2016年02月14日

ローマの皇女(شاهزاده روم)イランのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12127265242.html
2016年2月11日

《転載開始》

شاهزاده روم.jpg

《ペルシャ語題》
شاهزاده روم
《アラビア語題》
أميرة الروم
《英題》
Princess of Roma

《監督》(کارگردان)
《脚本》(نویسنده)
ハーディー・ムハンマディアン(هادی محمدیان)

《時間》(مدت زمان)
76分(۷۶ دقیقه) - ペルシャ語とアラビア語のWikipedia
75分(75 min) - 英語のWikipedia, IMDb

《公開》(تاریخ‌های انتشار)
2015年5月7日

《資料》
Princess of Rome - Wikipedia English
Princess of Rome (2015) - IMDb

《公式サイト》
http://www.princessofromemovie.com/?lang=en

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=GQ786hmC5Rk


イランの劇場用3DCG長編アニメーションですが、
既に昨年(2015年)5月に公開されているそうです。

Wikipedia英語版によれば、同年2月に、
第33回ファジル国際映画祭
33rd Fajr International Film Festival
جشنواره بین المللی فیلم فجر‎‎
でも公開されているそうですが。

物語の概要ですが、
9世紀における、ビザンツ帝国の皇女、
メッリカ(Mellika)の波乱に富んだ人生を描いたものの様です。

「ローマの皇女」というのは、
ユリウス・カエサル(シーザー)の子孫だからという事の様です。

皇女の名前は、資料によっては、
「メリカ」(Melika)「マリカ」(Malika)「マッリカ」(Mallika)
と、綴りがマチマチですが・・・。

この皇女が、バグダッドに移り、
イマーム・マフディの母、救い主の母となるのだそうですが、
イマーム・マフディ(امام مهدي‎)というのは、
ムハンマド・ムンタザル(محمد المنتظر‎‎)の事を言うそうです。
ムハンマド・ムンタザル - Wikipedia

念のため言っておきますが、私は「無宗教」ですので、
どこまで内容を理解出来るか分かりません。
よって、間違いとかあるかも知れません。

ムハンマド・ムンタザルは、
アリー・イブン・アビー・ターリブ(عليّ بن أبي طالب)
の12代目の子孫だそうですが、そのアリーという人物は、
イスラム教の開祖ムハンマドの父方の従弟だそうです。
アリー・イブン・アビー・ターリブ - Wikipedia

そのアリーは、シーア派に尊崇されているそうですが、
シーア派と言えば、イランの国教なので「なるほど」と思いました。

シーア派にも色々あるそうですが、
シーア派最大の宗派が、「十二イマーム派」であり、
シーア派というと大抵コレを指すそうです(イランもそうですね)。
十二イマーム派 - Wikipedia

十二イマームという名前は、
歴史上12人のイマーム(シーア派指導者)
が現れたことによるそうです。

「イマーム・マフディ」というのは、
「隠れイマーム」という意味だそうですが、それは、
第12代目のイマームである、
イマーム・マフディ(ムハンマド・ムンタザル)が、
忽然と姿を消したからだそうです。
(第11代目のイマームである父が没した時、未だ5歳だったそう)

十二イマーム派は、それを、救世主として再び現れるために、
神によって隠されているのだと信じているそうです。

しかし、多くのスンナ派ムスリムや学者等は、
ムハンマド・ムンタザルの存在そのものを疑問視しているそうです。

前掲の「ムハンマド・ムンタザル」のWikipedia頁には、
ムンタザルの母に関する記述もあり、それが奇遇にも、
今回紹介のアニメーションの概要にも繋がっているのが興味深い。

以下に引用します。

ムハンマドは868年、
ハサン・アスカリーを父として生まれた、とされる。

母はナルジス(あるいはマリカ)と伝えられ、
アラビアの地へと旅するために
奴隷に扮したビザンツ皇女であった[1]。

父ハサン・アスカリーは第11代イマームとされる。

伝によればムハンマドの誕生は
当時のアッバース朝カリフ・ムウタミドの手になる
シーア派迫害を避けて秘された[2][3]。

「ナルジス」(نرجس)のWikipedia頁もあります。
Narjis - Wikipedia





イランのアニメーションの紹介は凄い久々で、
以前紹介したのは、4年近くも前です。

以下に、これまで紹介したイランアニメを列挙します。
パラガルース(پالاگالوس)(Palagaloos)イランのアニメーション
2012年8月7日
シャヒンとテイムール(شهين وتيمور)イランのアニメ
2010年7月12日
ヤルダ(شب چله)(Shab-e Chelleh)イランのアニメ
2010年3月2日
イランアニメ特集(Iranian Animations)
2009年01月05日





「イラン」と「アニメ」と言えば、
現存する「世界最古のアニメーション表現ではないか?」
とされる遺物もよく知られています。
イランで発見された世界最古のアニメ - GIGAZINE
CHTHO's Cultural Blunder and Documentary Production on World’s Oldest Animation
5200 years old Animation 1.jpg

1970年代に、イタリアの考古学者によって発見されたという、
5200年前のボウルに描かれたヤギの絵が、
アニメーションの一齣一齣を、
横に順に並べて行った様な図像なのです。

その図像をアニメーションにしたものがコチラ↓
5200 years old Animation 2.gif

コチラが現物↓
File:Animation vase 1.jpg - Wikimedia Commons
5200 years old Animation 3.jpg





「悪の枢軸国」などと呼ばれ、
ネガキャンの憂き目に遭っていたイランですけど、
実は「いい国」だという情報もあります。
イランは親日で治安は良い!しかし、メディアにプロパカンダされている
えーーっ!!??悪の枢軸イランはこんな国だった!!!
イランはとても良い国です-地球の歩き方 教えて!旅のQ&A 旅仲間募集掲示板
イランで数え切れない親切を受けて思う、核兵器を持たずに存在感を示して欲しいということ

マスコミ報道とネット情報は、
内容が真逆だったりしている事が少なくないので、
(シリア情勢なんかはその典型)
情報を只受身的に見るのではなく、自分で調べて、
考えるというのは、とても大事なのではないかと、
改めて思いました。

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集