2017年09月17日

イスラエル初の漫画と、イスラエルのスーパーヒーローと、イスラエル・マンガ・ミュージアム

https://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12310473997.html
2017年9月16日

《転載開始》

世界に、どちらかといえば良い意味でというよりは、
色々と問題視されている意味で存在感のあるイスラエルですが、
その割には、漫画やアニメなどの文化については、
大したものをあまり作っていない様な印象ではあります。
(注目されたのは「戦場でワルツを」(ואלס עם באשיר)くらいですかね)
 
ユダヤ人は頭が良いとはよく言われます。
教育がしっかりしているからというのもあるのでしょうけど。
 
イスラエル以外の地で活躍なさっているユダヤ人には、
天才肌の人が多いという印象はありますが、
イスラエルに於けるユダヤ人の表現活動はあまりパッとしない印象。
軍事面や権謀術数については超一流という印象ですが。
 
一応、イスラエル製の漫画を幾つも確認できましたが、
世界の漫画文化を牽引する程の魅力的なものを作れているかどうかは、
「う〜ん…」ではあります。
 
 
 
まあそれはともかく、まずは、
イスラエル初の漫画というのをご紹介します。
Twitterでは既に紹介済みです。
 
שרוליק.jpg
2שרוליק.jpg
Srulik - Wikipedia
 
スルリク(שרוליק)というのですが、1956年に、
ハンガリー系ユダヤ人でイスラエルに移住した、漫画家でイラストレーターの、
カリエル・ガルドシュ(Kariel Gardosh)によって生まれました。
ハンガリー名は、ガールドシュ・カーロイ(Gárdos Károly)。
ペンネームは「ドシュ」(דוש)(Dosh)といいます。
דוש - Wikipedia
 
דוש.jpg

Wikipediaによると、スルリクというのは、
イスラエルを象徴するキャラクターだそうです。
つまり、アメリカでいう「アンクル・サム」の様な存在ですかね。
 
それから、冒頭の画像の所在地が気になって調べてみたところ、
「イスラエル・マンガ・ミュージアム」
(המוזיאון הישראלי לקריקטורה ולקומיקס)
だそうです。
コレも日本では知られていない様ですね。
 
המוזיאון הישראלי לקריקטורה 1ולקומיקס.jpg
המוזיאון הישראלי לקריקטורה 2ולקומיקס.JPG
המוזיאון הישראלי לקריקטורה ולקומיקס - Wikipedia
 
 
 
で、その流れで偶々ですが、イスラエル版スーパーマンというのを見つけました。
サブラーマン(סברמן)(Sabraman)とか、ウリ・オン(אורי-און)(Uri-on)というのですが、
最初フェイクか何かだと思いましたけど、本当にあるんですね。
 
Sabraman.jpg
סברמן - Wikipedia
 
まあ、スーパーマンも、キャプテンアメリカも、ユダヤ人作ですけどね。
 
サブラーマンというのは、1978年に、
当時若干15歳のウリ・フィンク(אורי פינק)によって誕生したそうです。
両親をホロコーストによって殺された男、ダン・バル=オンが主人公で、
ナチのメンガレ博士を相手に戦うという内容。
 
Uri_on.jpg
Uri-On - Wikipedia
 
ウリオンは1987年に初登場で、
作者は、マイケル・ネッツァー(Michael Netzer)。
胸のマークは、ユダヤの燭台メノーラー(המנורה)を模しているのでしょうか?
 
ウリ・フィンクは他にも、こんなオチャラケたヒーローを描いています↓
Super Shlumper.jpg
Shuvo Shel Super Shlumper - SISU - Kol-Ami
スーパー・シュルンパー(スフェル・シュルンフェル?)(סופר שלומפר)
というのですが、ヒーローギャグ漫画と思われます(多分)。
 
 
 
またまたその流れですが、スーパーマンの作者、
ジェリー・シーゲルとジョー・シャスターは、
ユーモア溢れるユダヤ人のスーパーヒーロー
「ファニーマン」(Funnyman)1948年
というのも描いているという事をつい最近知りました。
 
Funnyman.jpg
Funnyman (comics) - Wikipedia
しかし連載は1年も経たずに終了とのことです。
 
 
 
最後に、漫画とは無関係なのですが、イスラエル関係の話という事で…。
 
סברס.jpg
צבר מצוי - Wikipedia
 
イスラエルでは、ウチワサボテンの実が果物として食されるらしいですね。
 
イスラエル大使館の公式Twitter情報で知ったのですが、
好奇心旺盛な私は、ヘブライ語綴りがどうなのか知りたくて調べました。
 
サブレス(סברס)というそうです。
上に示した画像はWikipediaのものですが、
イスラエル大使館Twitterも同じ画像を使っているのが判明。
 
「だから何だ?」という話なんですが…。
というわけで、今回はここまでで失礼いたします。

《転載終了》
posted by Satos72 | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

イスラエルの脱力系子ども番組特集!!

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11980836877.html
2016年10月22日

《転載開始》

イスラエルの脱力系子ども番組の数々をご紹介いたします!!

世界最強の諜報組織「モサド」を有する国の
子ども番組にはとても思えません。

中国アニメは「へそだし」キャラがやたらと多いという印象ですが、
イスラエルの子ども番組は「脱力感」がハンパないというイメージです。

まあ、どの国の子ども番組も、
大なり小なり脱力な香りが漂ってはいますけど、
イスラエルの場合は、国の成り立ちから周囲の国々との軋轢等、
かなりシビアな状況に置かれているにも拘らず、
子ども番組はそれを感じさせないくらいに脱力しています。

恐らく、せめて子ども番組だけでも脱力していないと、
やっていかれないのでしょうか(多分違うと思います)。

イスラエルというと、
政治的な分野で何となく「怖い」というイメージがあったりしますので、
そういうネガティヴイメージの払拭のため、
極端に脱力しているのでしょうか(多分これも違うと思います)。

それでは、頭が痛くなるほどの脱力感をお楽しみください!!





びっくりれっしゃ - テーマソング(歌:エリ・ゴレンシュタイン)
(רכבת ההפתעות - שיר פתיחה)(אלי גורנשטיין)
https://www.youtube.com/watch?v=7LWXrx8Uo6w


רכבת ההפתעות.jpg

「びっくりれっしゃ」(רכבת ההפתעות)という子供番組の
オープニングアニメーションでしょうか?

「いぬのあたまのきかんしゃ」の表情が、
後を見たまま動かないのが謎です(手抜き?)。

その番組内で放送されていた、
「ナハション」(נחשון)というアニメーション。
https://www.youtube.com/watch?v=Xx7IZvbjm58


נחשון.jpg

見るからに80年代ですね!!





みんなしってる - オープニング曲
(בלי סודות - שיר הפתיחה של "בלי סודות")
https://www.youtube.com/watch?v=JJzZNPy1yZU


בלי סודות 1.jpg

このオレンジ色の瓜みたいな謎のゆるキャラは一体何者?

それと、色んな面で適当感漂っています。

如何にも、絵心が無くアニメーションを作った事も無い人に、
無理矢理アニメーションを作らせた様な?

実は私もアニメーションを作った事がありますけど、
ここまでは下手ではないです(笑)。

https://www.youtube.com/watch?v=rGBxdoKyBik


בלי סודות 2.jpg

内容は大体、「ひらけ!ポンキッキ」とか「おかあさんといっしょ」
辺りに似ていると思います。

大人ばっかり出てくるのかなと思いましたが、
一応子どもも録画という形で出てきます。
(スタジオに子どもたちが来るわけではない)





ホップ!
(!הופ)
https://www.youtube.com/watch?v=6FFpASsU1YU


!הופ.jpg
דף צביעה הופ - דף הבית הראשון שלי

「セサミストリート」や「ドーラといっしょに大冒険」、
「スーパー・ウィングス」など、外部から色々と呼んでいますね。

番組内にアニメーションとか小コーナーとか、豊富にありそうですが、
面倒くさいので細かく調べませんでした。



《公式サイト》
http://www.hop.co.il/





ダヴィードの人生
(דוד חיים)
https://www.youtube.com/watch?v=ugmThlqdPJw


דוד חיים.jpg
בקבוק דוד חיים שקוף - דוד חיים הפקות

「イスラエル版ピーウィー・ハーマン」ですか?

相棒の変な宇宙人みたいなのは何?

地球に脱力の種を撒き散らすためにやってきた、
「脱力星人」ですか?

その宇宙人の名前は「ボボ」というらしいですが、
九州にも是非とも行ってもらいたいですね!!

ちなみに、ピーウィー・ハーマン役のポール・ルーベンスさんも、
ユダヤ系です。





ゴマ通り(セサミストリート)
(רחוב סומסום)
https://www.youtube.com/watch?v=5uRyIMy2ktA


以前コチラ↓の頁でついでに紹介した「セサミストリート」ですけど、
ケイルの倉庫(המחסן של כאילו)イスラエルの子ども番組
この時は、権利的に大丈夫なのだろうか?と心配していました。

しかし、YouTubeに上がっている映像を見てみると、
セサミストリートでおなじみのパペットが出てくるんですね。

イスラエル版セサミ…は、
オリジナル版セサミ…をパクっているわけでも無い様です。

でも、YouTubeに上げた人が、
映像を繋ぎ合わせて偽装しているという可能性はあるのでしょうか?

いやいや、特にそういうわけでも無い様です。

רחוב סומסום 1.jpg
Show 11: Kids Sing Israel | Muppet Wiki | Fandom powered by Wikia

イスラエル版セサミ…のキャラクターであるハリネズミが、
セサミ…風のパペットと共演もしていますし。

רחוב סומסום 2.jpg





なんだこりゃ?
(?מה פתאום)
https://www.youtube.com/watch?v=OFka9-_vado


מה פתאום.jpg

イスラエル版のセサミストリートを調べていて、
たまたま見つけた子ども番組。

主人公の名前は、キシュカシュタ(קישקשתא)だそうです。

ウチワサボテンの擬人化だそうです。

日本語で紹介している記事で知ったのですけど、
無断リンク&転載引用禁止だそうですので、
そこからではなくWikipediaから内容を引用いたしました。
Kishkashta - Wikipedia

そんなわけで、今回もこんなに長い記事になってしまいました。

当初はこんなに長い記事になるとは思いませんでした。

毎回毎回こんな感じです。

次回の記事も長くなるのだろうか?

《転載終了》
posted by Satos72 | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集