2017年01月15日

『よつばのクローバー 王様の奉仕』(Čtyřlístek ve službách krále)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11493701795.html
2013年3月23日

《転載開始》

Čtyřlístek ve službách krále, 2013-1 - 小.jpg

・監督(Režie)
ミハル・ジャプカ(Michal Žabka)
・脚本(Hudba)
オンドジェイ・ソウクップ(Ondřej Soukup)
・スタジオ
バイオイリュージョン(Bio Illusion)
http://www.hmstudio.cz/
・声の出演(Hrají)
イヴァン・トロヤン(Ivan Trojan)
テレザ・ベバロヴァー(Tereza Bebarová)
ボフダン・トゥーマ(Bohdan Tůma)
オンドジェイ・ブルゾボハティー(Ondřej Brzobohatý)

Čtyřlístek ve službách krále (2013) | Videa | ČSFD.cz

公式サイト(Oficiální internetové stránky)
http://www.ctyrlistek-film.cz/

公式予告編(Oficiální trailer)
http://www.youtube.com/watch?v=DOCCn7H2Rx0


猫のミシュプリーン(Myšpulín)、豚のボビーク(Bobík)、
犬のフィフィンカ(Fifinka)、兔のピンジャ(Pinďa)の4人が繰り広げる、
ロングセラーの漫画の劇場用3DCG長編アニメーション!!

このアニメ、以前紹介してから
そんなに経過しているという意識は無いのですが、
調べてみたら2010年9月10日なので、
もうそんなに経っていたのかと驚いています。
早いですねェ。

以前『よつばのクローバー』を紹介した時、
アニメの映像が余り出ていませんでしたけど、
最近改めて検索してみたら、劇場用長編版が出ていて驚きました。

内容は、
言葉が分からないので映像の雰囲気から勝手に憶測しますけど、
タイムスリップを題材にしたお話であるのは分かりますが、
王様が現代にタイムスリップしたのか、
四葉のクローバーの4人が中世にタイムスリップしたのか、
よく分からない、というか、その両方が起きているみたい。

枯木の妖精の様な老人が出てきますが、
彼が何か重要な鍵を握っている様で。
果たして彼は何者なのか?

フィフィンカが火刑に処せられそうになっています。
果たして彼女は無事助かるのでしょうか?

それから、予告編の冒頭で、
謎の物体が空から落ちてきましたけど、
それも一体何なのでしょう?

色々と謎があって、是非とも見てみたくなりました。

予告編にも小さく出てきますが、このアニメにはさり気無く、
チェコの乳製品菓子、
プリビナーチェク(Pribináček)
のマスコットの猫も登場しています。
スポンサーなんでしょうね。
Product placement po česku | Markething.cz

おもちゃのHMスタジオ(HM Studio - hračky)
も協賛しているようです。
同会社からは縫いぐるみ等のグッズが出ています。
Čtyřlístek | HMStudio.cz

2012年制作の予告編では
「2013年1月31日劇場公開」(V kinech od 31. lenda 2013)
と出ていましたが、YouTubeの解説では
「2013年2月28日劇場公開」(V kinech od 28. února 2013)
と出ています。
変更されたのでしょうね。
公式サイトでも、変更後の日時になっています。

同予告編には
「チェコ共和国によるチェコ映画の開発と援助のための国家基金」
(Státní fond České republiky pro podporu a rozvoj české kinematografie)
とも出ています。
つまり、国のバックアップを受けての制作という事ですか。
その意味でも、凄いスケールの大きい作品ですな。

Čtyřlístek ve službách krále, 2013-2 - 小.jpg

映像もとても綺麗で動きも悪く無い!!
元々平面キャラクターだったのを立体感のあるアニメにした場合、
往々にしてキモくなったりする事が多いのですが、
このアニメは“2.5D”とでも言うのかな(勝手な私の造語)?
完全な写真的という程でもなく、
平面的な絵に影などをつけて立体感を出す様な感じで、
そんなにキモさは感じません。

そういう微妙な質感作りに成功しているのではないでしょうか?

DVDは既に出ております↓
Čtyřlístek ve službách krále (DVD) - Úvodní strana
コチラはブルーレイ(Blu-ray 3D)↓
Čtyřlístek ve službách krále 3D (Blu-ray 3D) - Úvodní strana

このアニメを監督したジャプカは
『G夫人』(Pani G、2008年)
という人形アニメ作品も手掛けているほか、
アネタ・キーロヴァー(Aneta Kýrová)監督作品
『おっと、間違えた』(Chybicka se vloudí, 2008年)
という短編では、監督としてではなく、声の出演を行っています。


多彩ですな。
この短編アニメも面白いので、
別の機会にでも改めて紹介したいと思います。

《転載終了》
タグ:チェコ
posted by Satos72 | ┌ チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

【追悼】アドルフ・ボルン ズデニェク・スメタナ

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12171564406.html
2016年6月18日

《転載開始》

Adolf Born 1.jpg

Adolf Born 2.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=7EXs60qfFBU


チェコの画家、漫画家、イラストレーター、アニメーター、
衣装デザイナーである、アドルフ・ボルン(Adolf Born)が、
5月22日にお亡くなりになられました。

享年85歳です。

映像は、亡くなられる1年ほど前のものです。

彼の経歴を日本語で詳しく紹介している方がおられました↓
チェコ・チェコ ランド | 作家紹介 - アドルフ・ボルン

日本では恐らく、
絵本作家やアニメーション作家として有名でしょう。

アニメでは、
『マハとシェベストヴァー』(Mach a Šebestová)
などがあります。

Mach a Šebestová 1.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=pDKiSHux08c


なんと!!

実写化もされています!!

Mach a Šebestová 2.jpg
Nová DVD: Mach, Šebestová a kouzelné sluchátko a další – Novinky.cz

更に、舞台化もされています!!

Mach a Šebestová 3.jpg
Mach a Šebestová | DIVADELNÍ SVĚT BRNO 2014

それほど人気があるという事なんでしょうね、恐らく。

人気が出たアニメは、舞台化される事が少なくありません。

演じるのが大人なのはしょうがないにしても、
マハは見るからにのび太くんですよね!!

画像検索すれば、コスプレしている人も確認できます。





Zdeněk Smetana 1.jpg

チェコの画家、アニメーション作家、アニメーション監督、
グラフィックデザイナーの、ズデニェク・スメタナ(Zdeněk Smetana)も、
2月25日にお亡くなりになっています。

享年90歳。

ズデニェク・スメタナと言えば、
『ちいさな魔女』(Malá čarodějnice)
のアニメ化の仕事が個人的に最も好きです。

Zdeněk Smetana 2.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=-EnTieIdFUQ


元の原作者は別におり、
元のデザインも正直言って可愛くはありません。

見るからに「魔女」という感じなのですが、
スメタナのデザインした「ちいさな魔女」は、
如何にも「魔女っ子」という感じで、
日本人受けしやすいものです。

Twitterで一時期話題となっていました。

「魔女っ子メグちゃん」とか「魔法使いチャッピー」などの、
初期の「魔女っ子」がお好きな方には、
特にウケが良さそうに思います。

『クブラとクバ・クビクラ』(Kubula a Kuba Kubikula)
のクマさんも、カワイイのです!!

Zdeněk Smetana 3.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=jlZoND5Nmlk


スメタナさんは、「カワイイ」というものがどういうものなのか、
よ〜くお分かりになっている方なのかなあ?と、思いました。

スメタナについては、コチラをごらんください↓
チェコのアニメーション監督 ズデニェク・スメタナ(Zdeněk Smetana)のお仕事
チェコ・チェコ ランド | 作家紹介 - ズデニェック・スメタナ
Zdeněk Smetana - Wikipedia





今年の上半期に、
2人ものチェコの素晴らしい作家がお亡くなりになってしまいましたが、
彼らは共に長寿を全うし、大往生を遂げたと言えるかも知れません。

私は彼らに、「ありがとうございました!!」と言いたいです。

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

チェコの漫画&アニメ『よつばのクローバー』(Čtyřlístek)の展覧会、舞台版、博物館など

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12089409334.html
2015年12月13日

《転載開始》

日本ではどういうわけか殆ど知られていませんが、
チェコには『よつばのクローバー』(Čtyřlístek)
というロングランの漫画があり、アニメーション化もされています。

「クルテク」や「アマールカ」は人気なのに、
この知名度の落差はどうしてでしょうかね?

1969年から、ヤロスラフ・ニェメチェク(Jaroslav Němeček)
が漫画を描いており、初期の頃は、
リュバ・シュチープロヴァー(初期のペンネーム:ミロシュ・シュチープル)
(Ljuba Štíplová, nejprve pod pseudonymem Miloš Štípl)
が物語を担当していたそうです。

そして、1980年代には、
漫画本22万部を刷る程の人気を得るに至ったそうです。
Čtyřlístek (komiks) - Wikipedia Čeština

4人の主人公たちの設定。
ミシュプリーン(Myšpulín):猫の発明家。
ボビーク(Bobík):食いしん坊で力持ちの豚。
フィフィンカ(Fifinka):料理とお掃除が好きな犬の女の子。
ピンジャ(Pinďa):臆病者の兎。

かべをとおりぬけるネズミ(1990年)
Myš, která prochází zdí
https://www.youtube.com/watch?v=ElKKy-EhC8g


2013年には、劇場用長編アニメーションも上映。
『よつばのクローバー 王様の奉仕』(Čtyřlístek ve službách krále)
https://www.youtube.com/watch?v=KHEqCaI5HoA


弊ブログでは以前にも2度取り上げています。
四葉のクローバー(Čtyřlístek)チェコの漫画・アニメ
2010年9月10日
『よつばのクローバー 王様の奉仕』(Čtyřlístek ve službách krále)
2013年3月23日
Čtyřlístek ve službách krále, 2013-1 - 小.jpg


Kniha Čtyřlístek ve filmu.jpg

今回はそれに関する色んな情報を入手したので、
ここにご紹介します。





展覧会『よつばのクローバー』の秘密
Tajemství Čtyřlístku
Čtyřlístek, tajemství odhaleno v pražské galerii GUD - Public 24
Tajemství Čtyřlístku, nová výstava v galerii GUD od 16.10.2015 - Galerie GUD

Tajemství Čtyřlístku 1.jpg

プラハの「GUD画廊」(Galerie GUD)にて、
2015年10月16日〜12月23日まで、
『よつばのクローバーの秘密』を開催中!!

「ギャルリーGUD」の外観はこんな感じの様です↓

Tajemství Čtyřlístku 2.jpg

わざわざこの展覧会のための看板まで設えている様です。

「Galerie GUD」で画像検索してみると、
子どもたちが自由気ままに絵を描いている様子の写真が
いっぱい出てきます。

まあ、恐らくそういう傾向のギャラリーなのでしょうね。





おとぎばなしの『よつばのクローバー』
Čtyřlístek v pohádce


Čtyřlístek v pohádce 1.jpg

何と、「よつばのクローバー」が演劇にもなっています!!

おとぎばなし劇場(Divadlo pohádek)で2014年に上演されたそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=wa5Tn9o3W1o


それにしても、出演者の生顔が出てるんですけど・・・。

Čtyřlístek v pohádce 2.jpg

後に示す様に、「よつばのクローバー」の着ぐるみには、
中の人が完全に隠れるものもあるのですが・・・。

声が篭ってしまう事を防ぐため?
出演者は割りと有名人だから顔を出した?

漫画やアニメーションが人気を博すと、
ミュージカル版も作られる例が少なくありません。

こういうのって「便乗」と言って良いのかどうかは分かりませんが。





よつばのクローバー・ミュージアム
Muzeum Čtyřlístek

更に、2011年には、専門の博物館まで作られています!!

以下、ブログ「知られざるいろんなもの」より転載。
よつばのクローバー・ミュージアム(Muzeum Čtyřlístek)チェコの美術館
2013年11月20日

Muzeum Čtyřlístek 1.JPG
Muzeum Čtyřlístek - Wikipedia Čeština

《公式サイト》
http://muzeum.mksdoksy.cz/

《資料》
Muzeum Čtyřlístek - Region Českolipsko
V Doksech, totiž Třeskoprskách, otevřeli Muzeum Čtyřlístku - Kultura iDNES.cz
V Doksech mají muzeum Čtyřlístku – Novinky.cz

アニメ化もされている、
1969年から続いているチェコのロングラン漫画
『四つ葉のクローバー』(Čtyřlístek)
を記念した美術館が、2011年に開館。

ドクスィ(Doksy)にあります。

↓開館記念式典で、作者の、
ヤロスラフ・ニェメチェク(Jaroslav Němeček)が、テープカット。
(中央の帽子を被った人)
Muzeum Čtyřlístek 2.JPG
Se Čtyřlístkem po naučné stezce - Infocentrum Dolní Bousov

《転載終了》

作者のニェメチェクさん、着ぐるみたちと一緒に・・・。

日本で言う所の「アンパンマンミュージアム」みたいな感じなのでしょうか?

念のため、全身が写っている着ぐるみの集合写真を・・・↓
Úspěšný den se Čtyřlístkem - Novinky | O nás | Central Park Praha
Čtyřlístek 着ぐるみ.jpg






というわけで、何故か日本では殆ど知られていない
チェコの人気漫画に関する情報でした!!

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集