/arquivo/0401/achei-colunistas-entrevistas.asp

彼女の監督したその他のアニメも気になります。
例えば『ギィとエストパ』(Gui e Estopa)など。
いずれ取り上げようと思います。

◎注意
時間については、情報源によってマチマチです。
Wikipedia英語版では「75分」、
Wikipediaポルトガル語版とIMDbでは「78分」ですけど、
DVDには「76分」と表示されています。

「Brasil Animado」を直訳すると「ブラジル動画」となると思います。
原題忠実主義の私としてはそういう邦題で出したい所ですが、
既に「ブラジル・アニマード」と出ている上に、紛らわしさ回避のため、
「ブラジル・アニマード」という題名で出しました。

《転載終了》

他にはこんな広告画像も↓
Brasil Animado_2.jpg
Brasil Animado - Wikipedia English
タグ:ブラジル
posted by Satos72 | ├ ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

レオ - ほぼ完全型(Leo - Ein fast perfekter Typ)ドイツの特撮番組

アニメーションでは無いのですが、
非常に興味深い内容だと思ったので転載します。

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11764729654.html
2014年2月6日

《転載開始》

Leo,ein fast Perfekter Typ 2007-1.jpg

Leo,ein fast Perfekter Typ 2007-2.jpg

《監督》
トーマス・ピーペンブリンク(Thomas Piepenbring)

《放送》
ドイツ公共放送(ARD)
中部ドイツ放送(MDR)

《主なキャスト》
マティアス・マチュケ(Matthias Matschke)
イザベル・ゲルシュケ(Isabell Gerschke)
ハンス=マルティン・シュティーア(Hans-Martin Stier)

《制作会社》
ポリフォン・ライプツィヒ映画(Polyphon Leipzig Film)

《話数》
13話

《放送開始》
2007年

《資料》
Leo - Ein fast perfekter Typ (TV Series 2007– ) - IMDb
Leo - Ein fast perfekter Typ - MDR.DE
Leo – ein fast perfekter Typ bei fernsehserien.de

http://www.youtube.com/watch?v=mijQY5P8LX4


昔、『がんばれ!!ロボコン』とか『ロボット8ちゃん』などといった、
特撮コメディ番組がありましたけど、
それのドイツ版みたいなものでしょうか?

デザイン的には、『E. T.』に輪郭が似ていますし、
『ASIMO』ではないけど現実に作られているロボットに、
こんな感じのデザインのロボットがあった様な気がします。

「東映不思議コメディーシリーズ」で言えば、
『バッテンロボ丸』に近いかな?

レオは、マチュケ扮する発明家によって
誕生したという設定なのでしょうか?

シュティーア扮するスキンヘッドの人物は、町の名士でしょうか?
OPでは、金持ちぶりが演じられています。

ゲルシュケ扮する女性のレギュラーキャラは、
どんな役回りなんでしょうか?
言葉が分からないのでよく分かりません。

↓その他にも、謎の中国人(?)3人組も出てきます。
Leo,ein fast Perfekter Typ 2007-3.jpg

「レオ」の強奪を企んでいるのでしょうか?

「DVD化されているのかどうか?」についてですが、
残念ながら、されていない様です。
検索で出てこないのです。

それから、「ロボコン」や「8ちゃん」、
「ロボ丸」をご存知無い方のために、
それらもご紹介いたします。

がんばれ!!ロボコン(第31話前半)
http://www.youtube.com/watch?v=0AM-x-Qn_o8


がんばれ!!ロボコン - Wikipedia
がんばれ!!ロボコン - Wikipedia
1974〜1977年なので、もう40年も前ですね〜。

ロボット8ちゃん(OP・ED)
ロボット8ちゃん OP/ED - Dailymotion動画

ロボット8ちゃん - Wikipedia
ロボット8ちゃん - Wikipedia
1981〜1982年なので、30年以上も昔です。

バッテンロボ丸(OP)
http://www.youtube.com/watch?v=0sRWPDsvAfs


バッテンロボ丸 - Wikipedia
バッテンロボ丸 - Wikipedia

《転載終了》
posted by Satos72 | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

グラジナ・ブラシシュキーテ(Gražina Brašiškytė)リトアニア初期のアニメーター

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11466637487.html
2013年2月26日

《転載開始》

Gražina Brašiškytė.jpg

キリル文字表記
Гражина Брашишките

このアニメーターについては、
4〜5年も前にその存在を知っていたのですが、
今頃になっての紹介です。
というのも、情報についてよく把握出来なかったからです。

こちらの、リトアニア語によるリトアニアアニメーション史の頁で知りました↓
2008-03-31-animacija LT::Vasaros sniegas
資料的価値がとても高いです!!
この頁の、最も最初に紹介されているリトアニア人アニメーターが、
グラジナ・ブラシシュキーテ(1926-1983)です。

リトアニア人アニメーターとは言うものの、
リトアニアでアニメーションを制作していたわけではなく、
ロシアで活躍していました。



『魔法をかけられた少年』(1955)
(Заколдованный мальчик, Užburtas berniukas)
Заколдованный мальчик - Wikipedia, Русский
リトアニア語版映像
http://www.youtube.com/watch?v=WSqC4EyWU0I


Заколдованный мальчик.jpg

『ドラゴン』(1961)
(Дракон, Drakonas)
Дракон (мультфильм) - Wikipedia, Русский
リトアニア語版映像
http://www.youtube.com/watch?v=IxhP7W5S8P8


Дракон.jpg

『ごきぶり大王』(1963)
(Тараканище, Tarakonas)
Тараканище (мультфильм, 1963) - Wikipedia, Русский
リトアニア語版映像
http://www.youtube.com/watch?v=_3AgYN4741o


Тараканище.jpg

などの、美術監督(Художник-постановщик)を務めたそうです。



『魔法をかけられた少年』は、スウェーデンの文学者、
セルマ・ラーゲルレーヴ(Selma Lagerlöf)の児童文学作品である、
『ニルス・ホルゲションの素晴らしきスウェーデン旅行』
(Nils Holgerssons underbara resa genom Sverige)
を原作としていますが、日本では『ニルスのふしぎな旅』で有名です。
http://www.dailymotion.com/video/xjtsoh_yyyyyyyyy-op-ed_music

ニルスのふしぎな旅 OP ED 投稿者 anitokuoped
つまり、ロシア版『ニルスのふしぎな旅』なわけです。
美術監督の名前には複数の名前が出ており、
ブラシシュキーテがどの絵を担当したのかは不明。
監督は、ヴラジーミル・イヴァーノヴィチ・ポルコヴニコフ
Владимир Иванович Полковников(1906-1982)



『ドラゴン』は、
ビルマの民話を基にしたアニメーションだそうです。
民衆は、邪悪なドラゴンの住む城からの
略奪とも言える取立てに苦しんでいた。
今まで、数多くの勇敢な戦士が
ドラゴンを退治するために城に赴きましたが、
誰も倒す事が出来ませんでした。
そんな時、祖父と二人暮らしをしていた少年が、
亀から貰った魔法の剣を手に龍退治に赴きます。
そこで少年は、驚くべき秘密を知ることになりました。
その秘密とは・・・。
欲望に囚われる事に対する教訓的な内容です。
誰でも、暗黒面に囚われてしまう危険性があります。
こちらも、美術監督の名が複数出ており、
ブラシシュキーテはその中の一人。
因みに、監督を務めた人も女性です。
アレクサンドラ・ガヴリロヴナ・スネーシコ(スネシュコ)=ブロツカヤ
Александра Гавриловна Снежко-Блоцкая(1909-1980)



『ごきぶり大王』は、動物たちが色々出てくるので、
見た感じ『ジャングル大帝』を彷彿とさせます。
コルネイ・イヴァーノヴィチ・チュコフスキー
(Корней Иванович Чуковский)
が書いた風刺的物語のアニメ化。
ゴキブリ一匹に怯える動物たち。
ゴキブリが苦手な人は少なくないですが・・・。
コチラでは、美術監督をブラシシュキーテだけが担当しているようです。
監督は、『魔法にかけられた少年』と同様、ポルコヴニコフ



他にも
『おぼえている・・・』(Я вспоминаю...)1975
Я вспоминаю... (1975) - Kinofilms.tv
『おなじみの顔』(Знакомые лица)1966
Мультфильм Знакомые лица - Megogo
『遠くの島々の秘密』(Тайна далекого острова)1958
Тайна далекого острова (1958) - Кино-Театр.РУ
『ヴェルリオーカ』(Верлиока)1957
Верлиока (1957) - Кино-Театр.РУ
など、色んなアニメの美術に携わっています。



とは言うものの、結局はロシアのアニメの美術に、
リトアニア人が関わっているに過ぎません。
本格的なリトアニアのアニメーションは、
アンタナス・ヤナウスカス(Antanas Janauskas)
ゼノーナス・タラケヴィチュース(Zenonas Tarakevičius)
辺りからの様です。
これらの作家についても、後日紹介するかも知れません。

《転載終了》
posted by Satos72 | └ リトアニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集