2017年12月24日

トレフリク一家(Rodzina Treflików)ポーランドの人形アニメーション

https://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11884395247.html
2017年12月23日

《転載開始》

2017年最後の記事となりました。
月日の経つのは早いですねェ。

今年も色々と楽しい出会いがありました。
来年はどんな出会いがあるかな?
それでは、本題に移ります。


Rodzina Treflików.jpg
Rodzina Treflików – bohaterowie nowego polskiego serialu dla dzieci w TVP ABC - Mam rodzinę

《監督》
マレク・スクロベツキ(Marek Skrobecki
《脚本》
ピョトル・ドゥマラ(Piotr Dumala
イザベラ・オパフスカ(Izabela Opawska
ヤドヴィガ・ホツクバ(Jadwiga Hockuba)
《スタジオ》
スタジオ・トレフル(Studio Trefl)
《放送》
ポーランド・テレビABC(TVP ABC)
Rodzina Treflików - Wikipedia
"The Treflik Family" (2016) - IMDb

今回紹介するのは、
トレフリク一家(英題:The Treflik Family)という人形アニメーションで、
2016年の登場だそうです。

この緑の生物のモデルが一体何なのかよく分かりません(熊?)けど、
ケモナーの私にとっては普通に好きになれる作品です。>
しかしひとつ妙に違和感感じるのは、
画像の一番右にいる、トルコ人の様な小柄なおじさん。

一体何者なのか調べてみたところ、
ちいさなヴイチョ(Mały Wujcio)という魔法使いのおじさんだそうで、
大人には見えない(子どもには見える)そうです。
大人には見えないドラえもんみたいな居候って感じ?

動物の一家のペットが人間という、
「逆さまの世界」を描いたえげつないアニメなのかと
一瞬驚きましたが。

スタジオの名前自体、このアニメの一家と同じっぽいんですけど。
このアニメのためのスタジオでしょうかね?

グッズが幾つかあるみたいです。
下に示すのは、パズルみたいです。
Rodzina Treflików_2.jpg

Trefl, Rodzina Treflików, Rodzinne śniadanie, puzzle, 60 elementów - Smyk.com


こちらは、トレフリク一家の秘密、みたいな内容の様です。
「トレフリク一家と小さな魔法使い1」
(Trefl Rodzina Treflików Mały czarodziej 1)
Rodzina Treflików_3.jpg
Trefl Rodzina Treflików Mały czarodziej 1 - Książeczki-bajeczki
第1弾があるということは、第2弾も?

着ぐるみもあります。
Rodzina Treflików_4.jpg
Studio Trefl i TVP ABC – specjalny pokaz Rodzinki Treflików - RynekZabawek.pl

「トレフリク一家」とは別に、
「トレフリク」というバスケットボールのマスコット
と思われるものも見つけました。
最初無関係なのかと思いましたが、胸のロゴが同じなので、
関係性はあるようです。
Rodzina Treflików_5.jpg
Treflik i Trefflinka - Galeria zdjęć - Trojmiasto
こちらの方がアニメよりも先なのかどうかはよく分かりませんけど、
こちらの方も、体が緑色をしています(ライオン?)。



最後はコチラ!!
(トレフリクとは無関係)

カカオ・プハテク(Kakao Puchatek)
puchatek_1.jpg
Wygraj wycieczkę na Wyspy Kanaryjskie - Puchatek | Zgarniajto.pl

puchatek_2.jpg
Promocje Maspex dedykowane Euro 2012 - Hurt i Detal

《公式サイト》
https://www.puchatek.pl/

ポーランドのココア飲料のマスコットです。
この熊さんいいわァ〜!!

元はこのプハテクの紹介記事を
下書き保存の状態でずっと前からストックしてあったのですけど、
最近は、サラッとした軽い記事は何だか勿体無くて、
手間隙掛かる様なサービス精神旺盛な記事を書かねばと思い、
トレフリク一家を紹介したついでにプハテクを、となりました。

それでは、2017年度の当ブログ記事はこれにて終了となります。
皆様にとって、2018年が良き年である事を切に願います。

《転載終了》
タグ:ポーランド
posted by Satos72 | ├ ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

ちいさなルビシュ(Petitki Lubisie)ポーランドのお菓子

https://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12048072734.html
2017年9月2日

《転載開始》

Miś Lubiś.jpg
Maskotka przytulanka Lew Nici Miś Lubiś zestaw Łódź - Sprzedajemy.pl

Miś Lubiś_2.jpg
Ogłoszenia – SOSW Sławno

今回は、ポーランドのこの子熊さんのご紹介ですが、
小熊の形をして中にクリームの入った
スポンジケーキのマスコットです。

初め「Petitki Lubisie」の意味が分からなかったのですけど、
「Lubisie」の原形は「Lubiś」らしいと分かりました。

「Miś Lubiś」(こぐまのルビシュ)と呼ぶらしいです。

「Petitki」は、
フランス語で「小さい」を意味する「Petit」から来ている様です。
(ポーランド語では「小さい」を「Mały」といいますので)
なので、「Petitki Lubisie」を「ちいさなルビシュ」と訳しました。

Petitki Lubisie_1 .jpg
Petitki Lubisie - Selgros24

商品は実に沢山の種類があり、上に示したのはその極一部です。



所で実は、このこぐまと全く同じで商品の内容も同じですが、
名前の違う商品があります。

барни.jpg
Барни - Мон'дэлис Русь - FoodCOST

「バルニ」(Барни, Barni)といいます。

ボリシェヴィク(Большевик)という会社で製造されていましたが、
Wikipediaによると2007年にクラフトフーヅロシア社に買収され、
現在はその会社で製造されているみたいです。
ボルシェビク (製菓) - Wikipedia

その「ボリシェヴィク」という会社は元々、
フランス人実業家のアドルフ・スー(Адольф Сиу)夫妻が、
1855年にモスクワで開業したパン屋が発祥。

1884年に「A・スー&K」社(А. Сиу и К)という名で法人化。

それが、ロシア革命後の1924年に国有化され、
「ボリシェヴィク」と名を改めたとのこと(Wikipedia)。

「バルニ」はポーランドでは「ルビシュ」という名前で
出ているのでしょうか?

Barni_1.jpg
BARNY Milk Cake 30g - GroceryCome

「Petitki Lubisie」の商品の左上に「LU」と出ていますが、
こちらにも左上に「LU」と出ていますね。
少なくとも関連性があるのは確認できました。

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

ネンディの日記(Plastusiowy pamiętnik)ポーランドの児童文学作品

https://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12298305305.html
2017年8月5日

《転載開始》


 
Plastusiowy pamietnik_1.jpg

今回紹介するのは、ポーランドの児童文学作品です。
何だか、チェブラーシカに似てる様で違う不思議なキャラですね。
 
まず最初に、そのテレビシリーズをご紹介します。
人形アニメーションと実写の融合です。
 
Wikipediaによると、8話(1話10分ほど)まで制作され、
1980〜1981年に放映されたのだとか。
 
監督(Reżyseria)脚本(Scenariusz)を、
ゾフィア・オウダク(Zofia Ołdak)が担当したそうです。
Plastusiowy pamiętnik (serial animowany) - Wikipedia
 
原作は、
マリア・コヴナツカ(Maria Kownacka, 1894-1982)という作家によるもので、
1931年に誕生したそうです。
Maria Kownacka.jpg
Maria Kownacka - Wikipedia
Plastusiowy pamiętnik - Wikipedia
 
Plastusiowy pamiętnik_5.jpg
KOWNACKA Marja Plastusiowy pamiętnik [I wydanie !] - Antykwariat Atticus
最も古い書籍は恐らく↑かも知れません。
(真ん中に余計な灰色の帯&文字が出てますが)
 
原題は「プラストゥシュの日記」(Plastusiowy pamiętnik)となりますが、
主人公の名前「プラストゥシュ」(Plastuś)は、
「粘土」を意味する「Plastelina」をモジった造語のようです。
読書 - poziomkaとポーランドの人々
 
実は1968年に内田莉莎子さんによって邦訳されており、
「ぼくはネンディ」という邦題が付けられ学習研究社より出版、
1976年に「ネンディのぼうけん」と改題されましたが、
その「ネンディ」という名前も「粘土」をモジった造語と思われます。
このセンスには感動を憶えました。
 
ぼくはネンディ.jpg
ぼくはネンディ - にわとり文庫 - おちゃのこネット
 
ネンディのぼうけん.jpg
アマゾン: Amazon | ネンディのぼうけん (新しい世界の童話)
 
更に、日本版では、
「ぐりとぐら」のイラストで有名な山脇百合子さんが担当しており、
中々良い人選ではないかと思いました。
 
勿論、地元ポーランドでも様々な人がイラストを描いており、
人によって絵柄も大分異なります。
 
Plastusiowy pamiętnik_2.jpg
Plastusiowy pamiętnik - Kownacka Maria | Książka w Sklepie EMPIK.COM
人形アニメ版を踏襲しているのでしょうけれど、
個人的にアンパンマンっぽくて余り可愛いとは感じません。
 
Plastusiowy pamiętnik_3.jpg
Plastusiowy Pamiętnik * KWIATKOWSKA ZBOROWSKI CD
これ、可愛くて凄く好きです!!
 
Plastusiowy pamiętnik_4.jpg
Plastusiowy Pamiętnik. Przygody Plastusia - ambelucja.pl
これもイイですね!!
 
それから、やはりというか、演劇にもなっています。
 
Plastusiowy pamiętnik_6.jpg
PLASTUSIOWY PAMIĘTNIK – Nowohuckie Centrum Kultury
 
アニメや漫画などの人気キャラクターというのは、大体に於いてですが、
ミュージカルなどの舞台になる事が少なくありません。
ネンディもやはりそうなりましたか…。
 
しかも、ココに紹介したものだけではなく、複数種類の舞台があります。
検索すれば色々と出てきます。
演者の顔が隠れているバージョンとか。
 
というわけで、ネンディをご紹介いたしました!!
 
《追記》
「Plastusiowy pamiętnik」「ぼくはネンディ」「ネンディのぼうけん」
の発表年、出版年が間違っていたので訂正しました。
 
「Plastusiowy pamiętnik」は、初登場(雑誌掲載)が1931年。
書籍化が1936年だそうです。
 
「ぼくはネンディ」の出版年は、
1967年、1968年、1969年と、情報によってマチマチですが、
1968年が恐らく最も妥当だと思われます。

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集