2017年08月20日

感覚の喪失(Гибель сенсации)ソビエトのSF映画

アニメーションではありませんが、非常に興味深い内容なので、
特別に転載しました。

https://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12302613652.html
2017年8月19日

《転載開始》

Гибель сенсации_1.jpg
Гибель сенсации (1935) - Кино-Театр.РУ
 

 
Гибель сенсации_2.jpg
Гибель сенсации_3.jpg
Loss of Sensation - Wikipedia
 
【原作】
ヴォロジーミル・ミコラーヨヴィチュ・ウラトコ
(ヴラジーミル・ニコラエヴィチ・ヴラトコ)
(Володимир Миколайович Владко)
【監督】
アレクサンドル・ニコラエヴィチ・アンドリエフスキー
(Александр Николаевич Андриевский)
【制作会社】
メジュラブポム映画
(Межрабпомфильм)
【公開年】
1935年
【時間】
87分(85分という情報もあり)
Гибель сенсации - Wikipedia
 
旧ソヴィエトのSF映画、検索すると幾つも見つかるのですが、
今回はそんなのの一つを紹介します。
 
理想主義の科学者、ジム・リプリ(Джим Рипль)は、
労働者の仕事の効率化のためにロボットを作り出した。
 
ロボットの導入は非常に効果的であり、
資本家はそのロボットを工場の労働者と完全に入れ替えたいと思っている。
 
そのために、労働者たちは反対運動をはじめたのだが…。
 
…って、これは何かで見た様な…。
 
そう、カレル・チャペックのSF小説「R. U. R.」に似ている気がします。
 
というか、ロボットの胸に「RUR」と出ているではないですか!!
 
「R. U. R.」の影響を受けて作られているのは間違いありません。
 
「ロボット」の名付け親は、カレル・チャペックの兄、
ヨゼフ・チャペックであるとはよく知られていますが、
これはつまり「R. U. R.」の翻案作品なのではないかと。
 
しかし、元は「機械人間」ではなく「人造人間」という意味合いで登場した上に、
チャペック自身、
 
ロボットという言葉を生み出したことに少々苦い思いを抱いていたようで、
「歯車、光電池、その他諸々の怪しげな機械の部品を
体内に詰め込んだブリキ人形を、
世界に送り出すつもりは作者にはなかった」と述べている。
カレル・チャペック - Wikipedia
 
とのこと。
つまり、チャペックの存命中から「機械人間」の意味合いとして
「ロボット」の言葉が使用されていたわけですが、
映画「感覚の喪失」からもそれがよく分かります。
 
この作品をTwitterに上げた所、「モダン・タイムス」(1936年)や
「自由を我等に」(1931年)にも繋がると感想を述べる方もいて、
「確かに」と思いました。
 
 
 
 
 
原作の小説について調べてみました。
 
ヴォロジーミル・ウラトコ(1900(1901)〜1974)という、
ウクライナのSF小説家、ジャーナリストだそうです。
ウクライナのSF小説の第一人者だそうですが、
その割には日本では殆ど知られていない様な…。
Владко Володимир Миколайович - Wikipedia
 
Ідуть роботарі_1.jpg
Ідуть роботарі - Goodreads
 
Iдуть роботарі_3.jpg
≪Iдуть роботарі≫ - Лаборатория Фантастики
 
Iдуть роботарі_4.jpg
Ідуть роботарі - Чтиво
 
まず、1929年に発表されたのが初出だそうですが、
情報源によっては「1931年」とも出ており、
何故そうなのかはよく分かりませんけど、
まあ、知られざるものの追求をしていると、
こういう「情報源によって内容が食い違う」という事はよくあるので、
「ああまたか」と思えば良いです。
その後、内容が修正されて決定版が1936年に出版されたそうです。
 
題名は「Ідуть роботарі」ですが、
意味合いとしては「ロボットはゆく」という感じかも知れません。
(翻訳に自信はありませんが)
 
それが、1967年に「Залізний бунт」(鉄の反乱)と改題されたそうですが、
ロシア語題「Железный бунт」はそれに因んでいるものと思われます。
(ロシア語とウクライナ語は近縁なので、綴りが似通っています)
 
Залізний бунт.jpg
Ідуть роботарі - LiveJournal
 
Железный бунт.jpg
[Железный бунт] Владко, Владимир - LibeX
 
更に調べを進めていくと、解説文がいずれも、
「チャペックの戯曲ではなくヴラトコのSF小説に基づいている」
という意味合いの内容ばかりで驚きました。
例えばコチラの頁とか↓
Фильм Гибель сенсации - Вокруг ТВ.
 
「感覚の喪失」Wikipedia頁にもそう出ているのです。
映画の方は、ロボットの胸に「RUR」と出ているので、
明らかにチャペックを意識していますが、
原作自体が「R. U. R.」の影響を受けているのか?
受けているとしたらどれくらいなのか?
 
確かに、内容はかなり異なりますけど、
「ロボットが人間の代わりに労働を」
という部分は共通していますね。
 
「ロボット」は元々チェコ語で「強制労働」を意味する「Robota」を語源として、
「人造人間」という意味で誕生したわけですけど、
チャペックの存命中既に「機械人間」という意味でも使われる様になった。
(チャペック自身はその状況に難色を示していた様ですが)
 
「感覚の喪失」の原作小説「Ідуть роботарі」では、
まさに「機械人間」という意味で「ロボット」(робота)の語が
使われています。
 
ウクライナ語はチェコ語と同じスラヴ語派であるため、
「労働」に近い意味の「Robota」に近い単語があるのです。
例えば、物理学用語の「仕事」は「робота」
Робота (фізика) - Wikipedia
「工員」は「Робітник」と言います。
Робітник - Wikipedia
 
そんなわけで、せめて、
「チャペックの戯曲とヴラトコのSF小説に基づいている」
と解説してくれた方が、私としてはスッキリ納得するのですけどね…。
 
Железный бунт_2.jpg
Железный бунт - LiveJournal
 
そういえばここ最近でも、
ロボットの導入うんたらかんたらという話がありますよね。
 
例えば、エストニアの「無人運転バス」とか。
 
Driverless-shuttle-busses-Tallinn.jpg
Tallinn introduces driverless shuttle buses - Estonian World
 
3日間試験運転を実施したそうですが、
サイレンを鳴らしているパトカーに道を譲らなかったり、
信号を無視したりといった、ヒヤリとする場面が幾つかあったのだとか。
(まあ今の所はこんなもんでしょう)
エストニアで無人運転バス導入。信号無視するワイルドな一面も - ギズモード・ジャパン
 
80〜90年位前に作られた物語ではあるけれど、
今日的問題も含んでいるということで、
紹介するのもタイムリーなのかも知れないと思いました。

《転載終了》
posted by Satos72 | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

面白い食品・おかしな食品・謎の食品(東欧・ロシア編)

個人的に面白いと思ったからと、
ソニックもマリオもアニメ化されているという事で、転載。

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12290161997.html
2017年7月8日

《転載開始》

東欧やロシアなどの興味深い食べ物をいろいろ知ったので、
ここに雑多にご紹介いたします。
 
Вафельки.jpg
Вафельки - Леди Mail.Ru
ヴァーフェリキ(Вафельки)
というのを知ったのですが、日本語で紹介している方が、
どうも私しかおられない。
 
しかも、Wikipedia頁も作成されていない様ですので、
よく分かりません。
 
名前の響きからして「ワッフル」の仲間というのが何となく分かります。
ワッフルっぽいですが、何だか薄い感じ。
それを筒状に巻いています。
 
画像検索してみると、ウェハースも出てきたりします。
「ウェハース」も、名前の響きが似ている所から、
起源は同じのようです。
 
Ogórki Sonic_1.jpg
No bez jaj :D Nowa maskotka polskich ogórków? - Joe Monster
オグルキ(Ogórki)
という、要はポーランドのピクルスなのですけど、ラベルに、
ソニック・ザ・ヘッジホッグ(Sonic the Hedgehog)
が使われているという画像を見つけました。
 
ガリレオ(Galileo)という会社の製品だそうですけど、
余りそんなに画像が出ているというわけでもないので、
今流行りの「フェイクニュース」の類だったらどうしようとか
思ってるんですけど。
 
b54.png
LOL Media of Sonic (with some new rules) - SEGA Forum
でも、ネタにして楽しんでいるパロディ画像が幾つも作られているので、
あながちフェイクでも無さそうな気もします。
 
Marco_Pasta.jpg
Marco_Pasta_2.jpg
Supper Mario Broth - “Marco” brand pasta products.
ついでに↑こんなのも見つけました。
マルコ・パスタ(Marco Pasta)
というのですけど、日本語で紹介しているこちらの方によれば、
フィンランドの製品だそうですけど…。
 
Marco_Pasta_3.jpg
Wheat pasta - Amber Pasta
ところが↑こんなのも見つけちゃいまして、
一体何が何やら分からず混乱しています。
 
イタリアのアンベル・パスタ(Amber Pasta)という会社の製品です。
 
Гематоген Ну, погоди!.jpg
Гематоген Ну погоди 35gr - Vitateka OÜ
ロシアの人気アニメーションキャラクター
「ヌー、パガジ!」(Ну, погоди!)の
ゲマトゲン(Гематоген)
>です。
 
日本語では英語表記に倣って
「ヘマトゲン」(Hematogen)
と呼んでいるそうですけど。
 
私は最初、単にチョコレートバーか何かだと思いました。
しかし、違いました。
 
日本語で紹介している方が何人かおられるので参考にさせて戴くと、
何と「牛の血」で出来た、貧血予防の鉄分補給用、栄養補助食品
らしいというのが分かりました。
 
「牛の血」という事で、味はどうなのかと思いましたが、
キャラメルの様だとか、鉄の味だとか。
 
ロシアではありふれた食べ物らしく、
大抵薬局で売られていて、処方箋無しで買えるそうです。
参考にさせていただきました↓
コチラとかコチラ
 
色々種類があって、特にハリネズミが可愛くて好きです!!
Феррогематоген.jpg
Гематоген Феррогематоген 50г - aptekaveka.ru
 
そんなわけで、ここまでにいたします…
 
 
 
 
 
【追記】
興味深い飲料を幾つか知ったので追記します。
 
Квас_1.jpg
クワス - Wikipedia
クワス(クヴァス)(クヴァース)(Квас)
という、主にウクライナ、ベラルーシ、ロシアなどの、
東欧の微炭酸微アルコール飲料が今とても気になっています。
 
「酸汁」という意味があるそうで、
ライ麦と麦芽を醗酵させて作るそうで、
キエフ大公国時代から知られているそうです。
 
ソ連時代は大規模な工場で生産され、
町中や公園などに自動販売機も設置されていたそうですが、
ソ連崩壊後は国外から流入してきたコーラになど押され、
嗜好品としての役目を終えたとの噂も出たそうです。
 
しかしその後、2005年にペットボトル入りのクワスが登場するなど、
徐々にクワスの消費量も増えているとか。
(瓶入りや缶入りもあります)
 
更に、私みたいな好奇心のカタマリや、東欧好き、
共産趣味者など、日本からも熱い視線を集めているようです。
 
日本では、
自分で作るクワスの素がミッテさん辺りで売られていますけど、
缶やペットボトル入りのも売られているのでしょうか?
 
Квас_2.png
Kvass - Wikipedia
↑クワスの屋台(ラトヴィアのリーガ 1977年)
 
Тархун_1.jpg
Экспертиза: Тархун - Лаки Даки - Смотри куда идёшь
クワスを調べているその流れで、
タルフーン(Тархун)
という飲料の存在も知りました。
 
見た目メロンソーダの様ですが、
タラゴン(Tarragon)という薬草が用いられている飲料だそうです。
 
味は、風邪シロップに酸味を加えた様であるとかなんとか?
 
この飲料について更に調べを進めたところ、
1887年、ジョージア(グルジア)のトビリシで、
とある薬剤師によって初めて作られたのだとか。
つまり、ジョージアが発祥ということで。
 
それが、1981年以降ソ連で広く一般的に出回る様になったのだとか。
Тархун (напиток) - Wikipedia
 
Тархун_2.jpg
ტარხუნა Тархун - English Instagram
↑タルフナ(ტარხუნა) - ジョージア製のタルフーン

《転載終了》
posted by Satos72 | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

宇宙の若者(Отроки во вселенной)旧ソビエトのSF映画

アニメーションではないのですが、
大変興味深い内容なので転載します。
http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12286218935.html
2017年6月24日

《転載開始》

Отроки во вселенной_1.jpg

Отроки во вселенной_2.jpg

Отроки во вселенной_3.jpg

Отроки во вселенной_4.jpg

Отроки во вселенной_5.jpg

Отроки во вселенной_6.jpg
前回の記事に続きまして、今回も、旧ソビエトのSF映画です。
 
英題は「Teens in the Universe」(宇宙の十代)
 
1974年に制作され、監督は前作と同様に、
リチャート(リチャード)・ニカラエヴィチ・ヴィクトロフ
(Ричард Николаевич Викторов)
Отроки во Вселенной − Википедия
 
前作「モスクワ - カシオペヤ」(Москва - Кассиопея)は、
「スタートレック」とか「2001年宇宙の旅」などの影響を感じさせましたが、
今回紹介する「宇宙の若者」は、奇抜さに更に拍車が掛かっており、
前衛芸術的な要素を強く感じます。
 
例えば、「モード学園」のCMを彷彿とさせます。
具象的なシュルレアリスム絵画を映像にした様な感じと言えば分かりやすい?
 
既存の映画に例えれば、
アレハンドロ・ホドロフスキーの「ホーリー・マウンテン」とか、
ゲオルギー・ダネリヤ(ギオルギ・ダネリア)の「不思議惑星キン・ザ・ザ」
辺りを思い出してしまいます。
 
個人的には、目の数が4倍に見える眼鏡と、
W3(ワンダースリー)の「ビック・ローリー」や
ジョン・アーキバルド・パーヴィス(John Archibald Purves)の
巨大一輪自動車「ダイナスフィア」(Dynasphere)
を彷彿とさせる乗り物がお気に入り。
 
Big Lorry.jpg
『Dynosphere』実在した!!W3(ワンダースリー)のビック・ローリー
 
Dynasphere.jpg
1930年代「巨大一輪」電気自動車にトキメキが止まらなくてどうしよう...「ダイナスフィア(Dynosphere)」
Dynasphere - Wikipedia

《転載終了》
posted by Satos72 | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集