2016年01月31日

クラシュ(Kraš)クロアチアの製菓会社

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12122316018.html
2016年1月30日

《転載開始》

Kraš 1.jpg
16 - Kraš

《公式サイト》
http://www.kras.hr/en/home

旧ユーゴスラヴィアが建国されるよりも以前の、
1911年から創業され、現在も続いている、
チョコレート製品製菓会社。

Wikipediaによれば、
母体となる「ウニオン」(Union)が1911年に設立、
「ビズィヤク」(Bizjak)が1923年に設立。
1950年に、それらが合併し、
ヨスィプ・クラシュ(Josip Kraš)の名前を取って、
「クラシュ」が誕生したとのこと。
Kraš - Wikipedia English

旧ユーゴスラヴィアの製菓会社には、現在は廃業していたり、
セルビアの「ツィピリピ」(Cipiripi)みたいに
吸収合併の憂き目に遭っているものがあったりするので、
現在も残っているというのは素直に嬉しいですね!!
ツィピリピ(Cipiripi)セルビアのチョコレート製品

私がこの会社の存在を知った切っ掛けは、
『クラシュ・エクスプレス』(Kraš Express)
という、ココア飲料(ミロみたいな?)の古いコマーシャル映像を、
YouTubeで見たのが切っ掛けです。

割と前だったのですが、やっと今回紹介に漕ぎ付けました。

https://www.youtube.com/watch?v=Iv7zuNAgVO4


Kraš 2.jpg
Kraš 3.jpg
Kraš 4.jpg

少年少女たちが動き回っている系のCMは、
絵柄が、スロヴェニアを代表する漫画家、
ミキ・ムーステル(Miki Muster)を彷彿とさせますが、
そうであるかどうかは不明です。

「バスケットボール編」もYouTubeに出ています。

https://www.youtube.com/watch?v=-m8Xn34L-Es


Kraš 5.jpg
Kraš 6.jpg

朝起きて「クラシュ・エクスプレス」を飲んだと思ったら、
もう夜が来て、寝る前に「クラシュ・・・」を飲んだと思ったら・・・、
を、エンドレスで繰り返すCMに思わずクスッとしてしまいました。

こちらは、新しいCM映像↓
https://www.youtube.com/watch?v=FHVn1WMpx7I


Kraš 7.jpg
Kraš 8.jpg
Kraš 9.jpg
Kraš 10.jpg

お年寄りの手助けをしようと思っても引っ込み思案でできず、
勉強も頭に入らない・・・、
見かねたママから差し出された「クラシュ・・・」を飲んで、
スーパーマンに変身!!
というのは、在りがちといえば在りがち。

https://www.youtube.com/watch?v=RdaCcbF1FVg


Kraš 11.jpg

古いCMソングを今風にアレンジしてますねェ。

後の座席に乗っている少年少女は、
古いCMに出てきた少年少女を意識してデザインしているのでしょうか?

丁度100周年である、2011年のCMだそうです。

それから、最後にご紹介したCMの最後に、
http://www.igraoni.ca/
というアドレスが表示されているのがとても気になりますが・・・。

『イグラオニ』(Igraoni)という会社なのですが、
「ca」はカナダのドメインなので、カナダの会社でしょうか?

公式サイトにもカナダ国旗が出ていて、
カナダの会社なのだろうとは思いますが・・・。

カナダでは「イグラオニ」が販売しているという事でしょうか?

でも、「igraoni」で画像検索すると、
クロアチア語の文字が出てくるのです。

「カナダに進出したクロアチアの会社」という事でしょうか?

よく分かりません。

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

キツネのフェアディ(Ferdi Fuchs)ドイツのソーセージのマスコット

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-12098472664.html
2016年1月23日

《転載開始》

Ferdi Fuchs 1.jpg
Ferdi Fuchs - Fuchshausen

《公式サイト》
http://www.ferdi-fuchs.de/

https://www.youtube.com/watch?v=YxcwUqq-fto


今回は、ソーセージのマスコットキャラクターのご紹介です。

私は基本的に、自分からは肉は食べず、
出されたら食べる人間です。

とは言うものの、
人が肉を食べるのは別に構わないと思っております。

価値観の押し付けは絶対いけない事ですから。

肉食の是非については、人類が続いていく限り付き纏う、
永遠のテーマなのかも知れません。

それはそれとして、
ソーセージのキャラクターは興味深かったので、
紹介しようと思った次第です。

きつねのフェアディには、
きつねの女の子の、フランツィ(Franzi Fuchs)
ビーバーの、ベアティ(Berti Biber)
ハリネズミの、インゴ(Ingo Igel)
などの仲間がおります。

そして、彼らからソーセージを横取りしようとして
いつも失敗している、
イノシシのヴィッリー(Willi Wildschwein)
もおります。

フェアディのアニメーションCMには様々なものがありますが、
ヴィッリーがフェアディ達からソーセージを奪うけど、
奪い返された上に、酷い目に遭うというオチが、大体多いです。

紅一点のフランツィについてですが、
彼女は「ヘソ出しルック」をしている事が多いです。

Ferdi Fuchs 2.jpg

Ferdi Fuchs 3.jpg

でもどうなんでしょう?

漫画やアニメなどでは当たり前の様に出てくる「ヘソ出し」ですけど、
アメリカ辺りでは「ビッチ」がやるものだとかで、
ポケモンのカスミの描写が問題になったとかいう話を
聞いた事があるのですが・・・。

「キム・ポッシブル」はどうだったんでしょうかね?

まあ、別にいいのですけど。

それから、「トレジャー・ハンター編」(Die Schatzjäger
でのヴィッリーなんですけど、食品のCMであるにも拘らず、
「半ケツ」描写は如何なものでしょうか?
(お食事中の方はゴメンなさい)
https://www.youtube.com/watch?v=GMB9zvRqWuo


Ferdi Fuchs 4.jpg

日本人は繊細な感覚なので、日本でこんな描写でもしたら、
絶対クレームが付くと思います。

おっさんキャラの半ケツなので、尚更でしょうね。

外国のものを見ていると、時々、
日本では絶対NGだろうなというものを見たりします。

それが、面白いと言えば面白いのですが・・・。

半ケツというのは要するに、B系ファッションの一種である、
「腰パン」から来ているものと思われます。

彼らは全体的に、流行の服装や着こなしをしていますから。

着丈の短いシャツによる、
「腹チラ」「背中チラ」描写も少なくありません。



キツネのフェアディは、元は全裸だった様で、
仲間たちも下半身裸だったりします。
https://www.youtube.com/watch?v=SBatVn2mD18


Ferdi Fuchs 5.jpg

キツネの女の子の、バブズィー(Babsie Fuchs)
だけちゃんと服を着ていますが、穿いているのが、
スカートなのかブルマーなのかイマイチ不明。

Ferdi Fuchs 6.jpg
Stockmeyer - Ü-Ei-Stammtisch

旧デザインの時は、前出のバブズィーちゃんと、
イタチの、イリヤ(Ilja Iltis)
がいた様ですが、新版ではこの二人は引退した様です。

そして、バブズィーちゃんに代わって、
フランツィちゃんが登場したわけです。

何だか、荒井注や志村けんを思い出しました。



因みに、「Ferdi」を「フェルディ」ではなく「フェアディ」に、
「Berti」を「ベルティ」ではなく「ベアティ」にしたのは、
現代ドイツ語ではそういう発音になるからです。



最後に、「Berti Biber」で検索して見つけたものをご紹介して、
終わりたいと思います。

Biber Berti.jpg
Steckbrief von Berti Biber - Biber Berti und seine Freunde

「ビーバー・ベアティ」(Biber Berti)
というのですが、詳細はまたの機会にということで・・・。

(このキャラも、ヘソ出しっすなぁ・・・)

《転載終了》
posted by Satos72 | ┌ ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

惑星モルドヴァ(Planeta Moldova)モルドヴァのバラエティ番組

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11943712494.html
2014年10月25日

《転載開始》

Planeta Moldova 1.jpg

公式サイト
http://www.planetamoldova.net/

羨望(Invidia)
http://www.youtube.com/watch?v=BBQUiEIsC1U


『羨望』はレゲエ調の歌ですが、どうもその内容は、
「世界が憧れる惑星モルドヴァ」
といった感じの様です。

で、注目すべきは、その中に日本人も描かれているところです。

Planeta Moldova 2.jpg

ちょんまげに和服、帯刀姿ですけど(笑)。

アメリカ人、ドイツ人、イギリス人、フランス人、日本人が、
楽園さながらの惑星モルドヴァに憧れ、
ロケットに乗ってやってきました。

Planeta Moldova 3.jpg

皆、モルドヴァの国旗を持っています。

最後には、他の大勢の人々も、
ロケットに乗って次々に惑星モルドヴァに殺到するという内容で
締めくくられます。

凄い自画自賛ですねェ〜!!

皮肉なのか、何なのか、その意味で面白いと思いました!!




今回紹介する『惑星モルドヴァ』(惑星モルドバ)という番組は、
モルドヴァの、歌あり、笑いあり、トークあり、アニメーションありの、
要はバラエティ番組の様です。

「MTV」に近い感じでしょうか?
(違っていたらすいません)

ブラックユーモアな毒気に溢れた内容の様です。

アニメは、マテイ・ブラニャ(Matei Branea)という人が制作しています↓
ゴキブリ司令部(Gandacii HQ)
http://www.youtube.com/watch?v=W_pYWDZpXEQ


マテイ・ブラニャさんのサイト↓
http://www.branea.ro/

アニメの様な背景をバックに、ブラックなコントをしたりもします↓
手術(Chirurgie)
http://www.youtube.com/watch?v=up9wB-49CZY


かなり前ですが、ニコニコ動画に『羨望』が上げられています↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7217327




ところで、モルドヴァ(モルドバ)とは何ぞや?

ルーマニアの東に隣接する国ですが、
言語的文化的民族的に、ルーマニアそのものです。

歴史的には、ソビエトに併合されたりと、色々と因縁のある土地です。

1994年には、
ルーマニアとの併合の是非を問う投票が行われたそうですが、
圧倒的票差で、「モルドヴァ共和国」(Republica Moldova)
として独立する事が決まりました。

でも、民族的にはルーマニアであるため、国旗は、
ルーマニアのものに似せています。
(ルーマニアは青、黄、赤の三色ですが、
モルドヴァはその中央部に国章を付けた形です)

モルドバ - Wikipedia




モルドヴァの東側にはウクライナがありますが、モルドヴァの東部に、
ウクライナとの国境に沿う形でドニエストル川が流れており、
そのドニエストル川東岸からウクライナの間の南北に細長い
「沿ドニエストル」という地域には、ロシア系住民が多数住んでいるため、
1990年に、
沿ドニエストル共和国(Приднестровская Молдавская Республика)
として独立を宣言。

国際的には承認されていませんが、
モルドヴァの実行統治が及んでおらず、
事実上の独立状態にあるそうです。

ロシアへの編入を希望しているそうで、
その是非を問う投票が2006年に行われたそうですが、
不正投票の疑いが濃厚だそうで、欧州、アメリカ等は認めていません。

沿ドニエストルの人口比率は、モルドヴァ(ルーマニア人)、ウクライナ人、
ロシア人が、それぞれ約3割と、三者共大体同じくらいです。

でも、ロシア系の力が強いのでしょうね。

沿ドニエストル共和国 - Wikipedia




まあ、色々と大変な様ですが、頑張ってくださいね!!

《転載終了》



【追記】
アメブロは、ニコニコ動画を貼り付けると、
記事の書き直しができなくなるバグが発生するので、
アメブロの記事にはニコニコ動画を貼っていませんが、
シーサーでは特に問題は無いので、動画を貼っています。
タグ:モルドヴァ
posted by Satos72 | ├ モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集