2017年01月08日

勇者ボボイ少年(Jagoan Boboi Boy)インドネシアのカードバトルゲーム

元はマレーシアの3DCGアニメーションを
インドネシアの乳製品製造会社が販促宣伝に利用。

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12203244773.html
2017年1月7日

《転載開始》

2017年最初の記事は、インドネシアネタと行きます!!

まずは、1967年創業のインドネシアの乳飲料製造会社の
「インドミルク」(Indomilk)のご紹介から。
Indomilk - Wikipedia bahasa Indonesia

indomilk_1.jpg
INDOMILK VANILLA ≪ Muduvaali

indomilk_2.jpg
IndoMilk Kids Strawberry 125ml - bodustore.com

indomilk_3.jpg
ayumeilana: November 2010

マスコットの牛くんの爽やか笑顔がたまらない!!

ところが、インドミルクの日本での噂はどんなかというと…。

インドミルクはとっても調整乳的な味がして、
粉ミルクを飲んでるような気がします。
INDO MILKは日本人には飲めないのでしょうか? - じゃかナビ


例えば、これはIndomilk(インドミルク)。
どこのメーカーも、
お値段はだいたいRp12,000(日本円でおよそ110円)ぐらい。
でも、お母ちゃんに言わせると、
どれも粉ミルクの味がするんだって。
インドネシアのミルク事情 - バリ猫のつぶやき - Seesaa ブログ


というわけで、味は決して良いわけでは無い様です。

日本の食品は海外に比べて味が良いとは聞きます。

まあ、場所にも拠りますが。

例えばアメリカの食品は、量は多いけど大味だとか。
アメリカのチョコレート、あまり美味しくないですよね。
(全部がそうかどうかは知りませんが)

日本の場合は、食品添加物がやたらと多いという印象で、
こんなのわざわざ入れなくても良いのにと思う事は少なくありません。

インドのレトルトカレー「MTR」なんか、
余計な添加物は一切入っていないですし、
(単に表示されていないだけだったらどうしよう…)
味も良いし、輸入品なのに値段もそんなに高くありません。

話を元に戻します。

「最高のバナナ牛乳」(Epic Banana Milk)
という紙パックの乳飲料のCMがあるのですけど、
凄いバカバカしい事の為にわざわざ凄い労力を掛けている、
そんなところに凄い驚嘆いたしました。

https://www.youtube.com/watch?v=QWmlSdi7Liw


indomilk_4.jpg

バナナマンが、牛のバレリーナを持ち上げながら、
サーフィンするというものです。

メイキング映像も、YouTubeに出ていますね。

https://www.youtube.com/watch?v=nO4fArwZu7w


indomilk_5.jpg

ヘッドストラップ(GoPro Head)とドローンが当たるキャンペーンも。

indomilk_6.jpg
Kontes Video - EnjoyKuis.com

はい、ここからが、記事タイトルに出てくる
「勇者ボボイ少年」(Jagoan Boboi Boy)
のご紹介です!!

Boboi Boy_1.jpg
BoBoiBoy & Kawan-Kawan Widescreen, BoBoiBoy Halilintar!

元はマレーシアの3DCGアニメーションなのですが、
それを、インドミルクが販促のために、
ボボイボーイと提携してキャンペーンをやっている様です。

カードバトルの様ですが…。

https://www.youtube.com/watch?v=v34-19muvrU


Boboi Boy_2.jpg

それと、「ボボイボーイ」の制作にも、
やはり日本は関わっている様で…。
タカラトミー、マレーシアのアニメ制作会社と提携 : 日本経済新聞

日本で大きく報じられる事はあまり無いのですが、
海外のアニメーションに、
実は日本も関わっているという例は少なくありません。

または、海外のとある地域、人が、
片思い的に日本を思っている例なども。

「クールジャパン」とか言うのなら、
もっとこれらを宣伝すれば良いのにと思いますが。
(まあ最近「日本スゴイ」番組がやたらとありますけど)

そんなわけで、今年も珍しいもののご紹介に励みたいと思います!!

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

バトル・オブ・スラバヤ(Battle of Surabaya, 2014)インドネシアのアニメ

元記事に貼ったポスターに出てくる登場キャラクターがシルエットなので、
当記事の冒頭に、別のポスターも貼ります。

Battle of Surabaya 1.jpg
http://www.imdb.com/media/rm3645569024/tt2943352

Battle of Surabaya 2.jpg
http://www.imdb.com/media/rm1460719616/tt2943352

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11664418289.html
2013年11月2日

《転載開始》

Battle of Surabaya 3.jpg

【監督】(Sutradara)
アリャント・ユニアワン(Aryanto Yuniawan)
【脚本】(Penulis Naskah)
アリャント・ユニアワン
M・スヤント(M. Suyanto)
【スタジオ】(Studio)
MSVピクチャーズ(MSV Pictures)
【公開日】(Tanggal Rilis Perdana)
2014年4月15日(予定)
※公開日が資料によって食い違いあり。

【資料】
Indonesia's First 2D Animated Feature BATTLE OF SURABAYA To Be Released In Theatres In 2014
Battle of Surabaya (2015) - IMDb

公式予告編
http://www.youtube.com/watch?v=y91RHnVKvWg


『インドネシア独立戦争』を描く、インドネシアの長編アニメーション!!

massandoさん情報により知ったアニメーションです。

靴磨きの13歳の貧しい少年ムサ(Musa)が主人公で、
彼を通して、その模様が描かれます。

『インドネシア独立戦争』と言えば、
日本の支配から脱して独立を宣言したインドネシアに対し、
それを許さない旧宗主国のオランダが
舞い戻ってきてインドネシアと戦争し、
インドネシア側が勝利して真の独立を果たした戦いですけど、
『スラバヤの戦い』というのは、終戦直後の1945年11月に発生した、
インドネシアとイギリスとの間の戦争です。

終戦後、インドネシアには、オランダだけではなく、
イギリスも上陸してきました。
インドネシア側に対して武器引渡しを求める通告をしたところ、
それが、インドネシアの民衆を刺激し、宣戦布告と受け取られ、
イギリス軍に対する武力攻撃に繋がります。

元々イギリス軍部隊の派遣は、
日本軍人の武装解除と日本人の本国移送が目的で、
オランダとインドネシアとの間の独立問題には
不介入の立場だったそうですが、
もし言われた通りに武器を引き渡していたら、
インドネシアは独立出来なかったと思いますよ。

だって、オランダが再占領を狙っていたのですから。
武器を引き渡したら、念願の独立が不可能になるでしょ!!
インドネシア独立戦争 - Wikipedia



◎感想
このアニメは来年公開されるため、未だ全編を見る事が出来ません。
よって、予告編などの一部を見た限りの感想です。

まず、絵柄が日本の漫画やアニメからの影響を強く感じます。
恐らくそうなのでしょうね。

予告編には、広島に原爆が落とされる場面や、
(『はだしのゲン』を思い出しました)
日本人と思われる和服姿の人物も出ており、
かなり“日本”を意識しているなと感じました。

インドネシアの独立には、日本人も深く関わっております。
その関係もあると思われます。

それから、予告編の2:28辺りに、
忍者部隊の様な一団が一瞬出てきます。
特殊部隊なのかも知れませんが、何なのかとても気になります。
『NARUTO』から影響を受けている?

主人公が予告編で、
最後に「ムルデカ〜!!」(Merdeka!!)と叫びますが、
インドネシア語で「独立」を意味します。

話はちょっと変わるのですが、インドネシアには、
『スラバヤ・チョコ・デイズ』(Surabaya Choco Days)
という、オタクフェスティバルがあります。

日本の漫画やアニメが大好きなインドネシア人の為のイベントで、
コスプレしたりなどするそうです。

↓詳細はこちらを
スラバヤ・チョコ・デイズ(Surabaya Choco Days)インドネシアのオタクフェスタ

また以前、インドネシアのアニメをネットで探した事があるのですが、
これはと思うものを殆ど見つけられませんでした。
教育目的と思われるアニメを見つけた程度です。
それをブログで紹介しましたけど、
絵柄が日本の漫画アニメの絵柄でした。
大好きアッラー・大好きイスラム(Cintai Allah Cintai Islam, 2007)

日本の漫画やアニメの影響力は、インドネシアでも強力のようです。



◎民衆の前でアジっている人は誰?
予告編の映像中、マイクや民衆の前で演説をしている人物は、
ブン・トモ(Bung Tomo, 1920-1981)といい、
スラバヤの戦いを率いたインドネシアの英雄です。
本名は、ストモ(Sutomo)。>
【じゃらんじゃらん特集】 戦いを刻む英雄塔 スラバヤのトゥグ・パラワン (2013年06月07日)

なんと、11月10日は、『スラバヤ英雄の日』だそうです。
奇遇にももう直ぐではないですか。
スラバヤ市街にて、一斉攻撃を仕掛けてきた英印軍に対し、
ブン・トモ率いる部隊が「独立か死か」(Merdeka atau Mati)と呼号し、
勇敢に抵抗した日だそうで。
11月10日スラバヤ英雄の日のBungtomo

ブン・トモは、戦後の昭和32年5月に来日しており、晩餐会に於いて、
大東亜戦争に於ける日本の戦いを賞賛するスピーチを行ったそうです。
日本ではあまり知られていないインドネシア情報相ブン・トモ



◎オランダによる植民地支配からインドネシア独立戦争まで
オランダは、大航海時代以来300年以上も、
インドネシアを植民地支配していました。

オランダは、インドネシア人に教育を与えず愚民のままにして、
プランテーションの奴隷としてこき使い、
団結する事を恐れて一切の団体や集会を認めず、
スペイン人がインディオに対して行った様に
混血児作って民族の分断化を図り、
イギリスが行った様に自らは表に立たず
不満を華僑などに向けさせるなど、
巧妙な植民地統治を行っていたそうです。
インドネシア植民地支配の開始

所が1941年、大東亜戦争(太平洋戦争)が勃発。
オランダと日本は戦争する事になりました。
(因みに、宣戦布告は、オランダ側が先に発しました)

そして、日本を甘く見ていたオランダは、
僅か9日間であっさりと負けてしまいました。

その後インドネシアを支配した日本は、オランダとは打って変わって、
植民地支配には程遠い善政を敷きました。

学校の設立、インドネシア語の公用語化、
インドネシア人の民族運動の容認、
インドネシア人の政治参与の容認、
5人以上の集会の自由、農業改良指導、
インドネシア義勇軍(PETA)の前身の創設、などなど・・・。
オランダを追い出した日本軍

その指導を行った今村均中将(当時)は、
温和な人格と高い指導力で、
聖将と呼ばれているそうです。

大本営としては、
元々資源獲得が目的で東南アジアに進出した所があるため、
八紘一宇は方便に過ぎなかったのか、
善政を敷いた今村に対して苦言を呈したそう。
でも何故批判されるのか分かりません。
戦争中なので、
優しく対応すると気が緩んでしまうからダメという事か?
今村均 - Wikipedia

今村が別地へ転任した後だとは思いますが、その後、
インドネシア人に対する締め付けが厳しくなり、
日本軍政はインドネシア人から反感を受ける事になりました。

先の大戦が「侵略」であったのか「自衛」であったのかについては、
いまだに議論があります。
私自身、所謂「右翼」でも「左翼」でもありません。
只、本当の事が知りたい、ありのままを見たいという人間です。

なので、歴史認識などについては、各々が自分で調べて、
答を見つけ出してくださいね。

話を元に戻します。
日本は、結局連合軍に負けてしまいますが、降伏の2日後である、
1945年8月17日、インドネシアは独立を宣言。

真の独立の為には、
それを認めないオランダを相手に戦わなくてはならない。
インドネシア独立派としては、どうしても武器が欲しい。
なので、日本側に武器引渡しを要求しましたが、
連合軍によりインドネシア側への武器引渡しが禁じられていたため、
日本側はそれを拒否。
その為、インドネシア独立派と日本側との間で
不幸な武力衝突も起こりました。
スマラン事件 - Wikipedia

スマラン事件では、
不幸にもインドネシア人によって銃撃されながらも、
死の直前に、
「Bahagia Indonesia Merdeka!」(インドネシア独立に栄光あれ!)
と獄中の壁に血書した阿部頌二という人物がいました。

これは、インドネシア側に大きな衝撃を与え、
インドネシア人の日本人に対する敵意が一掃されたそうです。
郷土の先人・先覚30 《阿部 頌二》|荘内日報社

ジャワ島の第16軍司令部としては、
インドネシア側へ武器を引き渡したいのが本心でしたが、
敗戦国軍として、
連合軍の命令に従わなければならないという
板挟みに悩んだようです。

一部では、インドネシア側に武器が横流しもされたようです。

また、インドネシアの独立闘争に元日本兵が数千人も参加しましたが、
その理由は様々で、インドネシアの独立を本気で願っていたから、
日本へ帰国すると戦犯として裁かれると思い帰るに帰れなかったから、
郷土防衛義勇軍(PETA)の教官としてインドネシア人青年の訓練に
あたったことで、その教え子たちに請われたから、などがあるようです。

その後、インドネシアと、
インドネシアに舞い戻って来たオランダとの間で、
戦争が勃発。

1949年12月27日、ハーグ円卓会議に於いて、
インドネシアはオランダから正式に独立を果たしました。



◎インドネシア独立戦争に参加した元日本兵の生き残り
『台湾アイデンティティー』という映画が最近公開され、
私はその映画を観に行きました。

戦前生まれの台湾人6人に、
自らの歩んできた人生を語って貰うドキュメント。

インドネシア独立戦争を戦った元日本兵の生き残りは、
現在2名が存命しているそうですが、何と、その内の1人が、
同映画に登場する李柏青さんだそうです!!
映画『台湾アイデンティティー』公式サイト - U-PICC

当時の台湾は日本領でしたから、日本兵として戦った台湾人も、
数多くいたわけです。
http://www.youtube.com/watch?v=hoBa3u5TmVE




◎こんな映画もありましたね
『ムルデカ17805』という映画が、2001年に公開されてました。

インドネシア独立戦争に関わった元日本軍人を描いたもの。

撮影には、インドネシア軍が全面協力してくれたとか。
ムルデカ17805 - Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=hiUTLHjvmHI


《転載終了》



元記事の動画が削除されていたため、ここに新しい映像を貼ります。
https://www.youtube.com/watch?v=j-aa2e8AEAA
posted by Satos72 | ├ インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

アディくんの冒険(Petualangan Si Adi)インドネシアのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11684987933.html
2013年11月11日

《転載開始》

Petualangan Si Adi 2013-0.jpg

【監督】(Sutradara)
ヘリ・キスワント(Heri Kiswanto)
【脚本】(Penulis skenario)
アルディアン・エルカナ(Ardian Elkana)
【スタジオ】(Studio)
バタヴィア・ピクチャーズ(Batavia Pictures)
キャッスル・プロダクション(Castle Production)
http://castle-pro.com/castle/
【公開日】(Tanggal edar)
2013年10月24日

【資料】
Petualangan Si Adi - Wikipedia Bahasa Indonesia
Petualangan Si Adi, Animasi 3D Karya Siswa SMK | Hiburan - BeritaSatu.Com

予告編(Trailer)
http://www.youtube.com/watch?v=blF5GtXKPLg


インドネシアアニメ紹介が連続します。
3DCGアニメです。

今回もバトルものですいません。
次回は、ほのぼの脱力系を紹介します。
何故又バトルものなのかというと、
先月24日から地元インドネシアで公開されているからで、
恐らく今現在も公開中だと思うので、
今の内に紹介しようと思ったのです。

インドネシア在住でアニメ好きの日本人の方がおられて、
ここをご覧になっていたら、良い宣伝になるかと思いまして。
(その様な人は、多分自力で知るとは思いますが)

インドネシア語に精通しているわけでは無いのですが、
取り敢えず内容の把握の努力をしてみました。



◎あらすじ(多分こうかも知れない)
少年アディは、母が彼を生んだ後に死んでしまい、
父のコカル(Kokal)も家を出ていってしまったため、
祖父のスンボ(Sumbo)と一緒に暮らしていました。

スンボじいちゃんが亡くなった後、彼の研究所の機械が動き出し、
小さなロボットを作り上げました。

そのロボットは「B10」といい、
完成した後空中に立体映像を映し出すのですが、


そこに現われたのは、何と、亡きおじいちゃんではないですか!!

死ぬ前に、そうなる様に設定しておいたようです。
可愛い孫が心配で、
ホログラフになってまでも見守ろうと思ったのか?

実は、先祖伝来の9つの宝がインドネシア各地に眠っているという。
それを探し出す事を、アディに託そうとしたのであった!!

しかし、ネロ(Nero)、キルン(Kirun)、
ツェキドッ(Cekidot)の3人組が、横取りをしようと企みます。

その上、悲しいことに、アディの父も悪の道に進み、

宇宙からやってきた邪悪な龍から力を貰い受けたため、
アディは敵として戦う事になってしまいました。

その他、怪人ガロックス(Garox)や、
カロン・メラ(Kalong Merah)も襲ってきます。

その一方で、旅の途中でオツェル(Ocel)という仲間もできました。

果たして、無事9つのお宝を手に入れる事が出来るでしょうか?

という感じで、大丈夫でしょうか?
一部把握出来てない所があるので、何とももどかしいですけど。



◎感想(予告編しか見れてないけど)
予告編を見れば分かりますが、アディが、
色んな超人に変身して戦います。

樹木の根(?)の属性、電気の属性、火の属性などなど・・・。
結構そういう設定の漫画やアニメ、ゲームはあるとは思いますけど。

インドネシア各地に眠っているというそのお宝によって、
変身するのでしょうか?
確かに、悪人の手に渡ったら大変だわ。

Petualangan Si Adi 2013-2.jpg

ロボット「B10」も中々可愛いですね。

Petualangan Si Adi 2013-3.jpg

色々と見所があると思います。
3DCGの映像の雰囲気が、
如何にも1990年代っぽい感じはするのですけど、
技術的内容的には中々のクオリティではないかと思います。

インドネシアのアニメ、中々侮れないと思います。
今後も期待したいと思います!!



◎日本語表記について
インドネシア語の「e」は、
「ウ」に近い曖昧母音(シュワー)
の発音をする事が割合多い様なのですが、
予告編で「Nero」が「Cekidot」の名前を「ツェキ」と発音しているので、
名前に使われている「e」を全て「エ」として日本語表記しました。
間違っていたら、訂正します。

また「si」は、「奴」という意味があり、
子供に対しては「○○くん」「○○ちゃん」という敬称になるそうです。
si- について
よって、「Petualangan Si Adi」は、
「アディくんの冒険」という意味になるのですが、
日本語の感覚的には、あまりシビアな内容にそぐわない。
この題名だと、もっとほのぼのしたアニメをイメージしてしまうと思います。

よって、もし日本で上映するとすれば、
「少年アディの冒険」という題名がしっくりくると思います。

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集