2016年07月20日

ハッケバッケの森の動物たち(Dyrene i Hakkebakkeskogen)アニメーション版

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12179882719.html
2016年7月13日

《転載開始》

Dyrene i Hakkebakkeskogen 1.jpg
Om to år kommer denne karen på kino - kultur - Dagbladet.no

Dyrene i Hakkebakkeskogen 2.jpg
Dyrene i Hakkebakkeskogen - NFI

《監督》 Regissør
ラスムス・A・スィヴェルトセン(シヴェルトセン)
Rasmus A. Sivertsen
《脚本》 Manuskript
カシュテン・ フッル
Karsten Fullu
《映画会社》 Filmselskap
クヴィステン・アニメーション
Qvisten Animation
《公開日》 Antatt premieredato
2016年9月16日

※ノルウェー映画協会(Norsk filminstitutt)より

《資料》
Bli med inn i Hakkebakkeskogen med Qvisten Animation - Miniøya
Han bruker en av landets kraftigste PC-er til å lage Norges nye storfilm - Teknisk Ukeblad

『ハッケバッケの森の動物たち』
の存在は、割と前(2年くらい前)からその存在を知っていて、
元は絵本で演劇などになっているのを知っていました。

しかし、当時から、極僅かでしたが、上にしめした画像も出ていて、
それが具体的になんなのかよく分かりませんでした。

「もしかして、アニメーション?」とふと思いましたが、
何分情報が少なくてよく分からなかったのです。

最近では、割と情報が色々と出ていて、
人形アニメーションで、2016年に公開予定という所まで判明しました。

でも今のところ、まだ映像が見られません。





この作品の監督を務めたシヴェルトセンは、
日本で最もよく知られているノルウェーのアニメーション
『ピンチクリフグランプリ』(1975年)
(Flåklypa Grand Prix)
の続編である、
『ソランとルードヴィーク - ここからフロークリーパまで』(2015年)
(Solan og Ludvig - Herfra til Flåklypa)
などの監督も手掛けています。

Solan og Ludvig - Herfra til Flåklypa 2015.jpg
Solan Og Ludvig - Herfra Til Flåklypa (DVD) - Platekompaniet





「ハッケバッケ・・・」の原作絵本がどういうものか見てみましょう。

Dyrene i Hakkebakkeskogen 3.jpg
Klatremus og røvere holder koken | BOK365.no

実は、
『ハッケバッケのゆかいな動物』(偕成社)
という邦題で日本にも絵本が入ってきています。
何だか絵柄が違う気がしますが、作者本人によるものだそうです。
情報源によって、「1968」「昭和45年」「昭和46年」とマチマチ。

Dyrene i Hakkebakkeskogen 4.jpg
ハッケバッケのゆかいな動物 - 児童書、絵本 -【garitto】

日本語による書評です↓
トールビェン=エイナー『ハッケバッケのゆかいな動物』 | ものいう本棚





こちらは演劇版です↓
https://www.youtube.com/watch?v=UHVo1ww1iJQ


Dyrene i Hakkebakkeskogen 5.jpg





作者は、トールビョルン・エグネル(Thorbjørn Egner, 1912-1990)ですが、
日本では知名度が低いせいか表記が統一されておらず、
「トールビェルン・エイナー」という表記も見られます。

方言による発音の違いもあるのでしょうけれど、
「エグネル」表記はノルウェー大使館のサイトに出ているので、
私はそちらを採用しようと思っています。
ノルウェー文学 - ノルウェー王国大使館

作家、作詞家、作曲家、画家として幅広く活躍したそうです。
Thorbjørn Egner - Wikipedia Norsk bokmål

「ハッケバッケ」の意味について調べた事があるのですが、
「バッケ」は「丘」を意味するらしいと分かりましたが、
「ハッケ」は「突く」みたいな意味の様でした。

更に調べを進めてみると「Chop Hill Forest」という英訳を見つけました。
Kristiansand Dyrepark a great Zoo and Theme Park. Kristiansand, Norway, July 2015. - Nilsen Travel

「Pecking Hill Forest」という英訳まで。
Kristiansand "Zoo" - Kaltwasser Heart Matters

前者を直訳すると「叩き切りの丘の森」となるかと思うのですが、
余りにも物騒なので、強引に和訳したい場合、
後者の「つつきの丘の森」表記が無難ではないかと。

というわけで、無事アニメーションが完成する事を祈っています。

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ノルウェー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

ソランとルードヴィーク(Solan og Ludvig, 2013)ノルウェーのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11718265261.html
2013年12月05日

《転載開始》

Solan og Ludvig – Jul i Flåklypa 2013.JPG

【正式名称】
ソランとルードヴィーク - フロークリーパのクリスマス
Solan og Ludvig – Jul i Flåklypa

【監督】(Regissør)
ラスムス・アンドレ・スィヴェルトセン(Rasmus Andre Sivertsen)
【脚本】(Manus)
カシュテン・フッル(Karsten Fullu)
【映画会社】(Filmselskap)
マイポ・フィルム(Maipo Film)
クヴィステン・アニメーション(Qvisten Animation)
アウクルスツティフテルセン(Aukruststiftelsen)
【公開日】(Utgivelsesår)
2013年11月8日
【時間の長さ】(Langde)
76分(min)

【公式サイト】
http://www.solanogludvig.no/

【資料】
Solan og Ludvig – Jul i Flåklypa - Wikipedia Norsk bokmål
Solan og Ludvig - Jul i Flåklypa (2013) - IMDb

予告編
http://www.youtube.com/watch?v=lhFKBmE99j8


ココ最近忙しく、ブログ更新もままなりません。
ですが、年内に紹介したいアニメが幾つかあるので、
更新頑張りたいと思います!!

海外の、
日本では殆ど知られていないアニメ情報に精通してらっしゃる、
massandoさんの11月14日のTwitter情報で知った、
劇場用長編人形アニメ。

1975年制作の
『ピンチクリフ・グランプリ』
(Flåklypa Grand Prix)
という人形アニメは、大変クオリティが高く、
日本でもよく知られています。
(「ピンチクリフ」というのは、英題「Pinchcliffe Grand Prix」から来ています)
ピンチクリフ・グランプリ - Wikipedia

なので、今まで敢えて弊ブログでは取り上げていませんでした。

今回紹介するアニメは、そのシリーズものです。



が、実は、その前にもシリーズものがあって、こちらは、
『ソランとルードヴィークと、キツネのしっぽの生えたグリン』
(Solan, Ludvig og Gurin med reverompa)
という題名で、1998年公開。
Solan, Ludvig og Gurin med reverompa - Wikipedia Norsk bokmål

内容は、イタズラ好きのノーム(妖精)のグリンが、
朝起きたら狐の尻尾が生えていた。
その噂が広まり、強欲な未亡人がその狐の尻尾を手に入れようと、
探偵のソランとルードヴィークを雇うが、
彼らはグリンを助ける事にする。
という内容のようです。
「狐尾小精靈」とは、どのような映画ですか? - Yahoo! JAPAN

Solan, Ludvig og Gurin med reverompa 1998.jpg

しかも、人形アニメではなく、セルアニメーションでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=c3ogmgz8yEM




今回紹介するのは、シリーズ第3作目というわけです。

黒いアヒルのソラン、ハリネズミのルードヴィーク
(日本では「ルドビグ」という名で出ています)、
自動車修理工で発明家のレオドル・フェルゲン(Reodor Felgen)と、
3人(1人1匹1羽)で暮らしています。

彼らは、時間が止まった町、
フロークリーパ(Flåklypa)に住んでいます。
「ピンチクリフ・グランプリ」の原題は、
「フロークリーパ・グランプリ」ですからね。

肝心の話の内容ですが、今の所WikipediaやIMDbにも出ておらず、
予告編を見てもノルウェー語が分からないのでお手上げでしたが、
私よりも僅かに先にこのアニメを紹介してらっしゃる
日本のブログがあったので、リンクさせていただきました。
こちらです。

なるほど、今回はレースの話ではない様ですが、
メカソリに乗っての、手に汗握る緊張感溢れる
爆走シーンが見ものですね。
普段はオッチョコチョイのルードヴィークが、大活躍するのかな?
(予告編を見てそう思いました)

それにしても、騒動の発端である、
フロークリーパ新聞(Flåklypa Tidende)の
プレーセン(Pløsen)編集長には、甚だ困ったものですね。



ちなみに、何と、スィヴェルトセンは、再来年の2015年に、
『クヌートセンとルードヴィークセンと、恐怖のラスプーチン』
(Knutsen & Ludvigsen og den fæle Rasputin)
という長編アニメを公開予定らしい!!
Rasmus A. Sivertsen - Wikipedia, Norsk bokmål
これは期待したいですね!!(気が早いって?)



【追記】
「Solan, Ludvig og Gurin med reverompa」の日本語訳を、
「ソランとルードヴィークと、キツネのしっぽの生えたグリン」と意訳。
結局「reverompa」のはっきりした意味は不明ですが、
狐の事を、ノルウェー語では「rev」というそうですし、
英題が「Gurin with the Foxtail」、中国語題が「狐尾小精靈」なので、
「狐の尻尾」と見做しました。


もっとも、題名のロゴの「reverompa」に尻尾が付いているので、
そういう解釈で間違いないと思います。

「Knutsen & Ludvigsen og den fæle Rasputin」の日本語訳を追加。

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ノルウェー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

パトカーのペッレ(Pelle Politibil)ノルウェーの特撮コメディドラマ

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11954771415.html
2014年11月22日

《転載終了》

Pelle Politibil 1993-1.jpg


Pelle Politibil 1993-2.jpg


オープニング
https://www.youtube.com/watch?v=yF246Hc4p9A


https://www.youtube.com/watch?v=vUNCKxl9QNo


ノルウェーの特撮コメディドラマ。

「がんばれ!!ロボコン」とか「ロボット8ちゃん」とかが昔ありましたが、
それらのノルウェー版みたいな感じでしょうか?

それと、「ナイトライダー」(Knight Rider)
の要素を混ぜた様な感じ?

どちらも、40〜50代の世代にとっては懐かしいものなのではないでしょうか?

特に私は、パトカーのペッレの、
ほのぼのとしたテーマソングがとても気に入っています。

日本の特撮コメディドラマにも相通じる様なほのぼのさです。

この手の特撮コメディ番組は、欧州では他に、
レオ - ほぼ完全型(Leo - Ein fast perfekter Typ)
という、がんばれ!!ロボコンみたいなのがドイツにあるのです。
Leo,ein fast Perfekter Typ 2007-1.jpg


↓当ブログでは既に紹介済です
レオ - ほぼ完全型(Leo - Ein fast perfekter Typ)ドイツの特撮番組

「がんばれ!!ロボコン」とかの影響を受けているのかどうかは不明ですが、
元々この手の番組って、日本以外にあったのでしょうか?

平成仮面ライダーシリーズもいいですけど、
私はもっと、この手の特撮コメディドラマをやってほしいと思っています。
(いい歳して何言ってんだか・・・)





Wikipediaによれば、1986年に、ノルウェー放送協会ラジオ(NRK radio)の
「いちばんちいさなこどものじかん」(Barnetimen for de minste)
という子ども向けラジオ番組に登場したのが始まりだそうです。

それから次は、1993年にテレビシリーズが作られ、
ノルウェーの子供たちの人気者となったそうです。

更に、2002年には映画化されたそうです。
Pelle Politibil - Wikipedia

そしてとうとう、2009年には、劇場用3DCGアニメーションも作られました。
(公開は2010年)
「パトカーのペッレ 水辺にゆく」(Pelle Politibil går i vannet)です。
https://www.youtube.com/watch?v=g7RUIc_o8kc


Pelle Politibil går i vannet 2009.jpg


2013年にもまた、3DCG長編アニメーションが作られています。
「パトカーのペッレのゆく道」(Pelle Politibil på Sporet)
https://www.youtube.com/watch?v=3BHjc-8szsk


Pelle Politibil på Sporet 2013.jpg


パソコンゲームにもなっているみたいです。
jul 2 - Mediagram Erling Aagaard - Mamut

Pelle Politibil PC CD-ROM.jpg






・・・っと、ここまで紹介した所で、
実は日本語版DVDが出ていたという事に気付きました。
「ポリスカーズ」(Police Cars)だそうです。

ポリスカーズ 2013.jpg


2013年の方の長編アニメです。

「カーズ」(Cars)ってのがありますけどね。

昔は、例えば「Gone With the Wind」を「風と共に去りぬ」にするとか、
気の利いた日本語訳題名が付けられていましたけど、
今では英語の題名をそのままカタカナ言葉にするというのが主流ですよね。

私としては、保守がどうの、伝統がどうのではなくて、
ちゃんと題名の意味が知りたいわけで。

その上で尚且つ、気の利いた感性に基づいた日本語題名を付けてくれれば、
良いのではないのかな?と。

「ポリスカーズ」は、
よく知られている英単語が使われているので分かりますけど、
そうではないのもあるわけで・・・。

逆に、「Shall We Dance?」を「踊らん哉」にするのは、
如何にも江戸時代っぽいというか、かえって和風要素が強めに感じるので、
こういうのもどうかな?という感じはします。

色々我侭っぽい事を書いてしまいました。





・・・っと、似た様なこんなものも発見!!
https://www.youtube.com/watch?v=ho_T4s50Uls


ちいさなトラクターのグロータス(Den lille traktoren Gråtass)
という、灰色のトラクターが主人公の特撮コメディドラマで、英語では
ちいさなはいいろのファーギー(Little Grey Fergie)
という題名です。

こちらも、ノルウェーの番組です。

これについては、日を改めて紹介しようと思います。

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ノルウェー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集