2017年06月11日

モスクワ - カシオペヤ(Москва - Кассиопея)旧ソビエトのSF映画

アニメーションではないのですが、
大変興味深い内容なので転載します。
2017年6月10日
http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12282379829.html

《転載開始》

Москва - Кассиопея_1.jpg

Москва - Кассиопея_2.jpg

Москва - Кассиопея_5.jpg

Москва - Кассиопея_6.jpg

Москва - Кассиопея_4.jpg

Москва - Кассиопея_3.jpg

1973年に制作された、旧ソ連のSF映画。
Москва − Кассиопея − Википедия
 
監督は、リチャート(リチャード)・ニカラエヴィチ・ヴィクトロフ
(Ричард Николаевич Викторов)
 
カシオペヤ座アルファ星の辺りから発する奇妙な電波を受信。
そして、現地へ到達する計画をソヴィエト政府が画策します。
宇宙航行は何十年も続くと見られたため、
老齢化を考慮し搭乗員には十代の若者が選ばれました。
 
乗組員の一人に
フィエジャ(フェージャ)・ロバノフ(Федя Лобанов)というおかしな子がおり、
そのロバノフの異常行動による誤操作のため、宇宙船が超光速推進へ移行。
 
このまま宇宙航行を続けるべきか判断に迷っていたが、
ロバノフのこの行動のため、継続する事が決定された…。
 
という感じでしょうか?
 
「スタートレック」とか「2001年宇宙の旅」などからの影響を受けている感じはします。
宇宙船の通路を逆さまに通る場面とか。
 
それに、ロシア風味が加味された感じ?
 
この映画には「Отроки во Вселенной」という続編があります。
「宇宙の若者」といった感じの意味ですが、
英語「Teens in the Universe」では「宇宙の十代」という題名です。
 
その続編では、奇抜で不可思議な世界が展開され、
カルトムービーとして話題になってもおかしくはないです。
 
アレハンドロ・ホドロフスキーの「ホーリー・マウンテン」とか、
「不思議惑星キン・ザ・ザ」辺りが好きな人にはお薦めです!!
 
「モスクワ - カシオペヤ」もそうなんですけど、地元ロシアはともかく、
日本などの国外ではどれくらいの知名度なんでしょうか?
 
日本語での紹介記事は、
モスクワ-カシオペア Moscow-Cassiopeia Москва – Кассиопея 1973 - それ行けB级映画集 GoGo B Movies!
しか見つけられませんでした。
 
共産趣味者が多くいる割には、って感じですね。

《転載終了》
posted by Satos72 | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

やる気マンマン!(Get up and Go!, 1981-1985)イギリスの子供番組

アニメーションではないのですが、特別に転載します。
冒頭の映像はアニメーションと見做せなくもない?

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11631392367.html
2013年10月20日

《転載開始》

Get up and Go!, Mooncat 1.jpg

《制作》
ヨークシャーテレビ制作所(Yorkshire Television Production)

http://www.youtube.com/watch?v=E7BnKFl7lYI


《資料》
Mooncat - Wikipedia
Get Up and Go! (TV Series 1981–1985) - IMDb
Get Up and Go! - The Medium is Not Enough

1980年代前半に放送されていた、子供向け番組。

『セサミストリート』(Sesami Street)や、
『ABC週末特集』(ABC Weekend Special)に登場する
『O・G・リードモア船長』(Cap'n O. G. Readmore)などの様に、
操作人形(パペット)と人間とのやりとりで話が進行するようです。

主人公のムーン・キャット(Mooncat)のパペットを制作したのは、
デヴィッド・クラリッジ(David Claridge)という人ですが、
声の担当もしているそうで、また、ローランド・ラット(Roland Rat)
というネズミのキャラのパペット制作と声も行っているそうです。

Roland Rat.jpg

ローランド・ラットは、知ったばかりなのでよく分からないのですけど、
手塚治虫言うところの「スターシステム」みたいに、
色々な所に登場している様です。
コンピューターゲームにもなっている様です。
Roland Rat - Wikipedia

キャラクターとしては、DJみたいな立ち位置でしょうか?
(よく分からないのですが)

http://www.youtube.com/watch?v=QTOajyzvIjE




ところで、とても気になったのは、
月猫(Mooncat)の風貌が、
妙に志村けんに似ているところ。
Get up and Go!, Mooncat 2.jpg

\だいじょうぶだぁ〜!!/
Get up and Go!, Mooncat 3.jpg

ついでに、
『飛べ!孫悟空』に人形で出演した志村けん(画像右)
と、志村けんとは全く関係無いけど、
『ママと遊ぼう!ピンポンパン』に登場した、
『ぶちゃ猫』(画像左の右側の人形)。
(ぶちゃ猫の画像が何故かネット上にほんの僅かしか出ていない)
Get up and Go!, Mooncat 4.jpg



ところで、オープニングの音楽の曲調は、どういう名称なのでしょうか?
ビートルズの『イエローサブマリン』(特に、イエローサブマリン音頭)とか、
香港映画の『悪漢探偵』のテーマ曲に雰囲気がちょっと似ていますが。
『ハワイアン』ではない?
『ウチナーPOPS』にもありそうな感じもします。
『東村山音頭』や『パタリロ!』に出てくる
『クックロビン音頭』にも雰囲気が似ている?

つまり、「音頭調」って事で宜しいでしょうか?

因みに「Get up and go」は、
「やる気」「やる気満々」を意味するそうです。
何だか、横山まさみちの名作漫画
「やる気まんまん」を思い出してしまいました。

《転載終了》
posted by Satos72 | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

ドミシェ(Domisie, 2004〜)ポーランドの子供番組

アニメーションではないのですが、
デザインに興味深いものを感じたため、特別に転載します。

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11631411713.html
2013年11月25日

《転載開始》

《放送》
ポーランド・テレビ第1放送(TVP1)

《ポーランドテレビサイト内のドミシェのページ》
Domisie - Telewizja Polska SA - TVP

《Wikipedia》
Domisie – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=Omptclo1-AM


プィシャ(Pysia)、アメルカ(Amelka)、エルィク(Eryk)、
ストラホヴィイ(Strachowyj)の4人の植物の精(?)

が中心に活躍する、ポーランドの子供番組。

服装が、モード学園のCMに相応しいデザインではないかと思いました。

「ドミシェ」というのは、彼らの住んでいる魔法の世界の事のようです。

劇場での演劇もやったりしているようです。
パラディウム劇場(Teatr Palladium)です。
Teatr Palladium - Domisie w teatrze

キャストには変更があったりするようで、
バズィリ(Bazyli)というキャラが、2008〜2012年まで登場し、
クバ(Kuba)というキャラが、2009〜2010年まで登場していたそうです。
(Wikipedia情報)

Domisie 1.jpg
左から、エルィク、プィシャ、クバ、アメルカ

Domisie 2.jpg
バズィリ(左から2番目)バジルの妖精?

Domisie 3.jpg
ストラホヴィイ(右上)2008年から登場(Wikipedia)。
2013年現在のキャストはこのメンバーらしい(?)です。

でも、ドミシェのサイトのトップ頁を見てみると、バズィリが出てきて、
ストラホヴィイが出てきません。

Domisie 4.jpg
その他にも、ゆるキャラみたいなパペット人形なども色々出てきます。
妖艶なバラのルジャさん(Pani Róża)(右上)とか、
巨大なイチゴキャラなど、中々魅力的です。
(ルジャさん以外の名前が分かりません)

《転載終了》
posted by Satos72 | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集