2017年02月08日

台湾のコミケ『Fancy Frontier』

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12244702214.html
2017年2月4日

《転載開始》

えー実は、この2月に台湾旅行を計画していたのですけど、
妖怪イベント参加とその準備のため、
どうにも無理であると分かりました。

では何故、2月に行こうとしていたのかというと、
台湾のコミケの存在を知ったからです。

元々は、
台湾北西部の新竹県を走る内湾線という台湾鉄道の支線沿線が、
「台湾の手塚治虫」の異名を取ると言われているらしい、
劉興欽さんの出身地である事にちなんだのか、
漫画アニメでまちおこししているらしいとの情報を得たため、
その確認のために行こうと思い、
ついでに台湾のコミケにも行ってみようかなと思った次第ですが、
延期となりました。

『新竹縣台灣漫畫夢工場』
(新竹県台湾漫画夢工場)
というのですが、昔フジテレビも人気が今よりも健在だった頃
「夢工場」というイベントをやっていましたね(懐かしい…)。

新竹縣台灣漫畫夢工場.jpg
新竹縣台灣漫畫夢工場觀光資源解說人員培訓課程即將開訓| aniarc.com

トキワ荘のあった周辺を漫画の聖地にしていますけど、
何だかそんな感じです。

台湾のコミケというのは、
『Fancy Frontier 開拓動漫祭』
と呼ぶもので、2002年に第1回目が開催され、
今年2月をもって29回目となるそうです。

Fancy Frontier29.jpg
Fancy Frontier 開拓動漫祭

主催は、台湾のアニメ情報誌「月刊FRONTIER」と、
「台灣動漫畫推廣協會」(台湾動漫画推進協会)
だそうです。
Fancy Frontier 開拓動漫祭 - Wikipedia

日本からの参加者も結構いらっしゃる様で、
ゲストとして日本の声優、三上枝織も招待されています。

ちなみに、「台湾版ゴジラ」というのがあるんです。

『新吉拉』(シンジラ)
というのですが、
デザインしたのは何と日本人の西川伸司さんです!!

新吉拉.jpg
新吉拉 - aniarc news 動漫新聞

「新しいゴジラ」だから「シンジラ」ですかね?

初めこのキャラを見た時、
ポケモンの新キャラかと勘違いしてしまいました。

前述の内湾線のラッピング車輌にもなったりしているのですが、
逆輸入的に日本で話題になったりとかは、意外と余り無い様です。

というわけで、忙しいのでこの辺までにしておきます。

《転載終了》

2016年11月09日

ネオエキスポ(NeoExpo)メキシコのオタク祭り

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11747358473.html
2014年3月14日

《転載開始》

Neoexpo 1.jpg

Neoexpo 2.jpg

《開催場所》
テクミレニオ大学(Universidad Tecmilenio)
http://tecmilenio.mx/
シウダー・フアレス(Ciudad Juaréz)>

《2013年度の会期》
2013年10月19〜20日

《資料》
https://es-es.facebook.com/events/393542127440649/?source=1

NeoExpo 2013 primera parte | Harry
冒頭に「ゼルダの伝説」の主人公リンクの色違いによる
複数人数のコスプレ!!
http://www.youtube.com/watch?v=mPG-UPKdzyY


NeoExpo 2013 Tercera parte (Final) | Harry
冒頭に出てくるのは、「メトロイド」の主人公サムスのコスプレか?
http://www.youtube.com/watch?v=em423WqTCrk


以前、メキシコの『オタクフェスト』(Otakufest)
というオタク祭りを紹介しましたけど、
今回紹介するのも、メキシコのオタク祭りです。

メキシコでは、日本のアニメや漫画が大人気なのでしょうか?

そうとしか思えません。

メキシコには、これらとは別に、
「コノマ」(CONOMA (Cosplay No Matsuri))という、
コスチュームプレイに特化したイベントもある様です。
(これについては、後日紹介します)

ちなみに、「ネオエキスポ」のマスコットは、メカパンダです↓
Neoexpo 3.jpg

開催場所であるテクミレニオ大学の外観はこうです↓
Neoexpo 4.jpg

メキシコのオタク達と交流が出来れば、と思いました。

彼らも、私達に興味あると思います。

オタクの本場の国の人なのですから。

オタクとは無関係そうな人でも、
「えっ!?」と思う事をしてしまうのですから。
おじいちゃんが孫のために作った「Zガンダム」
木製模型のクオリティが高すぎると話題に - 痛いニュース
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1790613.html

それにしても、海外のオタクイベントのポスターには、
「NARUTO」「ドラゴンボール」「ポケモン」
のキャラの登場確率が高いですね。

《転載終了》

2016年03月27日

コノマ(CONOMA)メキシコのアニメ祭り

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11796185219.html
2014年7月19日

《転載開始》

Conoma 1.jpg

Conoma 2.jpg

コノマ - コスプレのまつり
CONOMA(Cosplay No Matsuri)

《Facebookのページ》
https://es-la.facebook.com/events/431552216977808/

《開催場所》
エルモシージョ調和芸術センター
Centro de las artes UNISON - Hermosillo

CONOMA 2014
http://www.youtube.com/watch?v=-7jGEJXnzWw


Cosplay No Matsuri 2013 ! ~Documentalito~
http://www.youtube.com/watch?v=pk_iLB3DyH4

メキシコは、日本の漫画やアニメのファンが多い様で、


所謂「オタク文化」の盛んな所の様です。

以前にも、弊ブログで『オタクフェスト』(Otakufest)や、
『ネオ・エキスポ』(NeoExpo)を紹介しました。

今回紹介するイベントも、そのオタク系イベントではありますけど、
「コノマ」というのは「コスプレの祭り」の略なので、
「コスチュームプレイ」に特化したもなのでしょうか?

と思って調べてみたところ、私が調べた範囲内では、
特に、コスプレだけに限定されているわけではない様で、
他のオタク・アニメイベントと
そんなに変わらない印象は受けました。

名前が名前なので、
コスプレに特に力を入れている所はあるのだろうか?
と一瞬思ったりもしましたが、
外人さんは往々にして大雑把だったりするので、
(民族性や国民性の違いはあるとは思いますが)
そんなに深く考えてはいないのかも知れない、
等とも思ったり。

残念ながら、今年のコノマは、3月15日開催で、既に終了しています。
Anime Nippon-Jin (アニメ日本陣)



韓国が、コノマにも関わり込んでた様です↓
http://www.youtube.com/watch?v=3VgKIbTYHCI
フランスの「ジャパンエキスポ」の時みたいに、
イベントの邪魔をしてこなければ別にいいんですが・・・。

《転載終了》
リンク集