2018年06月03日

バモバモくん(帯番組『バモ!FC東京』(TX)のマスコット)

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11279306539.html
2012年6月16日

《転載開始》

今頃になってやっと取り上げます。
というのも、6〜7年前から気になっていたネタだからです。

今から10年程前に『バモ!FC東京』(テレビ東京)という、
サッカーチーム『FC東京』をサポートする帯番組がやっていたのですが、
その中に『バモバモくん』というキャラクターが出ていました。
二頭身のペガサスというか、羽の生えたカバの様なキャラクターです。

私は度々この番組を見ていたのですが、
後日インターネットをやり始めてから、
この番組についてネットではどう語られているのか調べてみたものの、
殆ど語られていない。
全くというわけではありませんが、半ば忘却の彼方という感じでした。

その上、バモバモくんについても軽く「カバ?」みたいに
ほんの一言語られている程度でした。
当然ではありますが、バモバモくんの画像も出ていない。

当時は、サンリオの封印された?キャラクター『ドンラゴン』について、
ブログやmixiの日記で紹介はしましたが、
『バモバモ君』までは取り上げませんでした。

で、今再び検索してみた所、
やはりバモバモくんはネットに出ていませんでした。
バモバモくんをネットで紹介できるのは、私しかいないんですよ!!
というか、より厳密に言えば、私しか紹介しようとする者がいないんです!!
ですから、こうしてブログで紹介する事にしました。

バモバモくん 1.jpg

私が中々紹介しなかったのは、
当時は、テレビの映りが悪い所で生活していたので、
綺麗な画像というものが無かったのです。

画像が汚いので、ドンラゴンの時みたいに
自分でイラストを描いて紹介しようと思っていました。
(ドンラゴンの場合は、
画像が無かったので仕方なく記憶を頼りに描いたのです。)

でも、中々面倒臭くて実行しなかったわけです。
が、出来るだけ証拠を見せないといけないと思い、
汚い画像ではあっても取り敢えず出そうと考えを変えました。

バモバモくん 2.jpg

最初、バモバモくんは、アニメーションとは言えない様な、
紙芝居的な平面的CGでしたが、
後期では3DCGになりました(二番目の画像)。

シャツには「VAMOS」と出ています。
その斜め右に「2」と描かれていると思うのですが
(画像が汚いのではっきりと確認出来ませんが、
記憶だとそうだった様な)、恐らく「×2」という意味で、
「バモバモ」と言わせようという事なのかも知れません。

実は、バモバモくんには妹がいます。
確か、黄色だか桃色だか忘れましたが、トレーナーを着ていました。
その他にも、頭がサッカーボールで
波平みたいなおじさんの審判とか色々いましたが、
殆ど忘れました。
エンドロールにデザイナーの方の名前が出ていたと思うのですが、
確か女性でした。

当時は、FC東京にはマスコットがいませんでした。
まさか、バモバモくんをマスコットに起用しようとは
思わないだろうなとは思いましたが、
やはり後日『東京ドロンパ』というマスコットが登場しました。

というのも、バモバモくんの風貌が間抜けっぽいからです。
“出べそのヘソ出しルック”ですからね。

“ヘソ出しルック”と言えば、
通常は女の子がお洒落さやセクシーさを醸し出す為に
やりますけど、男のヘソ出しというのは、
往々にして間抜けさを醸し出す為に、
漫画やアニメの中で記号的に描かれる事が多いです。
例えば、服装の乱れとか、肥満の強調など。

しかし、『腰パン』や『見せパン』『着丈の短いシャツ』『シャツ出し』
等の、乱れた服装の流行っている現在では、
どう見られるのでしょうか?
でも、“出ベソ”ですからね。
かなり間抜けさが強調されていますよね?
こんな事を言うと、『臍ヘルニア』の方々に対して失礼なので、
余り言ってはいけないのですが・・・。

まあそんなわけで(どんなわけだ?)、
オマケの画像を出して締めとしましょうか。

東京ドロンパとバモバモくん 2012.6.16.jpg

【追記】
焦って書いたせいで、重要な話を書き忘れていました。
この番組と言えば、水原恵理アナを忘れてはなりません!!
水原アナとバモバモくんとのコントの様なやりとりとか、良かったです!!
サッカーのユニフォームを着て、選手にインタビューしたりしてましたね。

【追記2】
久々に「バモバモ君」について調べてみたら、
Wikipedia頁が作成されていた上に、
私のバモバモ君紹介記事をTwitterで紹介している方もおられました。
バモ!FC東京 - Wikipedia

バモバモくん Twitter.jpg

やっぱり、ブログを紹介してくださる方は嬉しいですよね!!

らはさん、有難うございます!!

因みに、元は『バモバモ! サッカーテレビ』
という名前で2000年4月に始まり、それが、
同年10月にも『バモ!FC東京』に変わったそうです。

そして、2003年3月をもって終了したそうです。(2018/6/1)

《転載終了》
posted by Satos72 | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナムの神童(Thần Đồng Đất Việt)と、ベトナムの漫画事情

https://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12377555166.html
2018年5月26日

《転載開始》

Thần Đồng Đất Việt  tập 1.jpg
Truyện tranh - Bộ sưu tập Thần đồng đất Việt | THƯ VIỆN EBOOK (TVE-4U)
 
Thần Đồng Đất Việt_2.jpg
YouTube
 
【作者】(Tác giả)
【作画】(Minh họa)
レー・リン(Lê Linh)
 
この漫画は大分前から知っていたのですが、
やっと取り上げる事ができました。
 
チャン・ティー(Trạng Tí)という少年が主人公の、
ベトナムを代表する人気漫画で、
如何にも、1980年代のコロコロコミックか、
コミックボンボンの様な絵柄ですけど、
登場したのは2002年と、意外と新しいです。
 
ベトナム情報サイトでベトナム漫画の歴史が紹介されていたので
参考にさせていただくと、日本漫画に席巻されたベトナムでは、
「ベトナムの漫画は売れない」との認識が広まっていたそうですが、
ファン・ティ・ミー・ハイン(Phan Thi My Hanh)氏が、
「ベトナムの漫画は何故人々を楽しませる事ができないのか?」
と疑問を抱き、日本の漫画を徹底的に研究。
 
ベトナムの要素をふんだんに盛り込んで生まれた
「ベトナムの神童」を各出版社に持ち込んだものの、
「ベトナムの漫画は売れない」とことごとく断られてしまう。
 
この漫画の成功を確信していた彼女は、
自宅を売って資金を工面し、「ベトナムの神童」を自費出版。
 
出版後は自ら書店や路上の新聞スタンドを訪問し、
この漫画を置いてもらう様に営業するが、
最初は多くの書店から断られてしまうも、粘り強い努力が実を結び、
幼い子どもを持つ親御さんたちの中で評判となり、大人気となったそう。
 
2004年3月には、若い読者からの要望に応え、
『ベトナムの神童ファンクラブ』(Thần đồng Đất Việt Fanclub)
というベトナム初の漫画雑誌が創刊された。
読者から寄せられた投稿作品を掲載したそう。
Thần đồng Đất Việt Fanclub số 11.gif
Thần đồng Đất Việt - Wikipedia
 
漫画を描く事がベトナムの若者の間でブームとなったが、
2007年には一旦沈静化する。
しかしその後、美術学校で画力やストーリー構成などを
専門的に学んだ漫画制作集団が登場し、
質が格段とレベルアップする…。
ベトナムマンガの歴史と未来 - ベトナムスケッチ「Vietnam Sketch」
 
良い流れですね。
停滞していたベトナム漫画界復興の起爆剤が、
「ベトナムの神童」だったわけです。
現在は、200巻以上も出版されているようです。
 
ちなみに、やはりというか、アニメ化もされています。
Thần Đồng Đất Việt_3.jpg
YouTube
 
そんなわけで、「ベトナム漫画の歴史」についての詳細は、
また後日に、ということで。

《転載終了》

【おまけ】
(使わなかった画像)
Thần Đồng Đất Việt_4.jpg
posted by Satos72 | ├ ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

プリビナーチェク(Pribináček)チェコの乳製品

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11233587838.html
2012年6月23日

《転載開始》

Pribináček_5-.jpg
Pribináček - Hravý architekt - WordPress.com

公式サイト
http://www.pribinacek.cz/

チェコの人気漫画『四葉のクローバー』(Čtyřlístek)
とのカップリングCM(と思われる)

Pribináček_2.jpg

既に2009年に、チェコのものを色々紹介なさっているブログで
紹介されていますが、私も日本に於ける知名度を少しでも上げるのに
勝手に力を貸しましょう(笑)。

今年(2012年)で、58年目になる長い伝統を持つデザートで、
ムースの様な、クリームチーズの様な味がするらしい
(食べた事無いので人の受け売り)。

バニラ味の他、チョコ味、イチゴ味、バナナ味、さくらんぼ味、
ココナッツ等、色々種類があるらしい。

カップに入ったムース状のものの他、
四角い固形状のものもあるらしい。

縫いぐるみがありますが、売っているんでしょうか?
抽選か何かで当たるのでしょうか?
Pribináček_3.jpg
Koupím plyšového kocourka Pribináčka - Bazar Omlazení.cz

当然の事ながら、着ぐるみによる販促も行われています。
http://www.ksidlisti.cz/pribinacek-slavil-v-nasi-skole-narozeniny.a583.html
(追記 2018/5/16:上のリンク先の画像が削除されているので、
新たにリンクと画像を貼りました)
Pribináček_4.jpg
Pribináček Hostess - promoters - Pribina - Vybrané reference | Lenny Promotion

マスコットキャラクターは、
最近はこんなデザインに変わっているのでしょうか?
Pribináček_6.jpg
Zábavný den s Pribináčkem | Permonium

もしチェコに旅行したら、食べてみたい!!



【追記】
重要なネタを忘れていました。
『プリビナーチェクのテーマソング』というのがあるのです。
如何にも、スティーヴン・フォスターが作曲してそうな
愉しい雰囲気の歌ですね。

【追記】
1枚目の画像差し替え
2〜5枚目の画像追加
1、3、4、5枚目の画像のリンクを貼る(2018/5/16)

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集