2017年03月05日

グラジナ・ブラシシュキーテ(Gražina Brašiškytė)リトアニア初期のアニメーター

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11466637487.html
2013年2月26日

《転載開始》

Gražina Brašiškytė.jpg

キリル文字表記
Гражина Брашишките

このアニメーターについては、
4〜5年も前にその存在を知っていたのですが、
今頃になっての紹介です。
というのも、情報についてよく把握出来なかったからです。

こちらの、リトアニア語によるリトアニアアニメーション史の頁で知りました↓
2008-03-31-animacija LT::Vasaros sniegas
資料的価値がとても高いです!!
この頁の、最も最初に紹介されているリトアニア人アニメーターが、
グラジナ・ブラシシュキーテ(1926-1983)です。

リトアニア人アニメーターとは言うものの、
リトアニアでアニメーションを制作していたわけではなく、
ロシアで活躍していました。



『魔法をかけられた少年』(1955)
(Заколдованный мальчик, Užburtas berniukas)
Заколдованный мальчик - Wikipedia, Русский
リトアニア語版映像
http://www.youtube.com/watch?v=WSqC4EyWU0I


Заколдованный мальчик.jpg

『ドラゴン』(1961)
(Дракон, Drakonas)
Дракон (мультфильм) - Wikipedia, Русский
リトアニア語版映像
http://www.youtube.com/watch?v=IxhP7W5S8P8


Дракон.jpg

『ごきぶり大王』(1963)
(Тараканище, Tarakonas)
Тараканище (мультфильм, 1963) - Wikipedia, Русский
リトアニア語版映像
http://www.youtube.com/watch?v=_3AgYN4741o


Тараканище.jpg

などの、美術監督(Художник-постановщик)を務めたそうです。



『魔法をかけられた少年』は、スウェーデンの文学者、
セルマ・ラーゲルレーヴ(Selma Lagerlöf)の児童文学作品である、
『ニルス・ホルゲションの素晴らしきスウェーデン旅行』
(Nils Holgerssons underbara resa genom Sverige)
を原作としていますが、日本では『ニルスのふしぎな旅』で有名です。
http://www.dailymotion.com/video/xjtsoh_yyyyyyyyy-op-ed_music

ニルスのふしぎな旅 OP ED 投稿者 anitokuoped
つまり、ロシア版『ニルスのふしぎな旅』なわけです。
美術監督の名前には複数の名前が出ており、
ブラシシュキーテがどの絵を担当したのかは不明。
監督は、ヴラジーミル・イヴァーノヴィチ・ポルコヴニコフ
Владимир Иванович Полковников(1906-1982)



『ドラゴン』は、
ビルマの民話を基にしたアニメーションだそうです。
民衆は、邪悪なドラゴンの住む城からの
略奪とも言える取立てに苦しんでいた。
今まで、数多くの勇敢な戦士が
ドラゴンを退治するために城に赴きましたが、
誰も倒す事が出来ませんでした。
そんな時、祖父と二人暮らしをしていた少年が、
亀から貰った魔法の剣を手に龍退治に赴きます。
そこで少年は、驚くべき秘密を知ることになりました。
その秘密とは・・・。
欲望に囚われる事に対する教訓的な内容です。
誰でも、暗黒面に囚われてしまう危険性があります。
こちらも、美術監督の名が複数出ており、
ブラシシュキーテはその中の一人。
因みに、監督を務めた人も女性です。
アレクサンドラ・ガヴリロヴナ・スネーシコ(スネシュコ)=ブロツカヤ
Александра Гавриловна Снежко-Блоцкая(1909-1980)



『ごきぶり大王』は、動物たちが色々出てくるので、
見た感じ『ジャングル大帝』を彷彿とさせます。
コルネイ・イヴァーノヴィチ・チュコフスキー
(Корней Иванович Чуковский)
が書いた風刺的物語のアニメ化。
ゴキブリ一匹に怯える動物たち。
ゴキブリが苦手な人は少なくないですが・・・。
コチラでは、美術監督をブラシシュキーテだけが担当しているようです。
監督は、『魔法にかけられた少年』と同様、ポルコヴニコフ



他にも
『おぼえている・・・』(Я вспоминаю...)1975
Я вспоминаю... (1975) - Kinofilms.tv
『おなじみの顔』(Знакомые лица)1966
Мультфильм Знакомые лица - Megogo
『遠くの島々の秘密』(Тайна далекого острова)1958
Тайна далекого острова (1958) - Кино-Театр.РУ
『ヴェルリオーカ』(Верлиока)1957
Верлиока (1957) - Кино-Театр.РУ
など、色んなアニメの美術に携わっています。



とは言うものの、結局はロシアのアニメの美術に、
リトアニア人が関わっているに過ぎません。
本格的なリトアニアのアニメーションは、
アンタナス・ヤナウスカス(Antanas Janauskas)
ゼノーナス・タラケヴィチュース(Zenonas Tarakevičius)
辺りからの様です。
これらの作家についても、後日紹介するかも知れません。

《転載終了》
posted by Satos72 | └ リトアニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

リトアニア警察のマスコットと、防犯防災アニメ

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11866311621.html
2014年5月31日

《転載開始》

Policijos bičiulis Amsis 1.jpg

Policijos bičiulis Amsis 2.jpg

《公式サイト》
http://www.amsis.policija.lt/

《リトアニア警察のサイトによる、マスコット紹介頁》
http://www.policija.lt/index.php?id=3570

歩行者の通過
Pėsčiųjų perėja
http://www.youtube.com/watch?v=WGEoaOWszqQ


留守番の女の子
Budri mergaitė
http://www.youtube.com/watch?v=RxVkGl7Le4A


路上の安全
Saugus gatvėje
http://www.youtube.com/watch?v=Sbghk_4qWAA


チョコレート
Šokoladukas
http://www.youtube.com/watch?v=budMvks8S48


暗い夜
Tamsus vakaras
http://www.youtube.com/watch?v=rolpADY3LQk


アムスィスが路上で子供たちに交通安全を教えています
Saugiai elgtis gatvėje vaikus moko Amsis
http://www.youtube.com/watch?v=ULnLTSCdlt4




リトアニア警察のマスコットは犬さんで、
『Policijos bičiulis Amsis』と言うのですが、
直訳すれば「警察のおともだち アムスィス」といった意味になるでしょうか。

「bičiulis」は「友達」を意味します。



ピーポくんとコラボさせたイラストでも描きたい衝動に駆られています!!



因みにリトアニアは、
交通事故率がヨーロッパでも高い事はよく知られています。
リトアニアの治安は大丈夫なの?:バルト海の砂漠 世界遺産クルシュ



こちらは、3DCG版です↓

Policijos bičiulis Amsis 5.jpg



リトアニア専門グッズのサイトより
グッズには、アムスィス(アムシス)
のキーホルダーやワッペン等があります↓
しかも、日本語頁まであります(欲しいな〜)!!
塩化ビニール製品 - Cera

Policijos bičiulis Amsis 3.jpg

Policijos bičiulis Amsis 4.jpg



着ぐるみは、服を着ていません↓
画像検索すれば、子供たちの交通安全や防犯の啓発に、
大活躍しているのが分かります。
これからも、リトアニアの安全を守ってくださいね!!
„Maxima“ parduotuvėse – saugaus eismo pamokos - Maxima.lt

Policijos bičiulis Amsis 6.jpg


《転載終了》
タグ:リトアニア
posted by Satos72 | └ リトアニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

「黄金の馬」「石と蒸気の都市」リトアニアのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12044860270.html
2016年3月1日

《転載開始》

Aukso žirgas, 2014.jpg
Buvau Kine – Aukso žirgas

Zerta Zirgs, 2014.jpg
Animācijas filma "Zelta zirgs" - Pastāvēs, kas pārvērtīsies

黄金の馬(2014年)
リトアニア語題: Aukso žirgas
ラトヴィア語題: Zelta zirgs
英題: The Golden Horse

・原作者
ライニス(ヤーニス・プリエクシャーンス)
Rainis(Jānis Pliekšāns)

・監督(Režisierius)
レイニス・カルナエッリス(Reinis Kalnaellis)

・脚本(Scenarijaus autorės)
スィグネ・バウマネ(Signe Baumane)

・時間(Trukmė)
75分(minutės)

・スタジオ(Studija)
リヤ映画(Rija Films)
ヴィラニモス映画スタジオ(Vilanimos Filmu studija)
ポール・ティルトジュ配給(Paul Thiltges Distributions)
コペンハーゲン・ボンベイ(Copenhagen Bombay)

・資料
News ≪ rijafilms.lv
The Golden Horse (2014) - IMDb
Buvau Kine – Lietuviško animacinio filmo „Aukso žirgas“ anonse

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=oJvM2I4FCbc


リトアニアのアニメーション
警告信号(Perspėjimo Signalas, 1987)リトアニアのアニメーション
2015年3月25日

を紹介したついでに、
最後の方で軽く紹介した長編アニメーションですが、
改めてきちんと紹介したいと思います。

原作者は、ライニス(Rainis, 1865-1929)という筆名の、
ラトヴィアの劇作家、詩人、翻訳家で、
本名は、ヤーニス・プリエクシャーンスというそうです。
Rainis - Wikipedia Latviešu

内容は、7年間捕われの身となっている姫を、
黄金の甲冑に身を包んだ英雄が救出するというもので、
題名は、馬にも黄金の防御が施されている所から
来ているものと思います。

このアニメーションは、
リトアニア、ラトヴィア、デンマーク、ルクセンブルク
が制作していると、映画情報サイトには出ております。

カテゴリーは一つしか選べないので、
ラトヴィアのアニメーションに入れれば良いのか、
リトアニアのアニメーションに入れれば良いのか、
迷ったのですが、「IMDb」も「Buvau Kine」も、
リトアニアを一番先頭に表示していますし、
画像検索でも、リトアニア版のポスターの方が、
ラトヴィア版のポスターよりも多く出ていましたので、
リトアニアのアニメのカテゴリーに入れました。

原作者も、監督も、脚本も、ラトヴィア人なので、
それが引っ掛かってはいるのですが。





Akmens ir Garo Miestai, 1.jpg
Akmens ir garo miestai (2015) - IMDb

Akmens ir Garo Miestai, 2.jpg
Twitter

石と蒸気の都市(2015年)
リトアニア語題: Akmens ir garo miestai
英語題: Cities of Steam and Stone
(※英題では「蒸気と石の都市」)

・原作者
アンドリウス・タピナス(Andrius Tapinas)

・監督
トーマス・ミトクス(Tomas Mitkus)

・脚本
リーティス・ミトクス(Rytis Mitkus)

・スタジオ
スタジオ・ミトクス(Studio Mitkus)

・時間
13分

・資料
Akmens ir garo miestai (2015) - IMDb

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=UrKv_1lg4_g


https://www.youtube.com/watch?v=IqzRf4RD-Ac


最近たまたま見つけたアニメーション。

劇画調でSF的要素もある、
スチームパンクのアニメーションという事で、
興味を惹いたのですが、
(大友克洋の「スチームボーイ」を思い出しました)
時間は13分と短めである上に、
アニメーション技術もそんなに手馴れていない印象は受けます。

まだまだこれから伸びて行く注目株なのかも知れません。

内容ですが、パラレルワールドのヴィリニュスが舞台で、
時代設定は、20世紀初頭。

コレラ罹災者の墓地での殺人事件を追求するというものの様です。

原作者は、アンドリウス・タピナス(Andrius Tapinas)という、
1977年生まれのリトアニアのSF作家だそうで、
原作本は、2013年に発表された、
『狼の時刻』(Vilko valanda)という小説で、
2013年度のリトアニアの本大人部門最優秀賞を受賞したそうです。
(英題は「Hour of the Wolf」)
Vilko valanda - Wikipedia Lietuvių

Hour of the Wolf.jpg

実は、スウェーデンにも、
同じ題名の超現実的サイコホラー映画があるのですが、
原題は「Vargtimmen」なので、問題は無いと思います。
Vargtimmen (film) - Wikipedia Svenska

要は、題名を英訳すると、
どちらも「Hour of the Wolf」になってしまうわけです。





というわけで、忙しいのでこの辺で失礼いたします。

《転載終了》
posted by Satos72 | └ リトアニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集