2017年04月05日

ハシモトさん(Hashimoto-san, 1959)日系アメリカ人による知られざるアニメ

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11453863171.html
2013年1月22日

《転載開始》

Hashimoto-san 1.jpg

Hashimoto-san 2.jpg

・監督(Director)
ボブ・クワハラ(Bob Kuwahara)
デイヴ・テンドラー(Dave Tendlar)
コニー・ラスィンスキ(Connie Rasinski)
・脚本(Writer)
ボブ・クワハラ
・スタジオ(Studio)
テリートゥーンズ(Terrytoons)

・資料
Hashimoto-san - Wikipedia, English
Hashimoto-san - IMDb

http://www.youtube.com/watch?v=oiMTeJ7YO5g


「日本人の知らない日本」シリーズ!!
たまたまYouTubeの検索で知った
昔のアメリカのアニメーションですけど、
何と、日本が題材なのです!!
しかも、今の所未だ日本でまともに認知されていません!!

このアニメについて紹介している
日本語のWeb頁もあるにはありますが、
数える程度しかありません。
画像検索でも、余り多く出てきません。
アルファベットによる検索でも余り出てこないので、
地元アメリカでも殆ど忘れ去られた、
知る人ぞ知る存在なのかも知れません。
もし、テレビで紹介したら、かなり反響が出るかも知れません?

このアニメの特徴は、作者が白人というのではなく、
日系人であること!!
外人が日本を題材に何かを制作するというのはよくありますが、
アメリカに於いて、日系人が、
日本を題材にアニメーションを作っていたとは、
素直に驚きました。

内容は、まあ、
取り立てて何か突出しているわけでは無いと思いますし、
ツリ目で描くなど、如何にも白人目線な描き方をしています。
が、作者が元々日本人であるだけあって、
内容にそんなに違和感は感じません。
でも、息子サブローが、自分の父親を「パパサン」と呼んでいるのは、
明らかに日本語間違ってます。
というか、日系アメリカ人の間ではそういう呼び方なのか?

「ハシモトさん」は、
「ハシモト・マウス」(Hashimoto Mouse)とも呼ばれています。

日米の異文化交流を描く話はよくありますが、
やはりここでもその手の話が描かれていました。
G・I・ジョー(G.I. Joe)と名乗るアメリカのネズミがハシモト家を訪れ、
交流する話。
ハシモトさんは、彼を「ジョーイさん」と呼ぶ。>
http://www.youtube.com/watch?v=YHMhzZBZV9A

http://www.youtube.com/watch?v=-CNllGnAohs




◎ハシモトさんについて
Wikipediaから、基本設定について引用してみます。
妻ハナコ(Hanako)、息子のサブロー(Saburo)、
娘のユリコ(Yuriko)との4人家族で、
柔道の先生という設定らしい。

当たり前ではありますが、
日本文化が強調されて描かれています。
例えば、ハシモトさんが、
柔道の技を用いて襲いかかる猫を撃退する所など。>

1959年に登場し、
1963年まで制作された短編テレビアニメだそうです。
NBC放送の
『サタデーモーニングカートゥーン』(Saturday morning cartoon)
枠内の
『ヘクター・ヒースコート・ショー』(The Hector Heathcote Show)
にて放送されたらしい。

ハシモトさんゲーム(Hashimoto-san game)
Hashimoto: San | Image | BoardGameGeek
Vintage Hashimoto-San Japanese House Mouse Game from 1963 - Etsy
や漫画本(金の鍵コミックス Gold Key Comics)
にもなっているそうです(後述)。
hashimotosan_game.jpg
Japan - It's A Wonderful Rife: Hashimoto-san

Wikipediaには更に、1980年代に制作・放映されたTVアニメ
『マイティ・マウス-新たなる冒険』
(Mighty Mouse: The New Adventures)
に友情出演していると書かれていますが、未確認。



◎ボブ・クワハラについて>
では、その作者であるボブ・クワハラについて調べてみました。

<Wikipediaより、引用開始>(完全ではない)

1901年(明治34年)、東京に生まれる。
本名:クワハラ・ロクロウ(Kuwahara Rokuro)桑原六郎?
1910年(明治43年)、家族と共にアメリカへ移住する。
1921年、ロサンゼルス工業高等学校を卒業。
その後、オーティス美術学校(Otis Art Institute)で1928年まで学ぶ。
1929年、ニューヨークで広告美術で働くが、世界大恐慌のため、
ロサンゼルスへ戻る事を余儀なくされる。
1932年、アニメーターとして、ウォルトディズニー社で働き始める。
『ミッキーの夢物語』(Thru the Mirror)や、
アカデミー賞にノミネートされた
『誰が駒鳥を殺したの?』(Who Killed Cock Robin?)、
『白雪姫』(Snow White and the Seven Dwarfs)等の制作に携わる。
1937年、MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)に移籍するも、
第二次世界大戦勃発のため、敵性外国人として、
ハートマウンテン移住センター(Heart Mountain Relocation Center)へ
強制収容される。
1945年、家族と共に、
ニューヨーク郊外のラーチモント(Larchmont)へ移住し、
5年間漫画を細々と描いた。
1950年、テリートゥーンズスタジオ(Terrytoons Studio)で、
再びアニメーションの仕事をする。
1959年、初監督作品『ハシモトさん』を制作。
テレビ番組、
ヘクター・ヒースコート・ショー(The Hector Heathcote Show)
にて放映される。
『わんわん保安官』(The Deputy Dawg)の監督にも携わったが、
『アストロナット・ショー』(The Astronut Show)で監督を務めたのが
最後の仕事となった。
(引用者注:Astronaut(宇宙飛行士)に引っ掛けた駄洒落と思われる。)
1964年、死去。

<引用終了>

Bob Kuwahara - Wikipdia, English

アメリカへの移住が9歳頃だというのを考えると、
『ハシモトさん』に対する少しばかりの違和感も納得というか。
分かりやすくするために誇張・強調するというのは当然でしょうけど、
生粋の日本生まれ日本育ちであれば、誇張するにしても、
違和感無く誇張できる筈ですが、
日本にいたのは微妙な期間ですからね。

インターネットが登場する以前の
外人の日本文化への誤解についての話はよく知られています。
例えば、中国と混同していたとか。
取り立てて興味が無いから誤解していたのか?
それとも、本当にまともに日本文化についての情報が
アメリカに入ってこなかったから、誤解していたのか?

ボブ・クワハラは、このアニメを制作するにあたって、
改めて日本文化を勉強したのだろうとは思いますが、
もしそうだとして、アメリカにいながらにして、
どれくらい日本文化を調べる事が出来たのか?

それから、このアニメが、当時、
アメリカへの日本文化の認知にどれくらい影響を与えていたのか?
与えているとしたら、どれくらいなのか?

とにかく、余り情報が出ていないという事もあり、
色々と興味をそそられるアニメではありました!!
最後の〆の「サヨナラ」がお気に入り!!

ボブ・クワハラの風貌を伝える写真
Robert Kuwahara.jpg
Robert Kuwahara | Densho Encyclopedia

漫画版(コミック・ストリップ)『ハシモトさん』
dinkyduck and hashimoto-san.jpg
Terrytoons: Hashimoto-San - cartoonretro
Deputy Dawg Presents Dinky Duck and Hashimoto-San Comic Books
Easily Mused: If You Crash Hashimoto-San's Daughter's Birthday Party...



◎DVDやVHSなどのソフト化について
VHSにはなっています。
Hashimoto-San VHS.jpg
Amazon.com: Terrytoons - The Good Guys: Hashimoto _ Hashimoto San [VHS]
DVDにもなっていますが、Wikipediaによれば、海賊版らしいです。



【追記】
画像(3〜6番目)追加
(2017/4/3)

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

うわァ!猫(Eek! the Cat, 1992-1997)アメリカとカナダのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11522669455.html
2013年5月3日

《転載開始》

Eek! the Cat DVD 1-1.jpg

Eek! the Cat DVD 1-2.jpg

【別題】
Eek! Stravaganza

【作者】(Creator)
サヴェイジ・スティーヴ・ホーランド(Savage Steve Holland)
ビル・コップ(Bill Kopp)
【監督】(Director)
ジョン・ハーフペニー(John Halfpenny)
ジェイミー・ホイットニー(Jamie Whitney)
【制作会社】(Production)
サヴェイジプロダクションズ株式会社(Savage Studios Ltd.)
ニルヴァーナ(Nelvana)


【公式サイト】
http://www.eekthecatworld.com/

【登場キャラクター】
イーク・ザ・キャット(Eek the Cat)
薄紫色のポッチャリした猫。主人公
アナベル(Annabel)
桃色の猫。一応ヒロイン?
シャーキー(Sharky)
鮫と犬が合体したような犬
エルモ(Elmo)
よくイークとつるんで何かやっている?アメリカアカシカ

【資料】
Eek! The Cat - Wikipedia English
Eek! the Cat (TV Series 1992–1997) - IMDb

http://www.youtube.com/watch?v=2-e5R9bJZwk


とうとう、アメリカのアニメをまともに紹介しました。

気付いている方がいるのかどうかは知りませんが、
今までは、意図的にアメリカのアニメを紹介するのを避けていました。
(※例外あり。日系アメリカ人制作によるアニメ『ハシモトさん』
《Hashimoto Mouse》や、背景にカタカナが出ているという理由で、
『ボビーの世界』《Bobby's World》を取り上げた事があります。)

というのも、アメリカはアニメ大国だからです。
日本のアニメを紹介するのを避けていたのも同じ理由です。
(※戦前の日本のアニメは紹介した事があります。)

弊ブログは、無名だけどいいなあと思うのものに
光を当てるのが目的ですから。

しかし、アメリカにも、恐らく日本には絶対入ってこないだろうな、
と思う様なアニメが幾つもあり、実際に、日本で放映所か、
まともに紹介されないアニメが幾つもあるのです。

何年も前からその存在を幾つか見つけていましたが、
中々踏ん切りが付かなかったのですけど、
アメリカのだからって無視するのは、
いけない差別だろうなと思いまして。

それから、20世紀はアメリカの時代でしたが、
21世紀の今日は斜陽してきていて、
アメリカの時代ではなくなって来たというのもあるので、
とうとう踏ん切りが付きました。

◎作品概要
さて、今回紹介するのは、約20年前の、
ポチャッとした猫が主人公のスラップスティックアニメ。

設定自体が色々とユニークで面白いと思いました。

主人公の名前「Eek」が、何か余り見慣れない単語です。
如何にも、エストニア語辺りにありそうな・・・?

で、調べてみたところ、何と、
「キャーッ!」「ウワァ〜!」という叫び声の擬声語なんだそうです。

なので、そういう訳題つけました。
「猫のうわ〜くん」という感じでしょうか?
題名からしてドタバタギャグというのが垣間見えます。

それから、ヒロイン的存在のアナベルですが、何と、超巨体です!!
物凄い肥満体のデブ猫なのです!!
(冒頭に示したDVD第1巻の裏面右側に出ています)

肥満者が多い事が悩みのアメリカ。
そのアメリカ社会の負の側面を反映でもしているのでしょうか?
アメリカンジョーク的なキャラ(余り意味分からないで言ってます)?

やたらと噛み付こうとするシャーキーというキャラは、
Wikipediaの説明によればアナベルの飼い犬だそうですが、
鮫犬(Sharkdog)というユニークな設定です。
(冒頭に示したDVD第1巻の裏面左側に出ています)
鮫犬は実在しません。
私も、実在しない動物の絵シリーズを描いたりしているので、
ちょっと嬉しいというか、「その手があったか」というか。

犬は“噛み付く”というイメージがあったりするので、
そこから大きく連想してサメに引っ掛けたのかも知れません。

◎作者自ら声の出演
何と、主人公のイークの声を、作者の一人であるビル・コップが担当。
もう一人の作者、ホーランドは、イークの相棒エルモの声を担当。
(エルモは、冒頭に示したDVD第1巻の前面左側に出ています)

ちょっと前に紹介したスウェーデンのアニメ『ロッティス』みたいです。

◎パロディ
『スタートレック』をパロッた回というのが幾つかあります。
http://www.youtube.com/watch?v=eGnqKuLBJAo


Eek! the Cat 3.jpg

「Star Trek」の「Trek」と「Eek」を引っ掛けて「Treek」という駄洒落にして、
『スタートリーク』(Star Treek)というサブタイを作っています。
エンタープライズ号を意識した宇宙船は、
作業靴の様な形をしています。
イークはその船長なのですが、服を着ています。
太っているため腹が出てヘソ出しルック状態。

また、『Xファイル』のパロディもありますが、
このアニメが放映されていた当時、
『Xファイル』の放映時期と被っているので、
時事的パロディということです。
『スタートレック』と『Xファイル』のパロディが出てくる回↓
http://www.youtube.com/watch?v=yxDkTCmc4CA


Eek! the Cat 5.jpg

スカリーとモルダーが最後のオチの所に出てきます。



こんなアニメが日本未放映というのは実に勿体無い事だと思いました。

そんなわけで、アメリカのアニメ(主に日本未放映)
も今後紹介していきますので、宜しくお願いいたします。

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

日本で知られていない、アメリカのアニメーション特集!!

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12031321463.html
2015年11月14日

《転載開始》

今回は、アメリカのアニメーションをご紹介します。

とは言うものの、日本では知られていないものばかりです。

20世紀の主役は、良くも悪くもアメリカでした。

21世紀の今はちょっと微妙な立ち位置ですし、
政治とか人種問題では批判されている所はあるのですけど、
それでも存在感はそれなりに大きいです。

でも、そんなアメリカでも、
日本で知られていない漫画やアニメーションが無くは無いのです。

今回は、それを取り上げます。





マギー・ドゥー・ボーイ・キャット
Muggy Doo Boy Cat
https://www.youtube.com/watch?v=TlioLmbShkc


Muggy Doo Boy Cat.jpg

ネコが主人公のカートゥーン。

Wikipediaによると、
作者の、ハル・スィーガー(シーガー)(Hal Seeger)は、
フライシャー・スタジオのアニメーターから活動を始めたそうで、
1941年のカラー長編アニメーション
『バッタ君 町に行く』(Mr. Bug Goes to Town)
の制作にも携わっているそうです。

また、アニメーターとしてだけでなく、
『ハイ・デ・ホー』(Hi-De-Ho)
『殺し屋ディラー』(Killer Diller)
『下宿のブルース』(Boarding House Blues)
などの脚本も務めたそうです。

彼の代表作は、
『怪物ミルトン・ショー』(The Milton the Monster Show)1965-1968
『バットフィンク』(Batfink)1966-1967
だそうです。
Hal Seeger - Wikipedia

で、「マギー・ドゥー」についてですが、Wikipediaによると、
初登場は漫画としてで、1953年からでした。
Muggy Doo Boy Cat 2.jpg
(画像はこちらから)Comic Book Plus

アニメーション版は、1963年から、
「Boy Pest with Osh」
というテレビ番組に登場したのだそうです。
(Boy Pest with Osh の意味が良く分かりません)

そして1965年には、
前述の「怪物ミルトン・ショー」の一コーナーとして、
キツネ版の「マギー・ドゥー」が放映されたそうです。

マギー・ドゥー・ボーイ・フォックス
Muggy Doo Boy Fox
(ギリシャ語版?)
https://www.youtube.com/watch?v=tGfoZOitvXs


Muggy Doo Boy Fox.jpg
(画像はこちらから)Ominous Octopus Omnibus

漫画版には、ネコ版しかなく、キツネ版は無い様ですね。

個人的には、キツネ版が好きなんですが・・・。

ハル・スィーガーは、2005年にお亡くなりになっています。





ベアリー一家
The Beary's Family
https://www.youtube.com/watch?v=-VQ4DUkxdDY


The Beary Family 1.jpg
The Beary Family 3.jpg


『ウッディー・ウッドペッカー』(Woodie Woodpecker)で有名な、
ウォルター・ランツ・スタジオ(Walter Lantz Studios)
で制作されたアニメーション。

Wikipediaによると、全部で28話作られ、
1962〜1972年まで放映されていたそうです。
The Beary Family - Wikipedia

ウォルター・ランツの作品でも、
日本に入って来ていない作品があったんですね。

他にも色々と、
日本に上陸していない作品がありそうな気がします。

というよりも、日本に入って来ているのは、
全体の一部なのでしょうかね?

内容は、熊の一家ベアリー家のドジっぷりを描く、
スラップスティックなアニメーション。

特に、父さんクマ、チャーリー(Charlie)が、
「ダメおやじ」っぷりを発揮。

口煩い母さんクマ、ベッスィー(Bessie)がそのドジの被害を蒙り、
怒って父さんクマをぶっ叩きます。

10代後半の息子、ジュニア(Junior)は、
優しいけれどちょっと抜けている所があり、
ダメ息子っぷりを発揮。

父さんクマが何かを要望したりしても、
その要望通りに行かず、失敗したりします。

不肖の息子(?)には妹、スーズィー(Suzy)もいます。





なんでもチュー助
Possible Possum
https://www.youtube.com/watch?v=q80pCfzilgM


Possible Possum.jpg
(画像はこちらから)The Retroist

ギターが得意なチュー助とその仲間たちの活躍を描くアニメ。

出だしは大抵、チュー助の奏でるギターと歌で始まります。

『わんわん保安官』(Deputy Dawg)で知られる、
「テリー・トゥーンズ」(Terrytoons)の制作で、
放映期間は、1965〜1971年。

「Possum」は一応「フクロギツネ」と訳されている様なので、
題名を直訳するならば、
「なんでもフクロギツネ」となるかも知れません。

しかし、何故「なんでもチュー助」なのかというと、
日本で放映されているからです。

でもはて?子供の頃、見た記憶が無かった様な・・・。

子供の頃、東京12チャンネル(現:テレビ東京)では、
ハンナ・バーベラとかワーナーとかの、
アメリカ産のアニメーションがやたらと放映されていましたが、
この作品は見た記憶がありません。

どうやら、放映されたのは、つい最近の様です。

「スーパー!ドラマTV」という、
海外ドラマ専門の衛星放送でだそうです。
なんでもチュー助 - Super! drama TV

なんでもチュー助.jpg






ヒースクリフとキャティラック・キャッツ - OP
Heathcliff and The Catillac Cats - Opening Theme
https://www.youtube.com/watch?v=Ml8mnc7WciA


Heathcliff.jpg
(画像はこちらから)YouTube

Heathcliff and The Catillac Cats.jpg
(画像はこちらから)Flickr


ジョージ・ゲイトリー(George Gately)が、
1973年から新聞連載していた、
気侭なネコが主人公の漫画を、アニメーション化。

1980年に、
『ヒースクリフとディングバット・ショー』
(The Heathcliff and Dingbat Show)
が放映され、1981年には、
『ヒースクリフとマーマデューク』
(Heathcliff and Marmaduke)
が放映。
Heathcliff (1980 TV series) - Wikipedia

さらに、1984年には、
『ヒースクリフとキャティラック・キャッツ』
(Heathcliff and The Catillac Cats)
が放映され、
Heathcliff (1984 TV series) - Wikipedia
1986年には、
『劇場版ヒースクリフ』
(Heathcliff: The Movie)
が上映。
Heathcliff: The Movie - Wikipedia

1980年代に、結構アニメ化されているんですね。

まるで、1980年代の「藤子不二雄ブーム」みたい。

アニメーションシリーズを見てみると、
どれもコラボレーションみたいに見えるのですが、
例えば、「ディングバット」や「マーマデューク」、
「キャティラック・キャッツ」などは、
独立した形で存在するのでしょうか?

それとも、元からヒースクリフと抱き合わせでしか
存在しないのでしょうか?

それにしても、私がとても不思議に思うのは、
ネコのヒースクリフって、よく見ますよね?

日本でも見覚えあるという方が、
結構いそうな感じがするのですけど、
その割には、「ヒースクリフ」で画像検索しても、
当該のネコのキャラクターが殆ど出てこないんですね。

ライトノベル、オンライン小説の
「ソードアート・オンライン」
の登場人物の「ヒースクリフ」の画像ばかりが出てきます。

辛うじて取り上げているブログ情報によると、
NHKの衛星アニメ劇場で放映された事があるそうです。
void Heathcliff - 運がいいとか悪いとか

あとは、「ニコニコ動画」とか、
ピクシブみたいな画像投稿サイト「TINAMI」
くらいでしょうか?

何だか、昔見た事あるのに、
何故だかまともにネット情報が出ていない作品って、
結構ある様な感じですよね?



というわけで、
知られざるアメリカのアニメーション特集でした!!

《転載終了》
タグ:アメリカ
posted by Satos72 | ┌ アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集