2017年04月12日

そこの子、こっちにおいで(Маамуу Нааш Ир)モンゴルの子ども番組

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11838943963.html
2017年4月8日

《転載開始》

http://www.youtube.com/watch?v=EaWQ9GHPoeU


Маамуу Нааш Ир_1.jpg

Маамуу Нааш Ир_2.jpg

Маамуу Нааш Ир_3.jpg

Маамуу Нааш Ир_4.jpg
Маамуу нааш ир 1 - MNB.mn

今回ご紹介するのは、モンゴルの子ども番組ですが、
人形のキャラクターがメインで出てきます。

その子どもたちは、オープニングやエンディング映像では、
アニメーションで描かれます。

中間部はアニメーションです。
ここに貼ったYouTubeの映像では、
「チャーリーとローラ」(Charlie and Lola)
というイギリスのアニメが出てきますが、
地元モンゴル製のアニメである場合もあります。

題名の「Маамуу Нааш Ир」の意味は、直訳すると、
「子どもよ、こっちにおいで」となるみたいです。

1956年に作曲されたモンゴルの童謡に、
同名の歌があるそうですが、
それが題名の元になっているのでしょうか?
子供よ。こっちおいで - Voice of Mongolia

その歌は、コチラです↓
https://www.youtube.com/watch?v=8gRtEa-6pSQ


「一緒に遊ぼう」と意訳なさっている方もいます。
5月5日は“こどもの日”!なのでこどもの日SP!! | FM-JAGA(エフエム帯広)

「Маамуу」という言葉は「Baby」と英訳される様なので、
「赤子」「幼児」といった意味合いがある様です。

「Маамуу」で検索してみたところ、以下のものを発見しました。

Маамуу_1.jpg
Маамуу МОАК (2017) - Kinosan.mn

Маамуу_2.jpg
Айл бүр МААМУУ-тай болбол... - Үндэсний ... - mongolcom.mn

二人の恐竜(?)の子が出てくる、
幼児向け教育グッズと思われます。

学研みたいな?

男の子はターミ(Таами)といい、
女の子はアーミ(Аами)といいます。

アニメもYouTubeに出ています。
https://www.youtube.com/watch?v=Z-4P5rMn7po


モンゴルには「ディンザ」という、
恐竜の子が主人公の漫画もあります。

「ムカムカパラダイス」(懐かしい〜!!)というか、
韓国の「赤ちゃん恐竜トゥルリ」に近い感じ?

「バブルボブル」も思い出しちゃいましたヨ(これも懐かしい!!)

何かモンゴルには、恐竜に拘る何かがあるのでしょうか?

Маамуу_3.jpg
Маамуу / KIAN

それから、同名のパウチ飲料もあります。

マスコットキャラクターがあまり可愛くな〜い!!

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ モンゴル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

ツォンドーロイとツンデーレイ(Цондоолой Цүндээлэй)モンゴルのアニメ

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11526203156.html
2013年5月10日

《転載開始》

Цондоолой Цүндээлэй.jpg

制作:イルムーン(iRMUUN, Ирмүүн)

http://www.youtube.com/watch?v=EjcYvnSe2yE


以前、『ディンザ』(Динза)という
恐竜の子が主人公のアニメを紹介しましたが、
恐らく、漫画本の販促用プロモーションビデオではないかと思いました。
何故なら、歌のアニメしか作られていないから。

で、今回紹介するアニメも、状況が似ているため、
それを目的としたものではないか思います。

ディンザを弊ブログで紹介したのは2010年ですけど、
その頃既に、今回紹介するアニメの存在も知っていました。

女の子の方が、ツォンドーロイで、
ヤギの方が、ツンデーレイの様ですね。

特徴としては、
ヤギが下着の様な桃色の水玉パンツを穿いているところ。
妙な無理矢理感というか、違和感を感じました。
それが何だか微笑ましい。

それから、歌を歌っている歌手が、アニメの中に出て来ます。

歌を歌っているのは、
ドーチン・バヤルツェツェグ(Дуучин Баярцэцэг)
というモンゴルの女性歌手です。
良い歌声ですね。
テレサ・テンみたいな?
(追記:「ドーチン」というのは、「歌手」という意味だそうです。
つまり「歌手のバヤルツェツェグ」という意味。
モンゴルの方から直に教えていただきました)

日本語(カタカナ)で検索しても出てこないので、
日本では知られていないのでしょう。

ミュージカルかどうかは不明ですが、舞台作品にもなっています。
そして、ディンザと共演しています。
(すいません、言葉が分からないので)
“Динза Цондоолойг аварсан нь” театрчилсан жүжиг
Цондоолой Динза нар хамгийн олон үзэгчтэй тоглолт болов - Нүүр - Inet.mn

話は変わって、ディンザのアニメに付けられた歌を歌っているのは、
モハニク(Моханик)というモンゴルのロックグループですけど、
以前紹介した当時はやはり、日本語での検索では出てきませんでした。

後に、モハニクをとりあげた日本語頁が出てきました。これです↓
アーチストたちが参加した「緑の夕べ」(Mongol OnLine)
アーチストたちが参加した「緑の夕べ」 - Mongol OnLine
『ボダグチン』(Будагчин)という、ハガンフィルム(Khagan films)
が制作したモハニク主演のミュージックビデオが、
2011年度モンゴル音楽映像大賞
(Mongolian Music Video Awards 2011)
の最優秀賞を受賞したとか。
http://www.youtube.com/watch?v=1WUHa6CZ3g8

http://www.youtube.com/watch?v=Ue-3Kk9Wec4


私が紹介するよりも半年も早く
ディンザを紹介している日本語頁があります。
もんごるレポート:日本について興味を持っていること
モンゴル人文大学 日本語通訳翻訳学科 3年 
ツォーフー・アヌマラル
(板橋区)
もんごるレポート:日本について興味を持っていること | 板橋区
今回紹介するアニメも紹介しているのですが、
「ツォンドーロイとシュンデーレイ」という風に
」ではなく「シュ」になっています。
これはどういう事でしょうか?

完全なローマ字読みではなく、
一部、表記どおりに書かない規則でもあるのでしょうか?
それとも、単純にカタカナの表記間違い?

モンゴル語に詳しい方、教えていただけると大変嬉しく思いますが。

ナショジオキッズ(National Geographic Kids)
の公式モンゴル語サイトには、
「ツォンドーロイ・・・」と「ディンザ」が出ています。
塗り絵ですか?
http://www.kids.nationalgeographic.mn/mod-31/i-308/

《転載終了》



おまけ画像
Цондоолой Цүндээлэй 2.jpg
Цүндээлэй цэцэгт талыг аварсан нь - irmuun - WordPress.com

左側の二人が「ディンザ」のキャラクターです。
「バブルボブル」を思い出してしまうのは私だけ?
Цондоолой Цүндээлэй 3.png
National Geographic Kids-тэй хичээлийн шинэ жил - News.mn

着ぐるみにもなっています。
着ぐるみによる劇の広告ですね。
Цондоолой Цүндээлэй 4.png
“ДИНЗА ЦОНДООЛОЙГ АВАРСАН НЬ” хүүхдийн жүжгийн тухай - Urlag.mn

「モンゴルの漫画はどこへ行く?」という記事。
モンゴル漫画の歴史が紹介されていて興味深い。
特に、冒険RPG要素を感じる「ノグン」(Ногун)が気になる。
Монголын комиксын хөгжил хаана явна вэ? - GoGo News

こちらが「ノグン」です。
Ногун.jpg
Шинэ жилийн хамгийн ухаалаг бэлэг бол ... - Мэдээлэл - Lag.mn

Ногун 2.jpg
Ногун - Babystar.mn

Ногун 4.jpg
“Ногун” цуврал комиктой уулзаарай - News.mn

アニメーションは、コミックスの販促用コマーシャルでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=fZ_LFW2yQMw
タグ:モンゴル
posted by Satos72 | ├ モンゴル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

ボンゴ(Бонго)モンゴルの子ども番組

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11871892714.html
2014年6月7日

《転載開始》

Бонго 4.jpg

画像はコチラから拝借↓
Бонго, Можух нарыг хуулбарлажээ - www.news.mn

《歌》
http://www.youtube.com/watch?v=4K15g6SFgQk


《3DCG映像》
http://www.youtube.com/watch?v=wYdsrDCNNuk


《Facebook》
Бонго - Facebook

青い子鬼(?)ゴブリン(?)のボンゴが主人公の、
着ぐるみによる子ども番組。

「ボンゴ」と言えば、ディズニーの
「子ぐま物語/ボンゴ」
(ファン・アンド・ファンシーフリー Fun And Fancy Free)
を思い出しますが、勿論無関係です。

ボンゴは、右足にしか靴を履いていない、という設定の様です。

「Бонго」はポピュラーな言葉なためなのか、
「Бонгын」の方が検索で色々と情報が出やすいですね。

漫画版もあるのですが、漫画の方が先なのか?番組の方が先なのか?
その辺りは不明です。

Бонго 1.jpg

Googleの画像検索では、
漫画の表紙の第1巻と第7巻と思われる画像を見ましたけど、
第2〜6巻の画像は見つけられませんでした。

Бонго 2.jpg

お〜い!!
大事なところが見えてるよ〜!!
いかにも、1980年代の「コミックボンボン」の様なノリ?

《転載終了》
タグ:モンゴル
posted by Satos72 | ├ モンゴル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集