2017年08月16日

竜の絨毯(Վիշապագորգ, 2008)アルメニアのアニメーション

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11135447762.html
2012年11月3日

《転載開始》

竜の絨毯 Վիշապագորգ 2008.jpg

ラテン文字表記
Vishapagorg
キリル文字表記
Вишапагорг

・監督(Ռեժիսոր)
・脚本主任(Սցենարի հեղինակ)
ガヤネ・マルティロスィヤン
(Գայանե Մարտիրոսյան:Gajane Martirosyan)
・制作会社(Արտադրող ընկերություն)
国立アルメニア映画センター
(Հայաստանի ազգային կինոկենտրոն)
http://ncca.am/producing/view/article/112
http://www.ncca.am/producing/view/article/29

アルメニアの動画サイトと思われる所に、映像が出ていました。
こちらは、一部だけ↓
http://www.memocast.com/media.aspx?id=119134982
こちらは、全部視聴できますが↓
視聴し終わった後、
続編『竜の絨毯の秘密』(Վիշապագորգի գաղտնիքը, 2009)(後述)
の映像が視聴できます。
Վիշապագորգ և Վիշապագորգի գաղտնիքը (մուլտֆիլմ) - Armtorrent

犬のおじさんの目の前で、発破により飛んできた岩の衝撃で、
岩だと思っていたものにひびが入るが、
実は竜(恐竜ではないようだ)の卵だった!!

その卵から誕生した竜の子は食いしん坊で、
草や果物等をどんどん食べていくが、
体がどんどん大きくなって行く上に、行く先々で迷惑がられてしまう。
犬のおじさんは、竜の子をかばい、助けていくが・・・。

◎タイトルの意味
最初、タイトルの意味が不明でしたが、
アルメニア文字表記をラテン文字や
ロシア文字に変換して検索を掛けた所、
アルメニア絨毯(Հայկական գորգ)
の一種で竜に因んだものらしい事が判明!!
ココで初めて、オチの絨毯の意味が分かりました。
http://www.armsite.com/rugs/rshow.phtml?slide=16
地元に因んだ内容だったのですね。

西方言では、有声が無声に、無声が有声に変化するので、
「ヴィシャパゴルグ」を「ヴィシャバコルク」と発音するのかも知れません。

更に詳しく調べてみると、
「Վիշապ」(ヴィシャップ)というのは、
アルメニアのドラゴンの事だそうです。
何と、日本語で解説している頁を発見!!
ヴィシャップ - 幻想動物の事典suppl.
Vishap - Wikipedia, Deutsch
「գորգ」(ゴルグ)というのは、
アルメニア語でカーペット(絨毯)を意味します。
գորգ - Wikipedia, Հայերեն

◎作品の所見
アニメーション処理は、とても丁寧で細かいです。
小国ながらも、アニメーション制作には拘りを見せています。

また、絵柄にも独自性(オリジナリティ)を感じます。
アルメニアアニメーションの巨匠、ロベルト・サハキャンツの絵柄と
通ずるものを感じました。

竜の子が生まれて直ぐ喋る所に突っ込み所を感じましたが、
話の筋は中々良いと思います。
前述の続編『竜の絨毯の秘密』は、前作とは舞台が異なり、
異世界での大冒険といった感じです。
こちらも、なかなか見応えありです!!
アルメニアン・カーペット作りの美女の作った魔法の絨毯や、
魔法の毛糸玉が活躍します。

それから、このアニメーションの監督、脚本を担当したのは、
以前紹介したアルメニアの人形アニメ『カエルの発明家』と同じ人です。
下の【関連エントリー】のリンク先からご覧ください。



【関連エントリー】
カエルの発明家(Գյուտարար գորտը)1982
http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11135442860.html

《転載終了》
タグ:アルメニア
posted by Satos72 | ┌ アルメニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

古いアルメニアのアニメーション集!! その2

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11974718563.html
2016年7月31日

《転載開始》

アルメニアの古いアニメーション特集の第2弾です。

前記事↓
古いアルメニアのアニメーション特集!!
2016年05月26日
イヌとネコ(Շունն ու կատուն, 1938)アルメニアのアニメーション
2015年01月11日

アルメニアの生活は大変の様ですが、
過去にこういった興味深い仕事をしているので、
そういう部分には積極的に目を向けたいと思います。





司祭と山羊
Տերտերն ու այծը
Поп и коза
The Priest and the Goat
1941年
https://www.youtube.com/watch?v=PCOWpIe3JOQ


Поп и коза.jpg

《監督》 Режиссёр
レフ・アタマーノフ(Лев Атаманов)
《脚本》 Автор сценария
ムクルティチュ・コリュン(Մկրտիչ Կորյուն, Мкртич Корюн)
レフ・アタマーノフ
《美術》 Художник-постановщик
M・カラペティヤン(Մ. Կարապետյան, М. Карапетян)
《時間》 Время
10分(10 мин.)

《資料》
Поп и коза - Kinopoisk.ru

あるとき、強欲な司祭が、何か理由をつけて、
幸せに暮らしている一家のヤギを強引に取り上げてしまいます。
さあ、どうなることでしょうか?
という内容であろうと思います。

アルメニアのおとぎ話を基にしているという情報源もあれば、
アルメニア近代の詩人、作家である、
ホヴハンネス・トゥマニャン(Հովհաննես Թումանյան)
の物語を基にしているとする情報源もあり、よく分からないですが、
恐らくは、トゥマニャンが、
昔から伝わる民話を物語として整えたのかも知れません。
ソヴィエト・エジプト - カートゥーン:アニメーション100年史

このアニメーションの特徴は、
セリフ回しがオペラ調の歌になっているところ。

アタマーノフの前作の『イヌとネコ』(Շունն ու կատուն)でも、
セリフが歌になっていたりします。

主人公とその家族は、
デフォルメされずに真面目な描写で描かれていますが、
司祭は如何にも漫画っぽく滑稽に描かれています。

因みに制作年は、資料によって「1939」年と出しているのもありますが、
映像の字幕に「1941」と出しているので、
1941年に間違いないと思われます。





太陽の花嫁
Արեւի հարսնացուն
Невеста Солнца
The Bride of the Sun
1971年
https://www.youtube.com/watch?v=aO5k7P6mSAY


Արեւի հարսնացուն 1.jpg

Արեւի հարսնացուն 2.jpg

Արեւի հարսնացուն 3.jpg

Արեւի հարսնացուն 4.jpg

《監督》 Ռեժիսոր
ステパン・アンドラニキャン(Ստեփան Անդրանիկյան, Степан Андраникян)
《脚本》 Սցենարիստ
Z・ビノヤン(Զ. Բինոյան)
ステパン・アンドラニキャン
《美術》 Նկարիչներ
ステパン・アンドラニキャン
《制作会社》 Ընկերություն
アルメニア映画(Հայֆիլմ)
《時間》 Տևողություն
10分ほど(10 րոպե)

アルメニア神話を描いたものの様ですが、
Wikipedia頁が作成されておらず、具体的にはよく分かりません。

風の神なのか嵐の神(精?)なのかよく分かりませんが、
太陽の花嫁となる女性に執拗に言い寄り、添い遂げようとします。

しかし、当然の事ながら拒絶されてしまいます。

それでも諦めきれずに強引に略奪しようとしますが、
太陽の神?によって阻まれます。

この作品で興味深かったのは、
渦巻く風の描写のトリッキーさと細やかさ。

それから、悪役の風の精(?)の表情が凄く変わるところ。

イケメンっぽく描かれたりしますが、
立腹すると、滑稽な変顔になります。

映像がボロくて見辛いのが難点ですが、
デジタルリマスター処理で綺麗な映像にでもなってほしいところ。

因みに、監督、脚本、美術を務めたのは、
ステパン・アンドラニキャンという人で、
1927年生まれとの事ですが、ご健在だそうです。

アルメニア語ですが、Wikipedia頁が作成されており、
画家、舞台デザイナーであると紹介されています。
Ստեփան Անդրանիկյան - Wikipedia Հայերեն

1967年に、
「アルメニア・ソビエト社会主義共和国名誉芸術家賞」
(ՀԽՍՀ վաստակավոր նկարիչ)
2011年に、
「アルメニア共和国人民芸術家賞」
(Հայաստանի Հանրապետության ժողովրդական նկարիչ)
を受賞とのことです。







こぐまたちがクジラを養った方法
Ինչպես արջուկները կերակրեցին կետաձկանը
Как медвежата китов кормили
1974年
https://www.youtube.com/watch?v=boz-kIrGt2w


Как медвежата кита кормили.jpg

《監督》 Режиссёр
ロベルト・サハキャンツ(Ռոբերտ Սահակյանց)
《脚本》 Автор сценария
ロベルト・サハキャンツ
リュドミラ・サハキャンツ(Լյուդմիլա Սահակյանց)
《美術》 Художник-постановщик
レヴォン・ハチャトゥリャン(Լևոն Խաչատրյան)
《スタジオ》 Студия
アルメニア映画(Հայֆիլմ)
《時間》 Длительность
9分42秒(09 мин. 42 сек.)

《資料》
Как медвежата китов кормили - Wikipedia Русский

2人の小熊たちが、クジラを紹介するテレビ番組を見ていたところ、
電波障害が発生したため、途中で見られなくなってしまいました。

彼らは、クジラというものを具体的によく知らない。

なので、食べ物を持ってクジラに会いに行くことにしました。

ところがそこで、カメさんに遭遇します。

カメさんは、小熊たちがクジラというものを知らない事を良いことに、
自分こそがクジラであると嘯きますが・・・。

という内容だろうと思います。

まずこのアニメーションを見て思ったのは、
小熊たちを見ていて、「たくぎん」(北海道拓殖銀行)のマスコット、
たくちゃんを思い出してしまったこと。

例えばこんな感じの↓
たくちゃん.jpg
たくぎん 北海道拓殖銀行 クマのたくちゃん ソフビ人形 貯金箱 ギターを弾いている - アンティークらしさ

というのも、私が子どもの頃、近所に「たくぎん」があって、
親がよく利用していたから。

たくちゃんの貯金箱を何回か貰った記憶がありますが、
親が処分してしまったのか、いつの間にかありません。

もっと大事にしておけば良かったなァ〜・・・。

でも、そんなには似ていませんね。

それにしても、この亀さん、本当に亀なのでしょうか?

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ アルメニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

古いアルメニアのアニメーション特集!!

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11974612896.html
2016年5月26日

《転載開始》

Կախարդական գորգը 1.jpg

魔法のじゅうたん
Կախարդական գորգը
Волшебный ковер
The Magic Carpet
1948年

<監督>Ռեժիսյոր
レフ・アタマーノフ
Лев Атаманов

<脚本>Սցենար
ニコライ・クラード
Николай Кладо
ゲオルギー・グレーブネフ
Георгий Гребнер
レフ・アタマーノフ

<音楽>Երաժշտություն
グリゴル・エギアザリャン
Գրիգոր Եղիազարյան
ゲガム・サリャン
Գեղամ Սարյան

<スタジオ>Ստուդիա
イェレヴァン映画スタジオ
Երևանի ֆիլմերի ստուդիա
Ереванская киностудия

<時間>Տևողությունը
37分(37 րոպե)

<資料>
Волшебный ковер - Kinopoisk.ru

https://www.youtube.com/watch?v=7zPDfXnadp4


終戦直後だというのに、よく制作できる余裕があったなと思った。
しかもカラーで、動きも細かく、35分程と割りと長め。

Կախարդական գորգը 2.jpg

言葉がよく分からないので内容解説は適当ですが、
山の魔王(?)によって城に幽閉されてしまった娘を、
吟遊詩人(?)の若者が救出するというお話の様です。

Կախարդական գորգը 3.jpg

救出しただけでは終わらず、
その後も苦難を乗り越え戦う場面があります。

その際、魔法の絨毯が大いに活躍しますが、
その戦いが、他の大勢を救うことにも繋がります。

彼の持っている楽器の音色にも、魔法の力がある様です。

Կախարդական գորգը 4.jpg

何かで見た記憶なのですが、ソビエトロシアが対ドイツ戦で勝利し、
ドイツの開発したカラーフィルムを持ち帰ったとか、
そんな話を見たと思うのですが、改めて調べてみると、
それを裏付ける話がWikipediaに出ておりました。

1936年に、アグファ(Agfa)社がカラーフィルムを開発したそうですが、
アグファのヴォルフェン工場は、
第二次世界大戦での敗戦によって米軍の管理下に置かれ、
アメリカのコダックやイギリスのイルフォードに資料が没収された上に、
ソ連の占領下に置かれる地域にあったため、その後、
ソビエト軍政に引き渡されると、工場は解体され、
主要なドイツ人スタッフと共にソビエト連邦国内に移転し、
ソ連のカラーフィルム産業の基礎を形作ることになったそうです。
ORWO - Wikipedia

終戦直後にカラーアニメーションを作れた背景には、
そういった理由があるのではないかと私は思っています。

ドイツの技術を没収するまでは、
ソビエトはずっとモノクロ映画だった様で、
ソビエト初のカラー映画は、終戦直後の、
『石の花』(Каменный цветок)1947年
だそうです。
ロシアの映画 - Wikipedia

そういえば以前、アルメニア初のアニメーション
『イヌとネコ』(Շունն ու կատուն)1938年
を紹介しましたけど、
そのアニメーションを監督したのも、
アニメーション史に燦然と輝く
『雪の女王』(Снежная королева)1957年
を監督したのも、アタマーノフです。
イヌとネコ(Շունն ու կատուն, 1938)アルメニアのアニメーション
2015年01月11日

このアニメーションは、
ソビエトのアニメーションと呼んで良いのか、
アルメニアのアニメーションと呼んで良いのか、
よく分からないところはあります。

まあ、どちらでも良いのかも知れませんけど。

「イェレヴァン映画スタジオ」は、現在の
「アルメニア映画」(Арменфильм, Հայֆիլմ)
にあたるもので、1957年に、現在の名前に変わったそうです。
Арменфильм - Wikipedia Русский

(追記:Wikipedia頁が作成されているのが判明しました。
空飛ぶ絨毯の助けを借りて、竜を倒すというお話だそうです)
Կախարդական գորգը (մուլտֆիլմ) - Wikipedia Հայերեն





Փարվանա 1.jpg

パルヴァナ
Փարվանա
Парвана
Parvana
1970年

<監督>Ռեժիսյոր
ヴァレンチン・ゲオルギェヴィチ・パトパモーゴフ
(ヴァレンティン・ゲオルギー・ポトポモゴフ)
Валентин Георгиевич Подпомогов
Վալենտին Գեորգիի Պոդպոմոգով

<脚本>Սցենար
アルメン・ハイラペティアン
Արմեն Հայրապետյան
ヴァレンチン・パトパモーゴフ

<音楽>Երաժշտություն
ロベルト・アミルハニャン
Ռոբերտ Ամիրխանյան

<スタジオ>Ստուդիա
アルメニア映画
Հայֆիլմ

<時間>Տևողությունը
14分(14 րոպե)

<資料>
Парвана / Parvana / Փարվանա (1970) | ARMENIA-MOYA.RU

https://www.youtube.com/watch?v=dlxEsrhZrHA


この作品は、Wikipedia頁が作成されていないので、
(というか、見つけられないだけ?)
色々と分からない事だらけです。

臆測で語る部分もあるかも知れませんので、ご注意を。

見た感じ、パルヴァナ姫の婿になろうと、
大勢の男たちが力比べや得意技の披露を行っている様に見えますが、
YouTubeに出ている解説文を読むと、
美しい王女パルヴァナを崇拝する男たちが、
彼女の求めに応じて「決して消すことのできない炎」を得ようとするが、
誰一人として戻ってくることがなく、王女は彼らの死を嘆き悲しむ、
という内容だそうです。

Փարվանա 2.jpg

Փարվանա 3.jpg

Փարվանա 4.jpg

グルジアに「パラヴァニ湖」(ფარავნის ტბა)という湖があるのですが、
パルヴァナの涙で出来ているという言い伝えがあるそう。
Паравани - Wikipedia Русский

ფარავნის ტბა.jpg
<※画像はWikipediaより>

カフカース地方の伝説に基づいた作品と思われますが、
YouTubeに出ている解説文によれば、アルメニア近代の詩人、
ホヴハンネス(ホヴァネス)・トゥマニャン
(Հովհաննես Թումանյան, 1869-1923)
に基づいた作品と出ています。

伝説をもとに、トゥマニャンが詩作したのかも知れません。

因みに、この作品を監督したパトパモーゴフ(1924-1998)は、
エレヴァン(イェレヴァン)の出身だそうですが、
名前からしてアルメニア系ではなく、ロシア系と思われます。

何故なら、彼を紹介したWikipedia頁のアルメニア語版でも、
姓の語尾がアルメニア風の「〜ヤン」となっておらず、
アルメニア文字で「Podpomogov」と表記されているからです。
Վալենտին Պոդպոմոգով - Wikipedia Հայերեն

Wikipedia頁のロシア語版には、
彼の携わった映像作品の数々が出ておりますが、
暇な時にでも内容を詳細に調べられたらなァと思っております。
Подпомогов, Валентин Георгиевич - Wikipedia Русский

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ アルメニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集