2016年07月31日

うさぎのパラウシェク(Zajączek Parauszek,2013)ポーランドのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11495501172.html
2013年7月13日

《転載開始》

Zajączek Parauszek.jpg

・原案(Pomysł serialu)
ヴォイチェフ・プルフニェヴィチ(Wojciech Próchniewicz)
ズビグニュー・ジュムツキ(Zbigniew Żmudzki)
・脚本(Scenariusz)
ヴォイチェフ・プルフニェヴィチ
アントニ・バニコフスキ(Antoni Bańkowski)
ユリャ・シニャロフスカ(Julia Śniarowska)
クシシュトフ・ブジョゾフスキ(Krzysztof Brzozowski)
・監督(Reżyseria)
クシシュトフ・ブジョゾフスキ
ヤツェク・ウェフタニスキ(Jacek Łechtański)
・制作会社(Produkcja)
セ・マ・フォル(信号)映画プロダクション(Se-ma-for Produkcja Filmowa)

・話数
シリーズ1(I seria):13話(13 odcinków)
シリーズ2(II seria):13話(13 odcinków)
・1話分の時間
10分(min)
・制作年(Rok Produkcji)
2013年

・資料
Powstaje przepiękny serial dla dzieci! - Jedynka - polskieradio.pl
Parauszek już prawie gotowy - TVP.pl
„Zajączek Parauszek” powalczy we Francji - tvp.info

予告編(Teaser)
http://www.youtube.com/watch?v=pgVH5bToOJU


ポーランドの人形アニメです。

ポーランドの人形アニメと言えば、
『おやすみ、クマちゃん』(原題:こぐまのウシャテク, Miś Uszatek)
が、日本で公開された(東京都写真美術館(恵比寿)など)事で、
日本でも認知されましたが、今回紹介するこのアニメは、
とても真新しいもののようです。
(何と、『おやすみ、クマちゃん』を制作した会社と同じ Se-ma-for が制作)

というか、実は未だ放映されていないようです。
どうやら、今年9月から、ポーランドのテレビで放映されるらしいです。

まず、シリーズ1(13話)が放送されるとの事です。

シリーズ2(13話)は、今年末までに完成させるとか。

また、
アヌシー国際アニメーション映画祭 2013
(Festival International du Film d'Animation d'Annecy 2013)
にも出品したらしいです。
6月に開催なので、既に終っているわけですが、
果たして受賞したのでしょうか?

その他にも、幾つかの映画祭に出品とか。

予告編を見ての軽い感想ですが、時代がちょっと反映された感じ?
主人公のパラウシェクとか狼、狐辺りは、今風の服装だなと思いましたし、
エレキギターとかドラムキットなど、恐らく昔のほのぼの動物人形アニメでは
余り在り得なかったと思うものが出てきた所が印象的でした(偏見?)。

因みに、『Flapper the Hare』という英題が付いています。

「Flapper」というのは、
「垂れ下がった平らなもの、バタバタ音を立てるもの、
強い印象を想い起こさせるもの」の意。
転じて、1920年代のアメリカの女性文化(flapper)、
更に転じて(流行に敏感で活発な)「現代っ子な娘」(アメリカ俗語)
の意味もある。(Wikipedia)
だそうです。
フラッパー - Wikipedia

成程と思いました。

そんなわけで、気の早い紹介記事でした。

【主人公以外の登場キャラクター】
兔の少女のウシャ(Zajączka Usia)小熊のベネク(Miś Benek)
カササギのマジャ(Sroka Madzia)梟のウフ(Sowa Uhu)
ヘラジカのウォパテク(Łoś Łopatek)ビーバーのクレペク(Bóbr Klepek)
狐のフレデク(Lis Fredek)狼のヴァルデク(Wilk Waldek)

《転載終了》



おまけ、DVDの画像(2016/12/3)
Zajączek Parauszek 1.jpg
Parauszek i przyjaciele (Serial TV 2013-2014) - Filmweb
posted by Satos72 | ├ ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

ピンピン(Pin-Pin)(2)ルーマニアのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11573703726.html
2013年7月16日

《転載開始》

Pin-Pin DVD.jpg

・監督(Regia)
・脚本(Scenariul)
・デザイン(Grafica)
ルミニツァ・カザク(Luminița Cazacu)
・音楽(Muzica)
ヨン・クリスティノユ(Ion Cristinoiu)
・スタジオ(Studioul)
アニマフィルム(Animafilm)

・資料
Pin-Pin (film) - Wikipedia Română

http://www.youtube.com/watch?v=tiRPojZcYHs


ルーマニア革命前夜に作られたアニメ。

主人公のルックスが、如何にもサンリオ的?

私は勝手に、
“ルーマニアのサンリオキャラクター”
と呼んでいます。

実はこのアニメは、2008年11月20日に既に紹介していました。
http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10167138262.html
しかし、当時は映像が動画サイトに出ておらず、
内容もよく分からなかったので、ルーマニアにサンリオみたいなキャラの
アニメがあるとだけ紹介しました。

今では、色々と内容が分かったので、改めてまた紹介します。

このアニメは、1986年から1989年までテレビ放映されていた
『ピンピンの冒険』(Aventurile lui Pin-Pin)を、
1990年に、『ピンピンの旅行記』(Călătoriile lui Pin-Pin)という題名で、
劇場用長編アニメに再編集したものらしいです(Wikipedia情報)。

『機動戦士ガンダム』でもそういうのがありましたね。

また、このアニメは、ミュージカルアニメでもあります。
主人公のピンピンは、自らのテーマソングを、
劇中でくどい位の回数歌います。
恐らく、テレビ放映されていた時の話数分は歌っているのでしょう。

日本ではミュージカルアニメが制作されないとかいった噂が
ネットにある様ですが、終戦直後には、『すて猫トラちゃん』(1947)という、
オペレッタ形式のアニメがあります。
http://www.youtube.com/watch?v=d_nN0_DZPHw


アニメーション処理についてですが、ちょっと雑さを感じました。
ルーマニア革命前夜で予算の問題でもあったのか?
それとも、単に技術の問題であったのか?
その辺りは分かりません。

余り関係無いですが、ピンピンに意地悪する女ギツネの声が、
何となくドロンジョ様(小原乃梨子)っぽい?

若い頃はダイアナ妃に似ていた(?)作者のカザクさんは、残念ながら、
2011年にお亡くなりになっています。
Luminița Cazacu - Wikipedia Română

ご冥福をお祈りします。

【あらすじ】
サーカスで手品師として働いているペンギンのピンピンが、
仲間に意地悪されて故郷に帰りたいと、団長に泣きつきます。

団長は、仕方が無いなと、故郷へ帰る事を許します。
故郷への旅路では、様々な出会いや困難に会います。
さて、どうなることやら・・・。
(といった感じでしょうか?違っていたらすいません)

最後は、感動的です!!
(ネタバレしてはいけないと思うので、あまり具体的な事は書けませんが)



最後に・・・
『タキシードサム』とタッグ組ませたら、
面白いのではないか、と。

《転載終了》



動画が削除されていたので上げ直し。
http://www.youtube.com/watch?v=FrRo0HZoz6g




おまけ画像
Pin-Pin.JPG

Wikipediaに出ている画像
Pin Pin.jpg

切手になっている様です。
Pin Pin 2.jpg
ルーマニア 1989年アニメ8種 - 日本切手・外国切手の販売・趣味の切手専門店マルメイト
posted by Satos72 | ├ ルーマニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

アルマジロのルァビス(Bruņnesis Robis)ラトヴィアのマスコット

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11859631206.html
2014年5月24日

《転載開始》

t00900133_0090013312951137248.jpg
Riga Summit 2015

ラトヴィアの道路交通安全局
(CSDD, Ceļu satiksmes drošības direkcijas)による、
シートベルト着用キャンペーンのマスコットは、アルマジロです。

「締めよう、危険ゼロ!」(Piesprādzē! Neriskē!)
が合言葉

コマーシャル映像
https://www.youtube.com/watch?v=_jii5zqTagw


グッズの一つでしょうか?欲しい〜!!
t01500150_0150015012951137432.jpg
Bruņnesis Robis viesosies arī Jelgavā - Jelgavniekiem.lv



着ぐるみによる、子供たちに対する実演指導。
CSDD kampaņas „Neriskē! Piesprādzē!” ietvaros tapusi izrāde „Robja skola” (1)
o0548041112951144662.jpg

こちらも↓
Robis atgādina par drošību | liepajniekiem.lv
Bērnus apciemoja Bruņnesis Robis::Latgales Laiks
Robis skolēniem mācīja satiksmes noteikumus::Latgales Laiks

でも、着ぐるみとは言えないですね。
マスク被ってるだけ。



《追記》
どうやら検索の仕方が間違っていたようで、
改めて検索してみたところ、
ちゃんとそれなりに画像がでてきましたし、
コマーシャル映像も削除されていませんでした。

ここにお詫びすると同時に、本文も書き直しました。



《追記2》
実は、ラトヴィアのマスコットではなく、
オランダ人、マールテン・レイネン(Maarten Rijnen)
のデザインしたマスコットのようです。

「アルマジロのホーヘム」(Goochem het gordeldier)
というらしい。
ハリネズミのチュクチュク(Chuku Chuku)アフリカネイションズカップ2015のマスコット

《転載終了》



「アルマジロのホーヘム」の画像です↓
o0452021813399392046.jpg
posted by Satos72 | ├ ラトヴィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集