2018年04月15日

ポムポムものがたり(Pom Pom meséi)と、ハンガリーのマスコット特集

https://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12367746723.html
2018年4月14日

《転載開始》

Pom Pom meséi_1.jpg
※セキュリティソフトで「悪意のある」と出たサイトからの画像なので、リンク貼らず。
 
Pom Pom meséi_2.png
Pom Pom meséi - PORT.hu
 
【脚本】(Író)
チュカーシュ・イシュトヴァーン(Csukás István)
シャイディク・フェレンツ(Sajdik Ferenc)
 
【監督】(Rendező)
ダルガイ・アッティラ(Dargay Attila)
 
【制作所】(Gyártó)
パンノーニア映画スタジオ(Pannónia Filmstúdió)
 
【放送局】
M1、M2、Minimax
Pom Pom meséi - Wikipedia
Pom-Pom meséi (TV Series 1980– ) - IMDb
 

Pom Pom meséi_4.jpg

やっとこのアニメーションを取り上げる事ができました。
基本設定がユニークなんですよね。
 
意思を持った髪の毛と
ピツル(Picur)という名の女の子の交流を描いた作品です。
 
ドロロンえん魔くんの「シャポーじい」のように、
意思を持った帽子というのはありますが。
 
「意思を持った髪の毛」という設定は、
日本ではホラーものにありそうな気はします。
 
放映期間は1980年から数年間の様です。
 
なんと、絵本化もされています。
Pom Pom meséi_3-.jpg
Pom ​Pom meséi (könyv) - Csukás István | Rukkola.hu
 
アニメ版もそうですけど、
パステル調の優しい色彩がお気に入りです。
アニメが先なのか、絵本が先なのかは分かりませんけど。
 
話は変わって、ハンガリーのマスコットの数々をご紹介します。
 
Vágányember.jpg
Kabalafigurát MÁV.jpg
Pusztító kabalafigurát választott a MÁV | Válasz.hu
 

「ハンガリー国鉄は壊滅的なマスコットを選んだ」と題する記事。
 
「線路マン」(Vágányember)という、
スーパーマンの様なマスコットが評判悪くてすぐに消えていったという。
 
2枚目の画像は、その他の候補者たちでしょうか?
個人的には、一番右下のほのぼのあらいぐま?がいいと思います。
 
下段中央やや左の獣人娘は、ケモナーウケしそう?
その中の3種の画像のうちの真ん中は、日本のイラストっぽい?
 

Bol-Dog.jpg
Index - Sport - Gyárfás: Bol-dog kimúlt - Index.hu
 
お次は、2017年世界水泳選手権
(2017-es úszó-világbajnokság)
のマスコットとして一度は起用されたものの、
色々あって変更になって消えていったという
「ボルドッグ」(Bol-Dog)
というマスコット。
 
名前の由来は「幸せ」を意味する「Boldog」(ボルドグ)
モデルはマルチーズではなく、
ハンガリー固有種のモップイヌ「プリ」(Puli)だそうです。
Puli.jpg
What is a Puli? | the poodle and the puli
 
情報は、ハンガリー事情に詳しいPiroskaさんより→twitter
 
で、結局マスコットは何が選ばれたのかというと…
 
Lili és Lali.jpg
Vizes vb 2017 - Water Lili és Water Lali lesz a kabalák neve - Haon
 
「リリとラリ」(Lili és Lali)
です。
 
Judoggy.png
近代柔道 - Twitter
 
2017年世界柔道選手権大会
(2017-es cselgáncs-világbajnokság)
のマスコットは、
「ジュウドウギー」(Judoggy)くんだそうですが、
本当に「ジュウドウギー」と言う発音なのか?
 
というわけで、ここで失礼いたします。

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ハンガリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

フォキ・オットー(Foky Ottó)の人形アニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12247444668.html
2017年2月17日

《転載開始》

ハンガリーは、日本でも存在感の大きい国ですが、
意外とそのアニメーションについて日本で余り語られていない印象。

ハンガリーについて日本で語られる場合、
クラシック音楽が多い印象(「ハンガリー舞曲」とか)。

絵画では、ムンカーチ・ミハーイ(Munkácsy Mihály)とか。

弊ブログでもたまにハンガリーのアニメーションを紹介していますが、
他の日本の方が紹介している事が極めて少ない。

ハンガリーのアニメーションを紹介している日本のサイトがありますが、
せいぜいそこ位だったり。

そんなわけで、久々のハンガリーアニメーションです。

TV maci_1.jpg
Minden, amit tudni akartál a TV Maciról - Style.hu

1964年に放送開始された(1963年という情報もあり)、
『おやすみまえのおはなし』
Esti mese
という夜の子ども番組に、
「星の王子さま」を彷彿とさせるパジャマを着た、
『テレビこぐまちゃん』
TV Maci
というキャラクターが人形アニメーションで出てきます。
TV Maci - Wikipedia Magyar

この寝ぼけ眼の表情がたまらないです!!

「ミーシャ」(Олимпийский Мишка)
「コラルゴル」(Colargol)
辺りがお好きな方は絶対注目した方がいいですよ!!

人形アニメーションの作者は、
フォキ・オットー(Foky Ottó)と言いますが、
残念ながら、2012年にお亡くなりになられています。
享年85なので、長生きと言えば長生きですが。
Foky Ottó - Wikipedia Magyar

で、お亡くなりになられる少し前に撮影されたと思われる、
ハンガリーのテレビ番組の映像が、YouTubeに出ておりました。
https://www.youtube.com/watch?v=1aIuRA2dr5M


TV maci_2.jpg

TV maci_3.jpg

実はですが、
私がフォキ・オットーのアニメーションを初めて知ったのは、
もっと以前なのですが、この仔熊ではありません。

Foky Ottó.jpg
Index - Kultúr - Meghalt Foky Ottó animációsfilm-rendező - Index.hu

『リスのミシのぼうけん』(1980年)
Misi Mókus kalandjai
というのですが、真ん中に立っている人形がそれです。
(それにしてもオットーさん、渡辺宙明に似ている?)

テルシャーンスキ・イェージ・イェネー(Tersánszky Józsi Jenő)
作の物語が原作。

https://www.youtube.com/watch?v=xwdvnH7FjJA


Misi Mókus kalandjai_1.jpg

このキャラクターを初めて見た時、
絶対に日本人にウケると思いました。

拡散力のある方がTwitter辺りで紹介すれば、
メジャーになる気もします。

それと、オットーさんと一緒に写っている人形の一番右のは、
『ネコのミール=ムールのぼうけん』
Mirr-Murr kandúr kalandjai
シリーズの主人公、ミール=ムールくんです。

物語の作者は、チュカーシュ・イシュトヴァーン(Csukás István)です。

Mirr-Murr.jpg
Mirr-Murr kandúr kalandjai 3.évad 01.rész, mirr, murr - Videa

話を元の『テレビこぐまちゃん』に戻しますと、
『おやすみまえのおはなし』には、
他にも幾つか熊が出てくる様です。

TV maci_4.jpg
tvmaci - Bálint Ágnes honlapja

熊の女の子と思われますが、大胆ですね!!

ケモロリが反応しそうです(?)。

昔は女の子のパンチラ描写が普通にありましたし、
大らかな時代だったと言えば言えます。

今では「まなざし村」がどうのこうので叩かれるのでしょうか?

初めは、黄緑色のパジャマのこぐまと同一キャラなのかと勘違いし、
実は女の子だったのか?と思ってしまいました。

『おやすみまえのおはなし』は現在も続いているのかどうかは不明ですが、
最近のものと思われるものがYouTubeに出ており、
子熊の兄妹になっています。
https://www.youtube.com/watch?v=2HJIyUTXPQQ


TV maci_5.jpg

フィッシャー・フェレンツ(Fischer Ferenc)という人が制作したそうです。

ちなみに、兄のこぐまを見て、
自作の漫画『熊太くん』を思い出してしまいました…。

熊太君 大人編@ ダメ男なりにガンバルッ!! 2015.7.7 - 部分.jpg
【漫画】熊太君 大人編@ ダメ男なりにガンバルッ!!
(2015年7月8日)

おあとがよろしいようで…。

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ハンガリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

『人間の悲劇』アニメ版(Az ember tragédiája)ハンガリーのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11482871229.html
2013年3月4日

《転載開始》

Az ember tragédiája_1.jpg

【原作】(Író)
『人間の悲劇』(Az ember tragédiája)
マダーチュ・イムレ(Madách Imre)
【監督】(Rendező)
【脚本】(Dramaturg)
ヤンコヴィチ・マルツェッル(Jankovics Marcell)
【スタジオ】(Gyártó)
アルテアム製作所(Arteam Produkciós Iroda)
フォーカス・フォックス・スタジオ(Focus - Fox Studio)
コダック映画研究所・ハンガリー(Kodak Cinelabs Hungary)
ハンガリー映画研究所(Magyar Filmlaboratorium)
ハンガリー漫画映画製作所(Magyar Rajzfilm Produkciós Iroda)
パンノーニア映画スタジオ(Pannónia Filmstúdió)

【公式サイト】mozinet
http://www.mozinet.hu/index.nof?o=0&nyelvid=1&k1=105&k2=143
【資料】
Az ember tragédiája (2011) - IMDb
Jankovics Marcell (rendező) - Wikipedia Magyar

予告編(Trailer)
http://www.youtube.com/watch?v=5B0HqbHfcBg


ハンガリーの文学者、マダーチュ(マダーチ)・イムレ
によって1862年に発表された『人間の悲劇』を、
以前紹介した長編アニメ『白馬の子』(Fehérlófia, 1981)
を監督した、ヤンコヴィチ・マルツェッル(マルツェル)が、長編アニメ化。

私の調べた限りによる、唯一の日本語での紹介記事↓
アニメ『人間の悲劇』(ハンガリー文化センター)
http://src-hokudai-ac.jp/hungary/tips/amulthet20121009-1015.html
『人間の悲劇』については内容を知らなかったのですが、
上のリンク先の頁によって、粗筋が分かりました(ネタバレ注意!!)。
「ハンガリー文学の金字塔」だそうで、
今岡十一郎によって翻訳もされているそう。

物語は、失楽園(アダムとイヴ、ルシファーの追放)から始まる。
神から見放された三人は、人類の各歴史を旅してゆく。
ルシファーはアダムのよき相談役として、
イヴは希望の象徴として描かれる。
アダムは、人間の偉大なる進歩、進化の可能性を夢見ていたものの、
人間の辿る歴史を見ていくと、偉大さではなく、
悲劇に見舞われている事を知る事になり、絶望感に陥る!!しかし・・・

非常に重い哲学的な内容なのですが、それが、
ヤンコヴィチによって、1988〜2011年という長い年月を掛け、
それなりの高い完成度をもって完成されたそうです。
まず、脚本は1983年に書かれたそうで、それも合わせれば、
30年近くも掛けられたわけです。

15に分けられた各歴史が、それぞれ異なるタッチ、色彩によって描かれ、
非常に視覚に訴えられた作品となっているそうで、
工夫がとても凝らされている力作です!!

ハンガリー国際アニメーションフェスティバルで
金賞(Az Arany Pálma)を受賞したそうですが、
その「ハンガリー国際アニメーションフェスティバル」
の具体的な名称がよく分かりません。
恐らく『ケチケメートアニメーション映画祭』>
(Kecskeméti Animációs Filmfesztivál, KAFF)と思われますが、
ネット上の情報が錯綜していてよく分かりません。

いずれにしても、凄い見応えありそうですね!!
全編見てみたい!!

DVD化されています。
Az ember tragédiája (2011) - Blu-ray - dvdbluray.hu
ロシア版(Трагедия человека)
Az ember tragédiája (The Tragedy of Man) (2011) - HDClub



因みに、1969年には『人間の悲劇』が実写映画化されています。
(DVD化済み)

【監督】
スィネタール・ミクローシュ(Szinetár Miklós)
【キャスト】(Szereplő)
アダム(Ádám):フスティ・ペーテル(Huszti Péter)
イヴ(Éva):モール・マリアンナ(Moór Marianna)
ルシファー(Lucifer):メンシャーロシュ・ラースロー(Mensáros László)
Az ember tragédiája - Film Mania
Az ember tragédiája - Madachviziok.uw.hu



【参考画像】2017/3/2

Az ember tragédiája_2.jpg
E küzdés maga – Jankovics Marcell: Az ember tragédiája (2011) - FilmDROID

Az ember tragédiája_3.jpg

Az ember tragédiája_4.jpg

Az ember tragédiája_5.jpg

Az ember tragédiája_6.jpg


《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ハンガリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集