2018年07月01日

モーレツこぎつねマーチ(Nikno lapsēnu maršs)ラトヴィアのアニメーション

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11269427666.html
2012年6月6日

《転載開始》

モーレツこぎつねマーチ(子狐の猛烈行進曲)1995
(Nikno lapsēnu maršs)

詞(Dzeja)
イネセス・ザンデレス(Ineses Zanderes)
監督(Režisore)
ローゼ・スティエブラ(Roze Stiebra)
スタジオ(Studija)
ダウカ・アニメーションスタジオ(Animācijas filmu studija Dauka)
↓リンク先からご覧ください
Nikno lapsēnu maršs : Sprīdītis : Pasaku kino : Pasakas.net

Daukas filmas-Pasaciņas.jpg

Nikno lapsēnu maršs_1.jpg

Nikno lapsēnu maršs_2.jpg

Nikno lapsēnu maršs_3.jpg

ラトヴィアには歌のアニメーションが多いですが、コレもその一つ。
とてもノリが良く、ウキウキしていて、聴いていて心地よいですね。

NHKの『みんなのうた』に出しても全く違和感ありません。
というか、出した方が良いと思います(最近テレビは見ませんけど)。

また、制作されたのが90年代という事もあり、
伴奏には90年代のゲームミュージック的要素も勝手に感じました。
私は“元ゲーマー”なので。

実は、このアニメーションは去年から知っていたんですけど、
タイトルの意味が分からなかったので、
意味が分かるまで保留にしていました。
で、やっと分かったので、取り上げる事にしました。

「lapsēnu」が狐を意味すること、
「maršs」が行進を意味することは分かっていました。
問題は「Nikno」の意味が分からなかった事にありました。
でも、対英語訳付きの映像がYouTubeに上げられているのを発見したので、
「ninko」の意味も分かりました。
しかも、2008年ですから、かなり前です。今まで気付かなかったのです
↓対英訳付き版(YouTube)

「nikno」は「furious」と英訳されていたのですが、
「怒り狂った」「荒れ狂う」「猛烈な」等の意味があります。
別に怒っているわけではないので、「猛烈な」と解釈しました。

「lapsēnu」は「pups」と英訳されていますが、
「pup」には「子犬」「子狐」「狼の子」等の意味があります。
ラトヴィア語で「狐」は「lapsa」(女)ですが、


「lapsēnu」の主格と思われる(?)「lapsēns」で画像検索してみると、
子狐の画像がいっぱい出てくるので、
「子狐」を意味すると解釈しました。

ラトヴィア語の接尾辞「-u」は、私の経験上、
属格「-の」を表わすと思うのですが、
手許にある『ラトビア語基礎1500語』(大学書林)では、
イマイチよく分からなかったです。
男性名詞や女性名詞、語尾の種類によって、
違ったりするんですよね。
取り敢えず、「lapsēnu」は「子狐の」を意味すると解釈しました。
私は素人の少数言語マニアですので、
コレで合っているかどうかは断言しません。

で、実際に『みんなのうた』等で放送する事を念頭に入れて、
『モーレツ子ギツネマーチ』と、砕けた日本語訳タイトルを考えました。
やや抑えた表現で『子ギツネのモーレツ行進曲』とも訳しました。
(後者がしっくり行くかな?)

【追記】
画像3枚追加(2018/7/1)

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ラトヴィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

リーガのおかしな住民(Neparastie rīdzinieki, 2001)ラトヴィアのアニメ

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11432068168.html
2012年12月30日

《転載開始》

Daukas filmas-9 Neparastie rīdzinieki 2.jpg

Pasakas.netより視聴
Neparastie rīdzinieki : Neparastie rīdzinieki : Pasaku kino : Pasakas.net

ラトヴィア映画ライブラリー(Latvijas filmas Bibliotēkās)による紹介頁
Neparastie rīdzinieki - LMDb

その他の参考資料
Киноклуб "Феникс" -> Необычные рижане / Neparastie rīdzinieki, 2001

http://www.youtube.com/watch?v=2op9yznKX7c


Neparastie rīdzinieki_1.jpg

Neparastie rīdzinieki_2.jpg

・監督(Režisors)
ローゼ・スティエブラ(Roze Stiebra)
・脚本(Scenārija autors)
イルゼ・スクラスティニャ(Ilze Skrastiņa)
ローゼ・スティエブラ
・スタジオ(Studija)
ダウカ・アニメーション・スタジオ(Animācijas filmu studija Dauka)
・受賞
2001年度大クリスタプス(国立ラトヴィア映画祭)
Lielais Kristaps, Nacionālais filmu festivāls
に於いてアニメーション部門受賞。
Labākā animācijas filma (Lielais Kristaps) - Wikipedia, Latviešu

今年最後の更新となりました。
最後は、ラトヴィアのアニメーションで締めさせていただきます。
短編の多いラトヴィアアニメの中では珍しい、

中篇アニメーションです。

異形の者とも言えるユニークなキャラクターに、
キャラクターデザインの型に嵌らない様な自由さが見て取れます。
『ムーミン』とか『コジコジ』の脇役に出てきそう?

民謡の宝庫と呼ばれるラトヴィアだけあって、音楽もいいですね。
特に、冒頭の清々しい歌が魅力的です。
登場キャラクターが歌ったりします。
つまり、ミュージカルアニメでもあります。

遊園地かと思えてしまいそうなリーガの街がとても愉しそう!!
童心に帰って好奇心に満たされたい人は、
このアニメを見た方が良いかも?

因みに、ラトヴィアの首都リーガの
創設800周年を記念したアニメーションだそうです。

◎内容
将来、リーガの守護者『黄金の鶏』(Zelta gailis)
になることを夢見る鶏の子、
ユスティンシュ(Justiņš)と人間の女の子による、
不思議な街リーガに於ける冒険。

◎DVD購入はコチラ
Neparastie rīdzinieki - Jelgavas pilsētas bibliotēka
Neparastie rīdzinieki - BalticShop.com

それでは皆さん、良いお年を・・・。

【追記】
DVDの画像差し替え
アニメーションの画像2枚追加(2017/5/23)

《転載終了》

タグ:ラトヴィア
posted by Satos72 | ├ ラトヴィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

アルマジロのルァビス(Bruņnesis Robis)ラトヴィアのマスコット

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11859631206.html
2014年5月24日

《転載開始》

t00900133_0090013312951137248.jpg
Riga Summit 2015

ラトヴィアの道路交通安全局
(CSDD, Ceļu satiksmes drošības direkcijas)による、
シートベルト着用キャンペーンのマスコットは、アルマジロです。

「締めよう、危険ゼロ!」(Piesprādzē! Neriskē!)
が合言葉

コマーシャル映像
https://www.youtube.com/watch?v=_jii5zqTagw


グッズの一つでしょうか?欲しい〜!!
t01500150_0150015012951137432.jpg
Bruņnesis Robis viesosies arī Jelgavā - Jelgavniekiem.lv



着ぐるみによる、子供たちに対する実演指導。
CSDD kampaņas „Neriskē! Piesprādzē!” ietvaros tapusi izrāde „Robja skola” (1)
o0548041112951144662.jpg

こちらも↓
Robis atgādina par drošību | liepajniekiem.lv
Bērnus apciemoja Bruņnesis Robis::Latgales Laiks
Robis skolēniem mācīja satiksmes noteikumus::Latgales Laiks

でも、着ぐるみとは言えないですね。
マスク被ってるだけ。



《追記》
どうやら検索の仕方が間違っていたようで、
改めて検索してみたところ、
ちゃんとそれなりに画像がでてきましたし、
コマーシャル映像も削除されていませんでした。

ここにお詫びすると同時に、本文も書き直しました。



《追記2》
実は、ラトヴィアのマスコットではなく、
オランダ人、マールテン・レイネン(Maarten Rijnen)
のデザインしたマスコットのようです。

「アルマジロのホーヘム」(Goochem het gordeldier)
というらしい。
ハリネズミのチュクチュク(Chuku Chuku)アフリカネイションズカップ2015のマスコット

《転載終了》



「アルマジロのホーヘム」の画像です↓
o0452021813399392046.jpg
posted by Satos72 | ├ ラトヴィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集