2017年03月19日

壮大なるトルコ人(Muhteşem Türkler)トルコのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11442129764.html
2013年2月12日

《転載開始》

Muhteşem Türkler, 2006.jpg

Muhteşem Türkler_2.jpg

脚本(Senaryo Yazarları):ヤルヴァチュ・ウラル(Yalvaç Ural)
監督(Seslendirme Yönetmeni):セルマ・イェシルバ(Selma Yeşilbağ)
美術監督(Sanat Yönetmeni):デルヴィシュ・パスィン(Derviş Pasin)
音楽(Müzik):ケマル・ギュニュチュ(Kemal Günüç)
スタジオ(Stüdyo):シネ・プラス(Cine Plus)
放送:トルコ国営放送(TRT:Türkiye Radyo Televizyon Kurumu)

http://www.youtube.com/watch?v=ogfixEOvOv0


以前、トルコのアニメーションを探し出すのにとても苦労しましたけど、
最近、幾つか発見したので、順に紹介したいと思います。

気が早いので、その内の一つを軽く紹介しましょう。
スペインに『ぽこよ』(Pocoyo)という3Dアニメがありますけど、
見た目がそれに似た様な雰囲気のアニメがあるのです!!

『ペペー』(PEPEE)というのですが、トルコに留学なさった方が、
既にブログで紹介していました。
http://ameblo.jp/ajiko918/entry-11277028801.html
100%トルコ製で、トルコの子供たちに大人気なんだとか。
YouTubeにも出ています。
http://www.youtube.com/watch?v=am6EEmw16Rk


『ペペー』はまたいつか紹介するとして、今回は、
『壮大なるトルコ人』なるアニメーションを紹介しましょう。

トルコの歴史を描いた、テレビアニメーションです。
日本でも『まんが日本史』(日本テレビ)
というテレビアニメーションがありましたが、
それのトルコ版といった所でしょうか。
まんが日本史 (日本テレビ) - Wikipedia

大体見た所見ですが、まず最初に案内役の女の子の説明があります。
そして、トルコの伝説や歴史上の人物についての話が始まり、
終ると再びその女の子が出てきて説明して終る、といった感じでしょうか?

『まんがことわざ事典』(東京12チャンネル、現:テレビ東京)
というアニメがやっていて子供の頃見ていましたけど、


それに構成がちょっと似ているかも知れません。


まんがことわざ事典 - Wikipedia

あと、日本のアニメで少し似ているのと言えば、
『まんがはじめて物語』(TBS)でしょうか。
このアニメ、好きでよく観てましたね。
まんがはじめて物語 - Wikipedia

最後にちょっと分からない事。
「Cine Plus」で検索すると、ドイツ語記事が出てきますが、
トルコ語による記事は見つけられません。
ドイツにそういう名前のスタジオがあるらしいというのは分かりましたが、
トルコにもあるのか?
それとも、このアニメーション自体、ドイツで制作されているのか?
よく分かりません。

それから、『壮大なるトルコ人』というアニメは、
他にも別種類のがあるようです。
案内役の女の子が出てこない回があるのかと思いましたが、
どうも違う様です。

《転載終了》

おまけ
https://www.youtube.com/watch?v=ULrFdsjb2RU


Muhteşem Türkler_3.jpg
posted by Satos72 | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

プナル・キド(Pınar Kido)トルコの乳飲料

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12060228905.html
2015年8月29日

《転載開始》

Pinar Kido 1.jpg
画像はpinar.comより拝借

《公式サイト》
http://www.kido.com.tr/

謎の島ゲームキャンペーンCM
Pınar Kido Gizemli Ada Oyunu Kampanya Reklamı
https://www.youtube.com/watch?v=Kwm_SyglLes


ダンス・ショー編
Dansını göster
https://www.youtube.com/watch?v=DC9qWYmEWl4


トルコの乳飲料のご紹介です!!

マスコットは、スーパーマンの様な格好をした牛さんです。

チョコミルクやなん、バナナミルク、イチゴミルク等がある様です。

それにしても、この手のテレビコマーシャルって、
どこでも大体似た様な感じだな、と、つくづく思います。

ポーランドのものとか、ダノニーノとか、ケロッグとか・・・。

「今なら○○が当たる!!」キャンペーンと思われる内容が出ていますが、
こういうのもこの手のCMでよく見ます。

しかし「謎の島キャンペーン編」は、日本では放映できないと思われます。

何故なら、腰蓑を付けた未開部族をバカにする様な描写なので、
日本で放送されたら、人権がどうのこうのと騒がれるでしょう。

トルコのイケメン歌手、ケレムジェム(Keremcem)も、
プナル・キドのCMにアニメーションで出演!!
シャックリが止まらないので舞台に上がれず困っているケレムジェムを、
オバケに扮して驚かす事によってシャックリを止めてあげるという、
実に他愛の無い内容。
https://www.youtube.com/watch?v=fIbNX71kybg


Pınar Kido 2.jpg
画像はYouTubeより拝借

アニメではそれほどイケメンには描かれていませんが、
画像検索で実物を見れば分かります。

Pınar Kido 3.jpg
画像はÇocuk Rehberiより拝借

製品には、「メロン&スイカミルク」なんてのもあるそうです。
上の画像の左側の緑のパッケージのがそうです。

トルコ語でメロンは「Kavun」、スイカは「Karpuz」です。

Pınar Kido 4.jpg
画像はmaskot.comより拝借

着ぐるみもあります。

Pınar Kido 5.jpg
画像はreklamazzi.comより拝借

違うデザインのもありますが、どういう事でしょうか?

Pınar Kido 6.jpg
画像はHürriyetより拝借

こういうのもあるんですよね。

雰囲気で、旧デザインなのかな?と思いましたが、
この画像の貼ってある記事自体、2006年のものなので、
恐らくそうなのかも知れません(断言は避けますが)。

最後に、「スマーフ」とのコラボCMで締めます。
https://www.youtube.com/watch?v=Gpz2Hd-g6EM


「家庭教師のトライ」と「アルプスの少女ハイジ」のコラボCMみたいに、
スマーフの既存のアニメーションを上手く利用していますね。

スマーフは、トルコ語で「Şirinler」(シリンレル)と呼ぶそうです。

《転載終了》
posted by Satos72 | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

【閲覧注意】トルコの危険な取り扱い注意系アニメーション特集!!

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11745651100.html
2015年8月9日

《転載開始》

Kayıp Armağan, 2010.jpg


失われた贈りもの(2010年)
Kayıp Armağan

【監督】(Yönetmen)
ケレム・サミ・ヒュナル(Kerem Sami Hünal)

【脚本】(Senarist)
ジェマル・ヒュナル(Cemal Hünal)

【音楽】(Müzik)
アリフ・セルチュク・ボル(Arif Selçuk Bor)

【スタジオ】(Stüdyo)
ストゥンブル・アニメーションスタジオ(Stunbull Animation Studios)

【制作年】(Yapım yılı)
2009年

【公開日】(Çıkış tarih(ler)i)
2010年8月22日

【時間】(Süre)
60分(dk)

【資料】
Kayıp Armağan - Wikipedia Türkçe

【閲覧注意】予告編(Fragman
(残酷描写があります 自己責任で閲覧を)
https://www.youtube.com/watch?v=FmYNRPzkM2g


トルコの劇場用長編アニメーション。

「知られざる日本」がココにも!!

日本人が出てくるアニメーションなのですが、
日本でまともに紹介しているのは私だけの様です。

私は1年半程前にTwitterで既に紹介しています。

監督した人と脚本を書いた人の姓が同じなのは、
身内同士という事でしょうか?



さて、このアニメーションの時代設定は、明治時代の様です。

あらすじというのは、明治天皇が、
オスマン帝国の皇帝、アブデュルハミド2世への贈り物を、
山田寅次郎に託すのですが、エーゲ海に到達したあたりで、
海賊船に襲われ、その贈り物を奪われてしまう。

イェニチェリのオルハンと、侍の山田は、
奪われた贈り物を取り戻すために戦う、といった内容の様です。



まあ、色々とツッコミ所はあるでしょう。

明治時代なのに侍姿ですから、
制作者が時代考証を間違っている所はあるのでしょう。
(明治時代でも頑なに丁髷頭を守っていた人もいたみたいですが)

因みに、山田寅次郎にはモデルがいる様です。

日本とトルコの親善に尽くした山田宗有の本名が山田寅次郎だそうで、
恐らく名前はそこから取られたものと思います。
山田宗有 - Wikipedia

山田寅次郎.jpg


日本とトルコとの友情の証としてよく引き合いに出される、
「エルトゥールル号遭難事件」の義捐金を募ったのも彼だそうで。
エルトゥールル号遭難事件 - Wikipedia

それが、このアニメーション映画ではサムライとして描かれています。



「イェニチェリ」(يڭيچرى, Yeniçeri)というのは、Wikipediaによると、

14世紀から19世紀の初頭まで存在した
オスマン帝国の常備歩兵軍団で、
スプーンをシンボルにしていたことが知られている。
常備軍団カプクルの中核をなし、
火器で武装した最精鋭であった。
トルコ語でイェニは「新しい」、チェリは「兵隊」を意味する。
イェニチェリ - Wikipedia

だそうです。

Yeniçeri.jpg

↑鉄砲で武装したイェニチェリ



それと、気になったのは、山田のセリフ遣いが流暢な日本語で、
明らかに日本語話者によるものだというのに気付かれた方は
多いと思います。

Wikipedia情報によると、声の出演の所に
「Kazue Suzuki」(スズキ・カズエ)
「Keisei Takashima」(タカシマ・ケイセイ)
と出ています。

なるほど、日本人が声を担当していたのですね!!





Kötü Kedi Şerafettin, 2015.jpg


悪猫シェラフェッティン(劇場用長編アニメーション版)
Kötü kedi Şerafettin

【原作】
ビュレント・ユステュン(Bülent Üstün)

【監督】(Yönetmen)
メフメト・クルトゥルシュ(Mehmet Kurtuluş)
アイシェ・ユナル(Ayşe Ünal)

【脚本】(Senarist)
レヴェント・カザク(Levent Kazak)
ビュレント・ユステュン

【スタジオ】(Stüdyo)
アニマ・イスタンブル(Anima İstanbul)

【公開予定日】(Çıkış tarih(ler)i)
2015年11月27日

【時間】(Süre)
82分(dk)

【英題】
Shero the Bad Cat

【資料】
Kötü Kedi Şerafettin (film) - Wikipedia Türkçe
Kötü Kedi Şerafettin - Wikipedia Türkçe

【閲覧注意】予告編(Fragman)
(暴力描写があります 自己責任で閲覧を)
https://www.youtube.com/watch?v=zOc_tUwtmhQ


如何にも、ガーフィールドをおっさん臭くして暴力的にした感じ?

実際、パロディ画像なのか何なのか?
ガーフィールドの首を締めているシェラフェッティンの画像が
ネット上に出ています。

シェラフェッティンの存在を知ったのは、
「失われた贈りもの」とほぼ同じ時期です。

トルコのアニメって何か無いかな?
と思って調べていて見つけたのです。

今回紹介するにあたって、改めて調べなおしてみた所、
11月公開予定の劇場用長編3DCGアニメーション版
の情報が新たに出ている事も分かったわけです。



原作は、ビュレント・ユステュンによる漫画で、
初登場は1996年だそうです。

Kötü Kedi Şerafetttin.jpg


掲載誌は、『Lマニアック』(L-Manyak)だそうで、
名前からしてマニアックな漫画誌というのが伺えます。

「L-Manyak」で画像検索してみれば、
過激でグロい描写の漫画の表紙絵がいっぱい出てきて、
見ていて具合が悪くなってきます。

↓下に示した画像は、最も穏健と思われる表紙絵です。
L-Manyak.jpg

※画像はGerçek Gündem - Galerilerより拝借



シェラフェッティンを含む、
漫画誌「Lマニアック」等を見ていてつくづく思ったのは、
トルコと言えばイスラム圏だったと思うのですが、
その割には、妙に開放的過ぎるなと。

トルコ事情を直接は知らないので、
トルコがどれ位文化的に開放的なのかはよく知りませんが、
半分は西洋化しているとも言われているので、
恐らくそれが関係しているのかも知れません。>

シェラフェッティンの長編アニメーションが作られるという事は、
それくらいこの漫画が人気という事なのでしょう。

※画像は、「L-Manyak」以外、Wikipediaから拝借しました。

《転載終了》
posted by Satos72 | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集