2016年12月25日

ココ最近のスウェーデンの長編アニメーション(2014〜2016年)

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12230295768.html
2016年12月24日

《転載開始》

今回は、ここ最近のスウェーデンの長編アニメーションの紹介となります。

Bamse och häxans dotter.jpg
Bamse och häxans dotter - Folkets hus Nynäshamn

バムセと魔女の娘(2016)
Bamse och häxans dotter

・監督(Regissör)
クリスティアン・リュールテニウス(Christian Ryltenius)

・脚本(Manus)
イーダ・チェッリン(Ida Kjellin)
ソフィー・フォシュマン(Sofie Forsman)

・制作会社(Produktionsbolag)
SFスタジオ(SF Studios)

・上映時間(Speltid)
65分(minuter)

・公開日(Premiär)
2016年12月25日
Bamse och häxans dotter (2016) - Svenska Filminstitutet

https://www.youtube.com/watch?v=d9FHkBYJS5k


ビーバー池の底に金が眠っている事を知った大金持ち
クレースス・ソールク(Krösus Sork)は、
もっと金を得たいために、ビーバー池のダムを破壊しようと目論む。

クレーススは、村人たちから忌み嫌われていた魔女の娘が、
魔法を使っているのを偶然見て、彼女に接近しようとする。

魔女の娘は、元は捨て子だったのを、
魔女が自分の娘として育てたのだった。

その一方、バムセと子どもたちは、金に目が眩んだ大人たちから、
ダムを守ろうとする・・・。

という内容で合っているのかはよく分かりませんが、
公開日は2016年12月25日なので、
このブログ記事の公開の翌日という事になります。

バムセというのは、
ルーネ・アンドレーアソン(Rune Andréasson)が原作の、
スウェーデンのロングセラー漫画で、
雷のはちみつ(Dunder honung)を食べると、
世界最強の熊になるという設定です。

1966年に初登場なので、今年で50周年となります。





Bamse och tjuvstaden.jpg
Bamse och tjuvstaden (2014) - IMDb

バムセとどろぼうのまち(2014)
Bamse och tjuvstaden

・監督
クリスティアン・リュールテニウス(Christian Ryltenius)

・脚本
ユーアン(ユーハン)・キンドブロム(Johan Kindblom)
トーマス・ティーヴェマルク(Tomas Tivemark)

・制作会社
三友人(Tre Vänner)
スルッゲル映画(Sluggerfilm)

・上映時間
66分

・公開日
2014年1月17日
Bamse och tjuvstaden - Wikipedia

https://www.youtube.com/watch?v=lMbcy7NirqA


バムセが、ウサギのリッレ・スクット(Lille Skutt)、
カメのスカールマン(Skalman)らと共に、極悪のキツネ、
レイナルド(Reinard)からおばあちゃんを救い出す為に、
トロルの森を通って泥棒の町 に向かう冒険の物語。

因みに、スウェーデンには、
トロルの森(Trollskogen)と呼ばれる森が実際にあるらしいです。
Trollskogen - Wikipedia





Resan Till Fjäderkungens Rike.jpg
Resan till Fjäderkungens rike (2014) | Film | MovieZine.se

翼の王国の旅(2014)
Resan Till Fjäderkungens Rike

英題:ビヨンド・ビヨンド(Beyond Beyond)

・監督
エスベン・トフト・ヤコプスン(ヤコブセン)(Esben Toft Jacobsen)

・脚本
エスベン・トフト・ヤコプスン(ヤコブセン)
ヤニク・タイ・モスホルト(Jannik Tai Mosholt)

・制作会社
CBスヴェリエAB(CB Sverige AB)
コペンハーゲン・ボンベイ(Copenhagen Bombay)
プロダクションAps(Productions ApS)

・上映時間
78分(minuter)

・公開日
2014年5月21日
Resan till Fjäderkungens rike - Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=Y93jJchY4nw


ウサギの少年ユーハンは、
消えた母を捜し求めて父と共に船の旅をしていた。

ラジオで母の消息の手がかりを得たユーハンは、
上陸した街で、翼の王(Fjäderkungen)に遭遇する…。

2014年は、スウェーデンで
長編アニメーションの多い年なのかも知れません。

「翼の王国の旅」の監督や脚本家はデンマーク人の様ですが。





そんなわけで、
移民の問題に苦しめられているスウェーデンですが、
今後も頑張ってください!!

今年もあと少しです!!

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

掲示板(Anslagstavlan)スウェーデンの広告番組 その他

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12225904690.html
2016年12月17日

《転載開始》

イントロ(Intro)
https://www.youtube.com/watch?v=yf7RSr95u4I


Anslagstavlan.jpg

今回は、スウェーデン・テレビ(SVT)の公共広告CM番組、
掲示板(Anslagstavlan)
のご紹介をいたします。

広告番組というのは、宣伝を目的とした番組の事で、
例えば、イタリアには、
カロゼッロ(Carosello)
なんかがあります。

日本でもよく知られている「カリメロ」は、
カロゼッロの洗剤のCMアニメーションが発祥です。

当ブログでも以前に、東ドイツの
1000のテレビ情報(Tausend Tele-Tips)
を紹介した事があります。
1000のテレビ情報(Tausend Tele-Tips)東ドイツの広告番組

「掲示板」は、Wikipediaによると、1969年に放送開始され、
どうやら現在も続いている様です。
Anslagstavlan - Wikipedia

イントロのアニメーションの手掛けたのは、
ハンガリーのアニメーター、
ガーボル・チュポー(Gábor Csupó)と、
ティボル・ベライ(Tibor Belay)だそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=BgvHWjQHNN0


Anslagstavlan 1.jpg

Anslagstavlan 2.jpg

Anslagstavlan 3.jpg

私がこの番組を知ったのは、バッタとカエルが主人公のアニメ、
カッレ・ストロップとグルーダン・ボール
Kalle Stropp och Grodan Boll
が、この広告CM番組に使用されているのを見たからです。

Kalle Stropp och Grodan Boll.jpg
AV-Media, Kronoberg / Kalle Stropp och Grodan Boll - SLI.SE

言葉が分からなくても、交通安全啓発CMであるというのが、
分かるかと思います。

「掲示板」は、公共広告CM番組なので、日本で言うところの、
公共広告機構(JC)みたいなものですかね?





話は変わって、以前、
アブラカダブラ(Abrakadabra)スウェーデンの子供番組
という記事を、2015年2月7日に書いたのですが、
そのついでに、
ビョルネのマガジン(Björnes magasin)
というスウェーデンの子ども番組をサラリとご紹介いたしました。

しかし、画像付きの紹介ではなかったので、
今回は画像つきでご紹介いたします。

Björnes Magasin 1.jpg

Björnes Magasin 2.jpg

Björnes Magasin 3.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=lvIlyzP1Fi8


Wikipediaによると、1987〜2004年まで、
スウェーデン・テレビ(SVT)で放送されたそうです
Björnes magasin - Wikipedia

それにしても、ビョルネのこの、ユルい表情がたまりません!!

板橋区赤塚系ギャグ、
食べれません(風間やんわり)に出てきてもおかしくはありません!!

1980年代に、スウェーデンにも“脱力系”があったのは驚きですが、
余りにも脱力が過ぎると、移民政策の行き過ぎで、
スウェーデンがグズグズになってしまうので、ご注意くださいね!!

※この後追記で紹介しようと思ったものがありましたが、
次回の記事でご紹介いたします!!

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

ロッティス(Råttis, 1986)スウェーデンのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11483030945.html
2013年4月15日

《転載開始》

Råttis DVD, 1986 2.jpg

【監督】(Regissör)
【脚本】(Manus)
レンナート・グスタフスン(グスタフソン)(Lennart Gustafsson)

【キャスト】(Rollista)
・ロッティス(Råttis)
 レイフ・ヴェスタールンド(Leif Westerlund)

・ロセッタ(Rosetta)
・ロッティスのママ(Råttis mamma)
・ロッティスの弟たちの一人(Småsyskon)
 ユルヴァ=リー・グスタフスン(Ylva-Li Gustafsson)

・ハリネズミ(Igelkott)
 アニエラ・ソグレル(Angela Sogrell)

・ロッティスのパパ(Råttis pappa)
・Dr. クラス(Doktor Krass)
・ロッティスの弟たちの一人
 レンナート・グスタフスン

・ロッティスの祖父(Råttis farfar)
・Miss プリング(Fröken Pling)
・MSのリーダー(mc-ledaren)
・ロックバンド『ザ・ロッターズ』のヴォーカル
(Solosångaren i gruppen The Råtters
・ロッティスの弟たちの一人
 ユーナス・アドネル(Jonas Adner)

・クラブ『ロッツ』のバーテンダー
(Bartendern på råttklubben Råtz)
 ミカエル・ガーディン(Mikael Gerdin)

・歌『きみはどこ?』と『ぼくはできる、ぼくはできる』の歌声
(Råttis sångröst i numren “Var är du” och “Jag kan, jag kan”)
 ロバート・シェブルム(シェブロム)(Robert Sjöblom)

・歌『言葉は要らない』の歌声
(Råttis sångröst i numret “Det behövs inga ord”)
 ウルバン・ヴレターゲン(Urban Wrethagen)

・歌声(Sångröst)
 カール・ロマーレ(Carl Romare)
 ミカエル・スンドクヴィスト(Mikael Sundqvist)
 マリアンネ・オーストレム(Marianne Åström)
 イェッスィカ・ラウレーン(Jessica Laurén)

【制作】
カナール映画(Kanalfilm)
スウェーデン映画協会(Svenska Filminstitutet)

【時間】(Speltid)
84分(minuter)

【言語】(Språk)
スウェーデン語(Svenska)

【資料】
Råttis (1986) - Svensk Filmdatabas
速報(海外児童文学賞) - やまねこ翻訳クラブ
Råttis – Wikipedia Svenska
Råttis (1986) - IMDb



1980年代に制作された、
日本では知られざるスウェーデン長編アニメ。
Twitterでは逸早く紹介済みです。

最初、普通の子供向けアニメだと思って
大して期待せずに見てみたのですが、
その内容に色々と驚きました!!



◎微妙な年頃を描いたアニメ?
ロッティスと、その恋人ロセッタが、ロッティスの部屋に入ります。
その部屋の中で、彼らは一体何をしているのでしょうか?

Råttis, 1986 1.jpg

「ロセッタちゃ〜ん、さあ、ボクの部屋に入ろうヨ♡」

Råttis, 1986 2.jpg

「お兄ちゃん、知らないお姉ちゃん連れてきて、一体なにしてるんだろ?」

Råttis, 1986 3.jpg

「どれどれ、おじいちゃんにも見せてくれるかな?
お〜っ、最近の若い子はようやりおるのう〜。」

Råttis, 1986 4.jpg

「ちょっと、ロッティス!! あんた、そ、その、あの、
・・・パパからも何か言ってちょうだいよ!!」

Råttis, 1986 5.jpg

「ロッティス、その、あのだな、その、つまりだな、
・・・そういうコトは、未だ早いんじゃないかな?
と、パパはこう思うんだけど、違うかな?」

http://www.youtube.com/watch?v=vUUbPCOnu_A


・・・なんて、勝手な吹き替えすいません。
テキトーです!!

具体的には、キスくらいまではやっているというのは、
キスの音と共にハートマークが出てくるので分かります。

が、それ以上の事は恐らくしていないと思います。
何故なら、ママに呼び出された直後、
直ぐに服を着たままロッティスが出てきたからです。

まあ、いくらなんでも、子供向けなので、
18禁設定なわけは無いでしょう。

でも、大人の階段登りつつある?
微妙な年頃を描いているアニメなのだろうなというのは、
見ていて分かります。

その関連なのか、大人の薄汚れた世界も描いているようです。

ロッティスとロセッタちゃんは、ネズミ専用クラブ『ロッツ』に誘われ、
ザ・ロッターズ(The Råtters)という、宇宙人の様な衣装を身に纏った
被り物バンドの演奏を見ます(でも、面白いと思って無い感じ)。
周囲にいる人たちは、パンクな格好をしていて、
退廃しているという感じ。
この場面を、小さな子供たちに視聴させて大丈夫だったのでしょうか?

Råttis, The Råtters, 1986.jpg

その一方で、二人が歌を歌う場面もあり、それは健全な感じです。

恐らくは、視聴する子供達の健全な成長を願って制作された、
アニメなのかも知れません。

男女が仲良くしている内容のアニメは普通に沢山ありますけど、
こういう微妙な内容のものは、珍しいかも?
しかも、1980年代ですし。



◎作者自ら声の出演
それから、もう一つ驚いたのは、監督など、
制作者自身も声の出演をしている所。
しかも、一人何役も掛け持ちの人がザラにいます。
上記の深緑の文字で示してあります。
バーテンダーの声は、撮影を担当した人がやっているようです。
コレも「いいなあ」と思いました。

ジブリは、今度は、宮崎駿さんとか高畑勲さん、鈴木敏夫さんなどが
声をやってみて欲しいとか勝手な妄想が湧きました。
(声優の、如何にも演技しているという感じの声を嫌い、
自然体な声を求めているらしいという噂を聞いた事があるので、尚更。)



◎色々と見応えあり!!
全部は見ておらず、部分的に見たに過ぎませんが、
ロッティスが後に乗せて貰っているバイクの走行している場面には、
アニメーション技術の高さや演出の巧みさを感じますし、
ロッティスとロセッタの二人が歌っている場面等、
細かい所に気を配って制作されている場面も多々あり、
とても見応えの良さは感じました。



◎作者は童話作家らしい
監督について調べてみたところ、どうやら童話作家らしいです。
ユルヴァ=リーは、レンナートの妻でしょうか?妹でしょうか?

良く分からないので保留にしておきますが、
二人はコンビを組んで、童話・漫画を描き、
アニメも制作しているようです。
アニメーション会社『カナールフィルム』も運営しているようです。
http://www.kanalfilm.se/
速報(海外児童文学賞) - やまねこ翻訳クラブ



◎実はグスタフスンコンビのアニメは
日本上映済み
ロッティスではないですけど、グスタフスンコンビのアニメは、
日本上映を果たしています。

『ヴィッレと野ウサギ』(Ville och Vilda Kanin)2006年


というアニメが、『ウィリーと森の仲間たち』という邦題で、
2008年の『東京国際アニメフェア2008』(東京ビッグサイト)にて、
東放学園の放送声優科の学生による
ライブアテレコによって上映されたそうです。
「東京国際アニメフェア2008」に学校法人東放学園が出展します。 - 学校法人東放学園
実写とアニメの融合みたいです。



レンナート&ユルヴァ=リー・グスタフスンの他の作品についても、
いずれ紹介しようと思います。

《転載終了》



おまけ画像
Råttis DVD, 1986.jpg
posted by Satos72 | ┌ スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集