2017年03月22日

エストニア初アニメーション『犬のユックの冒険』がYouTubeに出ていた!!

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11461736997.html
2013年2月3日

《転載開始》

Kutsu-Juku seiklusi 4.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=7H5OCE7m05A


・監督(režissöör)脚本(stsenarist)
ヴォルテマル・パッツ(Voldemar Päts)
・制作(produtsent)撮影(operaator)
アレクサンテル・テッポル(Aleksander Teppor)
・スタジオ(Stuudio)
ヨーニス・フィルム(Joonisfilm)

2011年2月10日の記事で紹介した、エストニア初のアニメーション
『犬のユックの冒険』(Kutsu-Juku Seiklusi)
がYouTubeに上げられていた事に、1年以上気づきませんでした。
何と、同年の12月に上げられていたのです。

最初に紹介した時点では、動画サイトに出ておらず、
一部画像がネットに出ているだけでした。

私は、興味の対象が幅広いため、
くまなく情報を得られているわけではありません。
ましてや、日本では殆ど知らない様な情報ばかりなので、
情報提供してくれる人も極めて少なく、
また、情報をよく提供してくれる人から、
私の発見した情報に教えられた、と言われる事も多い。

そんなわけですが、この意外な発見により、
用意していた記事の公開を、1回分ズラす事になりました。



◎作品の所見
『カッコウ』のメロディがBGMとして流れ、無声映画によくあるような、
映像場面と字幕場面が交互に現われる形式。
で、字幕の文字を、弁士が読み上げます。
公開当時も、そのようにして上映したのでしょうか?

キャラクターの動きはぎこちなくゆっくりめですが、
主人公ユックは、首や胴、足等が伸びたり、鼻が取れたりして、
アニメーションとしての面白さを追求しようという姿勢が垣間見れます。
ディズニーの『蒸気船ウィリー』(1928)から未だ3年しか経過しておらず、
手探り状態であったとは思うので、致し方無いでしょう。



◎記念プレート
以前紹介した時は触れませんでしたが、
このアニメーションを記念した金属プレートが、
エストニアの首都、タリンの地面のどこかに埋め込まれているらしい。
その画像がネット上に出ています。
Kutsu Juku seiklusi. Tallinn - Яндекс.Фотки
1931. A VALMIS SELLES MAJAS ESIMENE EESTI ANIMAFILM
≪KUTSU JUKU SEIKLUSI≫
1931年、エストニアで最初のアニメーションがこの家で誕生、
みたいな内容だと思われる。



2011年の秋に『バルト三国記念週間』という催しが行われていました。
その関連イベントの一つとして、>
バルト三国のアニメーション上映会『バルト海の奇妙な果実』が、
東京・阿佐ヶ谷の『アート・アニメーションのちいさな学校劇場』
で行われました。
そのチラシを見てみると、エストニアアニメーションの祖を紹介する映画
『時の王たち』(Aja meistrid, 2008)が上映プログラムに含まれていて、
大いに期待したのですが、
『犬のユックの冒険』の作者ではありませんでした。
エリベルト・トゥガノフ(Elbert Tuganov, 1920-2007)と
ヘイノ・パルス(Heino Pars, 1925-)
の二人の人生を辿ったドキュメント映画です。
『犬のユックの冒険』が制作された時、彼らは未だ子供でした。
彼らは、エストニア人として初めて、
世界中の映画館に作品を届けた作家だそうです。
あくまで、そういう意味でのエストニア初であるなら、納得行きますが。

【追記】2017/3/27
ヘイノ・パルスは、2014年10月4日に死去しています。

《転載終了》

映像が削除されていたので、上げ直し。


私が現地に赴いて撮影した、記念プレートの画像。
フィン・エスト旅行49 - 小.JPG
タグ:エストニア
posted by Satos72 | ┌ エストニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

壮大なるトルコ人(Muhteşem Türkler)トルコのアニメーション

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11442129764.html
2013年2月12日

《転載開始》

Muhteşem Türkler, 2006.jpg

Muhteşem Türkler_2.jpg

脚本(Senaryo Yazarları):ヤルヴァチュ・ウラル(Yalvaç Ural)
監督(Seslendirme Yönetmeni):セルマ・イェシルバ(Selma Yeşilbağ)
美術監督(Sanat Yönetmeni):デルヴィシュ・パスィン(Derviş Pasin)
音楽(Müzik):ケマル・ギュニュチュ(Kemal Günüç)
スタジオ(Stüdyo):シネ・プラス(Cine Plus)
放送:トルコ国営放送(TRT:Türkiye Radyo Televizyon Kurumu)

http://www.youtube.com/watch?v=ogfixEOvOv0


以前、トルコのアニメーションを探し出すのにとても苦労しましたけど、
最近、幾つか発見したので、順に紹介したいと思います。

気が早いので、その内の一つを軽く紹介しましょう。
スペインに『ぽこよ』(Pocoyo)という3Dアニメがありますけど、
見た目がそれに似た様な雰囲気のアニメがあるのです!!

『ペペー』(PEPEE)というのですが、トルコに留学なさった方が、
既にブログで紹介していました。
http://ameblo.jp/ajiko918/entry-11277028801.html
100%トルコ製で、トルコの子供たちに大人気なんだとか。
YouTubeにも出ています。
http://www.youtube.com/watch?v=am6EEmw16Rk


『ペペー』はまたいつか紹介するとして、今回は、
『壮大なるトルコ人』なるアニメーションを紹介しましょう。

トルコの歴史を描いた、テレビアニメーションです。
日本でも『まんが日本史』(日本テレビ)
というテレビアニメーションがありましたが、
それのトルコ版といった所でしょうか。
まんが日本史 (日本テレビ) - Wikipedia

大体見た所見ですが、まず最初に案内役の女の子の説明があります。
そして、トルコの伝説や歴史上の人物についての話が始まり、
終ると再びその女の子が出てきて説明して終る、といった感じでしょうか?

『まんがことわざ事典』(東京12チャンネル、現:テレビ東京)
というアニメがやっていて子供の頃見ていましたけど、


それに構成がちょっと似ているかも知れません。


まんがことわざ事典 - Wikipedia

あと、日本のアニメで少し似ているのと言えば、
『まんがはじめて物語』(TBS)でしょうか。
このアニメ、好きでよく観てましたね。
まんがはじめて物語 - Wikipedia

最後にちょっと分からない事。
「Cine Plus」で検索すると、ドイツ語記事が出てきますが、
トルコ語による記事は見つけられません。
ドイツにそういう名前のスタジオがあるらしいというのは分かりましたが、
トルコにもあるのか?
それとも、このアニメーション自体、ドイツで制作されているのか?
よく分かりません。

それから、『壮大なるトルコ人』というアニメは、
他にも別種類のがあるようです。
案内役の女の子が出てこない回があるのかと思いましたが、
どうも違う様です。

《転載終了》

おまけ
https://www.youtube.com/watch?v=ULrFdsjb2RU


Muhteşem Türkler_3.jpg
posted by Satos72 | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

ヴィエニッスィマ!(Vieníssima!)アルゼンチンのウィンナーのマスコット

http://ameblo.jp/sekaino-television999/entry-11629628941.html
2014年1月14日

《転載開始》

アルゼンチンの、加工肉製造会社のマスコットは、犬3匹。

「Vieníssima」が「ウィンナー」と語源が一緒なのは言うまでもありません。

それにしても気になるのは、裾が短すぎて、腹が見えているところ↓
チーズ入りヴィエニッシマ(VIENISSIMA con queso)2007
ケモショタのファン獲得狙いですか?
睫毛も描かれているし、何気に狙っているのでしょうか?
ゲストキャラのネズミですら、腹チラしてます。
しかも、ネズミの声が『キテレツ大百科』のトンガリ(三ツ矢雄二)にソックリ!!
http://www.youtube.com/watch?v=GP66OpHxTbk


皆で腹出して踊ろーぜー!!

これが本当の“腹踊り”だ!!
なんつってー!!

Vienissima! con queso 2007.jpg

タンパク質の源(VIENISSIMA Fuente de Proteínas)2006
腹チラが気になってしょうがない・・・
http://www.youtube.com/watch?v=RJuvpdOn5x8
VIENISSIMA Fuente de Proteínas.jpg



こちらは、マスコットの古いバージョン↓
Publicidad Vieníssima | Resiste un archivo
服を着ておらず、首輪を付けています。
昔から睫毛は描かれていたんですね。
http://www.youtube.com/watch?v=5ea7XgCK0ks
Vienissima  Resiste un archivo.jpg

ヴィエニッシマでミラネサ(Milanesas de Vieníssima)1982
「ミラネサ」とは、衣を付けて揚げた料理のこと。
日本では「トンカツ」に近い。
アルゼンチンやメキシコ等、中南米で食べられているそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=6pQlvxIUrTw
Vienissima! Milanesas de Vienissima 1982.jpg



キャンペーンCM↓
隕石(Vieníssima meteorito)
http://www.youtube.com/watch?v=nYqrmP_vYpI
Vienissima Meteorito.jpg

ファンツアー(Fun Tour Vieníssima)2010
http://www.youtube.com/watch?v=aKNUI2uRxBY
Fan Tour - Vieníssima -2010.jpg



カウボーイ姿↓
バクーナス(VIENISSIMA Vacunas)1995
「バクーナ」って、予防接種(ワクチン)という意味ですよね?
http://www.youtube.com/watch?v=cYeAz7l3YgY
Vienissima! vacunas 1995.jpg



こちらは、自然環境を守りますとアピールしてるのでしょうか?↓
青い地球計画(VIENISSIMA Mision Planeta Azul)
2082年のブエノス・アイレスという設定。
コスチュームがカッコいい!!
http://www.youtube.com/watch?v=TGAmUjYJZ-I
Vienissima! Mision Planeta Azul.jpg

これも、基地から発信する場面がカッコいい!!↓
ママのピンチ!!(VIENISSIMA Mamá en problemas)1998
http://www.youtube.com/watch?v=qHLy1WsgbvQ
Vienissima! Mamá en problemas 1998.jpg



なんじゃこりゃあ〜!!
実は女だったの?
睫毛が描かれているという事は、そういう事だったの?
まあ、「鉄腕アトム」だって、元は松島トモ子がモデルだったというし。
三つ子(VIENSSIMA Trillizas)1980
http://www.youtube.com/watch?v=j9kzhi_nM3U
Vienissima! Trillizas 1980.jpg



【追記】
名前の日本語表記について。
アルゼンチンはスペイン語が公用語です。
スペイン語では「V」は「B」と同じ発音になります。
また、同じ子音が2つ連なっても詰まった発音をしません。

しかし、「Vieníssima」の「ss」がイタリア語の様に詰まった発音になっています。
その上、「V」の発音も「B」ではなく「V」のようです。
イタリア移民が多い関係でしょうか?

従って「ビエニスィマ」ではなく「ヴィエニッスィマ」と表記しました。
また、検索用に「ヴィエニッシマ」とも書いておきました。

【追記2】
タンパク質の源(VIENISSIMA Fuente de Proteínas)
隕石(Vieníssima meteorito)
ファンツアー(Fun Tour Vieníssima)
の画像を追加(2017/3/21)

《転載終了》
posted by Satos72 | ├ アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集